プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

繋がる不思議

お元気ですか?

昨年、従弟にLINEの登録を勧められた。ITに詳しい従弟の事だからとその場で登録をしたが、その際私の電話番号を登録していて尚且つLINEを使っている人が何人も表示されたのには少なからず驚いた。仕事上で知り合った人はまだしも個人的な僅かな接点しかなかった人も表れてはたしてどう処理していいのか少し戸惑う気持ちがあった。
登録をして一年以上たつが、私の使い方はせいぜいメールをやり取りするくらいのもので、スタンプも使うことはない。これでは何処にLINEにしたメリットがあるのかさっぱりわからない。

もともと携帯電話のメールは操作がしずらいと使う事がすくなかった。私にはパソコンの方がキーボードは使いやすかった。幸い私はパソコンに向かって仕事をしている時間が長いから不自由はない。それはiPhoneになった今も大して変わりはない。

LINEに関しては今も使い方がよくわからないままだ。先日もブックマークのグループのつもりで弓の仲間をまとめてみたらグループ化した人がそれぞれに分かってしまうのだそうだ。パートナーさんに話したらパートナーさんの職場では部の人たちが一斉メールを使うことが多いのでグループ化しているという。なるほどそうゆう使い方には便利なのだろう。ではブックマークのような使い方はどうすればいいのだろうか。

さて、最近インスタ映えという言葉をよく聞く。2017年の新語・流行語大賞に選ばれたせいかNHKの番組の中でも使われている。私がInstagramについて知っているのは(もしくは知ったつもりになっているのは)ポラロイド写真をイメージした簡単な写真とメッセージの投稿という世界だ。デジタルカメラとインターネットが融合してネットの世界は誰でもが発信者になった。メールやホームページ、ブログといったツールはテーマや文章力など読ませる技術が必要なのだが、Instagramではそれが簡略化されているのでスマートフォンがあれば誰でもが気軽に発信できる。誰もが写真家であり演出家であり主役になったのだ。私は基本的にこのような世界に寛容である。数日前からInstagramも使い始めた。

LINEにしてもInstagramにしても私の携帯番号だけで色々な人と繋がりを確認できる。以前交流のあった人が思いがけず私のLINEに登場してくる場合がある。連絡を取りたい人もいればそうでない人もいる。私の動向を知られたくない人もいるのでそうゆう場合はすかさずブロックしなければならない。でもそうゆうリスクを承知でLINEやInstagramを利用する人の心の中には何があるのだろう。

Instagramはメッセージの応答はあるものの基本は一方向の発信のように思う。フォロー中の人が投稿してくればそれが私に宛てたものではなくても目にすることになる。送り手にとって投稿が特定の相手を想定してなのか不特定なのか境界が曖昧だ。その曖昧さは受け手においても似ているが違う形で存在し、受け手としての自分が漠然としている。この漠然とした関係性の中でどのようなコミュニケーションがとれるのか興味を持つし、その時の自分の姿(送り手と受け手)に対する心理的位置に興味を持つ。

そうは言ってもすでに海外の人とお互いの写真を見てメッセージをやり取りしたり、同じ趣味の方とフォローし合ったりという関係が急速に展開する。どちらも全く知らない人だ。

この不安定な繋がりが生まれたのはネットという技術によるものだが、繋がりをどう動かしてゆくのかは私が不安定とどう向き合うのかに係っている。



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

『トランク ミュージック』 マイクル・コナリー

お元気ですか?

久しぶりにマイクル・コナリーに戻ってきました。しばらく弓道関係の本の読み直しに集中していたので戻れて少しほっとしている自分を発見。

『トランク ミュージック』はこんなお話です。
ハリウッド署殺人課に復帰したハリー・ボッシュ。トニー・アリーソという映画プロデューサーがロールスロイスのトランクで殺害されているという事件の捜査をします。部下ジェリー・エドガーと新しい部下キズミン・ライダー、上司のグレイス・ビレッツも新しくなりました。
捜査を進めてゆくとラスベガスのギャングと被害者につながりがあることが分かり、どうやら映画プロデューサーという仕事を通じてギャングの資金洗浄をしていたらしい事が分かってきます。この辺の裏事情はマイクル・コナリーらしい面白さです。
そして物語を二転三転させるのもマイクル・コナリーの手法。幾つかの証拠も見つかり逮捕した男が潜入捜査官と分かり逆に証拠ねつ造を連邦検事から疑われ内務監査を受けるボッシュ。しかしここらあたりからボッシュの本領発揮で独自の捜査を始めます。とはいっても今回は部下や検視官との協力、方向が見えてきたところで上司ビレッツにも説明をするなどボッシュは一人で暴走するというわけではありません。すこし丸くなった感があります。

さて、今回の作品で最も重要なのは第一作『ナイトホークス』に登場した元FBI捜査官エレノア・ウィッシュの登場です。犯罪に手を染めてしまったエレノアは刑に服し裏切られた形のボッシュは心に深い痛みを抱えることになっていました。そのエレノアをラスベガスでしかも捜査対象者に関係しているらしい状況で発見するのです。ボッシュはエレノアに接触しなければなりません。読者としてはエレノアの再登場を喜びながらもまたしてもボッシュが苦しむのではないかと感じだします。服役した元FBI捜査官が生きてゆくのは簡単な事ではないはずで、そんな彼女がカジノにいるのですから胡散臭い想像をするのは当然です。ボッシュがエレノアと愛を交わすようになってからも何処に落とし穴があるのかとハラハラしながら二人の関係を読まなければなりません。
しかもそんなエレノアの存在もボッシュを疑う連邦検事から攻撃の材料にされるのです。

全体を読み終えてみると幾つかの消去法を経て犯人は落ち着くところにいます。正直なところ最初から読者は分かっていながら読むといった方が近いかもしません。しかしマイクル・コナリーの迷路を進めて壁にあたってやり直すような物語の展開に付き合っているうちに、ついつい真犯人の事など作品の大事ではなくなっているのです。今回の『トランク ミュージック』では新しい上司はボッシュの能力を評価し信頼を寄せているようですし、部下も同様です。宿敵のような副本部長アーヴィングでさえボッシュに理解を示しているように思えます。そしてエレノアの登場。読者はエレノアを『ナイトホークス』の時から悲しい存在として優しい目で見ています。それだからこそボッシュとの成り行きに心配をするのです。
さて、エレノアとの結末はここでは書かないようにしましょう。実は私には今回ささやかな発見がありました。それは私がボッシュのシリーズとしては最新(翻訳ものとして)の『転落の街』から読んでいる事に起因します。『転落の街』にはボッシュに素敵な娘がいる事が分かっています。私がボッシュのシリーズに心惹かれたのはこの娘の成長をボッシュと一緒にみたいと思ったからに他なりません。作品を読み重ねてゆくことは迷路を進むゲームのようなものです。マイクル・コナリーが一つ一つの作品に迷路を仕掛けているならシリーズの構成にも迷路は潜んでいます。しかし私はボッシュに愛して信頼している娘がいることを知っているのです。出口のない迷路を進むのではなく、出口があることを知りながら迷路を楽しむことが出来るのです。

次は御指南いただいている『探偵小説三昧』のsugata様のアドバイスに従い『わが心臓の痛み』です。ではまた。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

今年の京都 GW編 ルナール・ブルー

お元気ですか?

今回の京都では美味しいものを食べ歩くということをしていません。ランチにしても何処も人混みですし予約してでも行きたい店は時間の都合で難しいのです。いつもなら錦市場で気に入った食材を買い集めて部屋食も楽しむのですが、最近の錦市場は観光客ですし詰状態ですから大好きな鱧を買うことが出来ません。それにしてもどうして最近の観光客は歩きながら物を食べるのでしょう。

それでもせっかくだから何処か美味しいもの食べにいきたいね。というのが心情。京都ですから割烹も良いのですが、フレンチでも良い店がいっぱいあります。そこでホテルの近くで探してみると、良さそうなお店ルナール・ブルーが見つかりました。
予約をし鴨川をどりを楽しんだ帰りそぞろ歩きをしながらレストランに向かいます。

お店はビルの一階。細長い造りになっているのは京都だからという訳では無いようです。入口近くに簡単なバーカウンターがありテーブル席が並びます。人気のあるお店のようですからお客様を沢山入れたいのは分かります。でも少しテーブルが多いですね。
奥まった席に案内されます。隣はご近所の方でしょうか年配のご夫婦。一つ置いて隣には年配の女性とお嬢様のお二人、通路反対側には男性の一人客。そんな感じでお客様が座っています。

renard18.jpg

席に着くと若い女性スタッフがコースのメニューと黒板を持ってきました。アラカルトでもよいですしコースも黒板から選んでゆきます。最近こうゆう黒板の使い方をレストランで見かけますが、私は嫌いです。黒板の位置によっては体を動かさなければなりませんし、前菜からメインまで組み合わせて考えてゆくのはしばしば時間がかかります。それも楽しみの一つなのですから不自然な姿勢で黒板を見ているのは正直なところお客様に不便を強いているように思うのです。毎日メニューが変わるのはシェフの気合の入れようが感じられて好ましいのですが、手書きのコピーでもよいので紙で料理を見たいです。

まぁそんなお小言は始めだけにしましょう。なぜならこの黒板に書かれた前菜を見ただけでシェフの気合が伝わり嬉しくなってきたからです。私はメインを減らしてもアラカルトを色々食べたくなったくらいでした。

renard3.jpg  renard2.jpg

魅力的な前菜から選んだのは私が瀬戸内の穴子と炙り筍のサラダ。パートナーさんはフランス産アスパラガス。穴子と筍のサラダは季節感と京都らしさを出したお皿ですしアスパラガスも旬のもので私はアスパラガスには目がないのです。温度卵のソースですが、卵ベースのソースでいただくホワイトアスパラガスはこの季節の宝物です。両方とも期待に沿った美味しさです。

renard6.jpg  renard7.jpg

スープは私がグリーンピースのポタージュ、パートナーさんは香味野菜のスープ。どちらも美味しく舌ざわりの滑らかさも良かったです。

renard4.jpg  renard5.jpg

続く魚介のお料理は私がブイヤベース。パートナーさんはオマール海老のロースト。ブイヤベースも私の好物でソースのルイユもちゃんと付いてきました。しかもこちらのブイヤベースはしっかりとコクのある作りで私好みです。オマール海老は少し火が入りすぎていた感じがありましたが、パスタも美味しくいただきます。

この日私たちが選んだワインはピュイー・フュメ。ルナール・ブルーさんではワインの種類が沢山あるとは言えませんが食事に合うワインが手ごろなお値段であります。昔のように食前酒を飲んで赤白頼んで・・・と飲んで食べてと活躍していたころならばもっと頼みたくなるのですが、ちょっと抑えて一本でお願いしました。でも料理にあった良いチョイスだったと思います。
ちなみにワインの品数とお値段はレストランの経営には難しいところです。お客様の傾向なども考えワインも回転を良くしなければいけないからです。その視点から考えてみるとルナール・ブルーさんのリストは上手なリストだと思います。

renard9.jpg  renard8.jpg

さていよいよお肉のメインディッシュです。私が選んだのはウズラのロースト青胡椒ソース。ウズラは我が家の好物の一つで自宅でもよくローストして食べています。プロが作るウズラ料理はどうなのか参考にさせていただこうと期待します。パートナーさんはホロホロ鳥のファルシ。吉祥寺のドス・ガトスでもホロホロ鳥のパエリアを頂いたことがあり、馴染みの鳥ですが少し淡白なところをファルシにすることでどう料理するのか。そんなそれぞれに期待を持ちながら頂きます。ウズラは小さい鳥なので火の入れ方が難しく直ぐ固くなりますが、さすが柔らかく仕上げています。青胡椒のソースも優しい刺激で丁度よい。小さなフィンガーボールがついてきたので小さな骨はむしり取って手で食べる事が出来ます。こうゆう気遣いが料理を楽しめるかどうかに大きな違いを生みます。
ホロホロ鳥のファルシはとってもボリュームがあります。私たちが楽しそうに食べているのを見てシェフが気を利かしてくださったのかもしれません。ファルシのおかげでホロホロ鳥をジューシーにしてソースと相まって豊な味にしています。

renard17.jpg renard10.jpg  renard12.jpg

デザートにチョコレートケーキ、抹茶チョコのケーキを頂いてお仕舞い。
コーヒーには小さなカヌレも付いてきて食後の名残り惜しさを演出しています。

お店を出る時、シェフと少しお話をさせていただきましたが、もう10年になるのだそうです。パリのビストロを思わせる気取らずにでも確りした料理を楽しめるお店ルナール・ブルー。美味しものを楽しみたいという人にはとても素敵なお店です。友達を誘って食事に出かけるのにも良いでしょう。また来年も行きたいと思うお店ですし、違う季節の違う食材を楽しみたいと思う良いお店でした。


renard15.jpg

ごちそう様。




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

今年の京都 GW編 鴨川をどり

お元気ですか?

GWを利用して京都に来ていますが、三日目の今日は弓道の用事のためお遊びは少し。そこで鴨川踊りを見る事にしました。

kamogawa18556.jpg

歌舞練場というのは祇園甲部の芸子舞妓さんたちが京都博覧会に初演された際に都踊りを練習するためにつくられた練習場ですが、常設劇場として残り、現在では祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒がそれぞれと祇園東の祇園会館があります。
今回私たちが見たのは先斗町にある歌舞練場で行われる鴨川をどりです。当日券なら朝10時からチケットを販売し2300円というお安い値段で楽しむことが出来ます。
そこで、弓道場に出かける途中パートナーさんを降ろして買ってきてもらいました。私は車の中で待っていたので様子は伝え聞くばかりですが、すでに列を作って待っているお客さんがいたり、練習場の前に緋毛氈のかかった床几が用意されていたりと賑やかな状況だそうです。二階のお安い席で座席は選ぶことは出来ませんが短い時間ですし十分です。

kamo18552   kamo18551.jpg

私たちは一日三回ある最後、4時10分からの公演ですが3時半ぐらいに着くとすでに入場をさせています。前の会はまだやっていますが三階の休憩場に通されしばし歓談。扇子や手ぬぐい、プログラムなどおみやげ物を見ているお客さんもいますし、歌舞練場からの鴨川の眺めを楽しむこともできます。

akamo18553.jpg  bkamo18554.jpg

時間がくると案内が始まり席につきます。一階の少しお高い席は旅行会社などを通じて予約したお客さんもいるようです。桟敷席もあります。千鳥の緞帳に提灯。先斗町の歌舞練場は近くの料理やさんに時々来ていたのですが中を拝見するのは初めて。昭和2年に建てられたそうですが、当時としてはモダンな洋風建築です。

公演は写真を撮れないのでご紹介は出来ませんが、今年はシェークスピアの『真夏の夜の夢』を題材にしたお芝居と踊り七景。お芝居では笑いもありお客さんは華やかな中にもリラックスした雰囲気です。踊り七景はやはり息を凝らしながら見入ってしまいます。西洋のバレエでもダンサーの動きや肉体のコントロールに感嘆しますが、日本の舞も姿形の美しさだけではなくそれを生み出す芯を感じます。

ckamo18555.jpg  ekamo18557.jpg

約1時間半の舞台を拝見しとても気持ちよくなって歌舞練場を出てきました。木屋町通の方に出ると、今は細くなった高瀬川が流れています。京都の街はまだまだ人通りも多いので裏通りを歩きながら古いお店や古いお店をリノベーションした新しいお店、そんなお店を眺めながら今夜のレストランに向かいましょう。




テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

今年の奈良 GW編

お元気ですか?

京都の旅、二日目はパートナーさんの提案で奈良に出かけます。これまでも明日香村で石舞台古墳や高松塚古墳の壁画を見たりキトラ古墳の公開があると知るとそのために出かけたりとパートナーさんは奈良が好きです。今回パートナーさんが考えた観光は春日大社と東大寺、興福寺を訪ねるというコース。修学旅行で来たことのある場所ですがはたして記憶している風景と一致するでしょうか。

京都のホテルを早めに出たのですが、古いカーナビと新しい道に少し迷いながら到着。予定していた県庁の駐車場はすでに満車なので春日大社の駐車場に停めて歩き始めます。

a18541.jpg  b18542.jpg

朱色の柱と灯篭が有名な春日大社は768年に創建されているのですが、鹿島神宮から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を御蓋山(ミカサヤマ)に招いた際に白い鹿に乗ってきたという言い伝えがあり、平安貴族も神の使いとして大切にした奈良公園の鹿は今も観光客の人気ものです。
夫婦大國社や金龍神社を回り若草山の麓を通りながら東大寺へ向かいます。

c18543.jpg  d18544.jpg

道案内に従って歩いてゆくと二月堂が見えてきます。パートナーさんは記憶を探しているようですが修学旅行では二月堂の方までは来ていないようです。それでもお坊さんが抱えて走る松明を見つけて喜んでいます。

g18547.jpg  e18545.jpg

f18546.jpg


h18548.jpg  k185411 (2)

除夜の鐘で知られる大きな鐘をくぐって通り抜けますが、写真では比べるものを写さないと大きさが分からないですね。東大寺の横を回り込むようにして裏手に行くと正倉院なのですが、今は塀に囲まれて畦鞍作を見ることは出来ません。

k185411 (1)  m185413.jpg

東大寺の大仏殿もものすごい行列で大仏様にはお目にかからず通り過ぎました。南大門を出て奈良国立博物館を見学。ここの食堂でランチをしながら一休みします。

そしてパートナーさんのお目当て、興福寺へ。パートナーさんは阿修羅像が見たいのです。修学旅行の時には他の生徒たちと流れるようにして見たので近くでじっくり見たかったというパートナーさん。願いがかなって満足そうです。

最後は奈良駅の方へ足を延ばし、今夜の夕ご飯用に柿の葉すしを購入。奈良では橿原に来た時も法隆寺に来た時も柿の葉すしを買っていただいています。今回はたなかというお店の穴子すしと定番のサーモンや鯖、鯛の柿の葉すしを購入させていただきました。お酢とご飯の合わせ具合がとても良くて美味しい柿の葉すしでした。

ではまた。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google