FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

CATS

お元気ですか?

日曜日、映画CATSを観てきました。T.S.エリオットの詩をベースにアンドリュー・ロイド・ウェバーが曲を書いたミュージカルの映画化です。1981年にロンドンで初演されて以来ブロードウェイでもロングランを続け、日本でも劇団四季が今も上演を続けています。
今、ネットで見たのですが劇団四季のCATSって良いお値段なんですね。一番高いのが12100円、安いのは3300円ですけどどんな席なんでしょう。劇団四季が日本の演劇に果たした役割は認めますし、ミュージカルをこれほどに日常的に上演してくださるのですから私は嬉しいのですが、それにしてもお値段が高過ぎます。歌舞伎はもっとお安いですよね。

劇団四季の舞台は見たことがありませんが、1988年にロンドンでCATSを見たことがあります。
ロンドンをお散歩していたお昼過ぎ、チケット売り場が目にとまったので何が上演されているんだろうと覗いて見るとCATSがかかっていたのでチケットを買い、夕方いそいそと劇場に出かけたのです。その劇場はとても小さな劇場でギリシャ劇の舞台のようにすり鉢状に座席が半円形をし舞台を巻いていました。真ん中には機関車が置かれています。私は前列から三列目ぐらいのところに席をとったのですが、役者さんたちがすぐそばを駆け回りそれこそ猫の尻尾が触れんばかりです。
もともとお芝居が好きで小劇場のお芝居をよく見ていましたから、ロンドンの小劇場だと私は大喜びしたものでした。あの時のチケット代がいくらだったかは覚えていませんが、10000円もしたはずはありません。せいぜい4000円ぐらいだったのではないでしょうか。
歌舞伎を見に行く時は銀座に出かけてとか国立劇場に出かけてと言う感じですから少しは気構えがあります。男性も女性も服装にも気を使いますしそれも楽しみの一つです。ミュージカルもそうかもしれません。楽しみにしていたミュージカルを家族や恋人と見に行く高揚感。気合も入りますね。
一方、お散歩の途中、おっ今日は何がかかってるんだ?ちょっと寄っていこうかといった具合、寄せに入って好きな噺家さんや芸人さんの漫才を見て、おっもうこんな時間かいけねぇなんて熊さん八っさんになって家路につく。そんなお芝居の楽しみも私は良いんじゃないかと思うのです。

少し噺が脱線しましたね。実は今回CATSの映画を見て、この芝居は小劇場向きの作品だなと感じました。映画ならではのワイヤーアクションやCGを使っていますが、どれほど意味があるのか。人間の建物、窓やドアは猫に比べて大きく描かれています。しかし登場人物である猫は擬人化されていますから見ている方はどこか違和感を感じ続けていなければなりません。画面の背景をどう描くのかが難しいのです。これが舞台の小劇場ならば描かなくてもいいところは描かなくて済むのです。

今回、観客は私たちと同年代、小学生を連れた親の世代、その子供たちの世代と三段階があったようです。皆さんどんな感想を持ったのでしょう。舞台を見たことのある人、劇団四季のCATSを見たことのある人、とアンケートをとったら面白いかななんて想像してみます。映画をきっかけにして舞台を見たいと思ってくださる人も出ることでしょう。それもまた良いことです。

余談ですが、主人公の白猫ヴィクトリアを演じたフランチェスカ・ヘイワードが広瀬すずに見えてしかたありませんでした。

スポンサーサイト



テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

春の魚

お元気ですか?

春の魚と書いて鰆(さわら)と言います。今日はそのお話。・・・で、その前に。

先日、スーパーに出かけ買い物をしてきました。私は買い物が嫌いではありませんが少し苦手です。若い頃、仕事帰りに今日は何を食べようかとスーパーに寄り、棚を廻り歩いては買うことが出来ず手ぶらで店を出て、どうしようと途方にくれたことがあります。自分の食べたいもののイメージとスーパーに並んでいる物が合致しないため買うことが出来ないのです。そのくせお腹は空いていますから困ってしまうのです。出来合いのお弁当やラーメンなんていうのは私の発想にはなく、見るだけで悲しくなって逃げ出したくなるのでした。

この時期になると鰆が並びます。といっても決して春だけの魚ではなくほぼ通年の魚ですし日本海や瀬戸内海など広く分布していますから日本人にはおなじみの魚でしょう。出世魚でもあって庶民の魚と言っても良いですね。
でも私、実は鰆が少し苦手です。食べない訳ではありません。塩焼きでも、西京漬けの焼き物でも、フランス料理でもバターソテーなんかで登場します。上手に焼けば身はふっくらしますし美味しいと思います。でも少し苦手です。
何故なのか、あのキラキラした皮がだめなのかと思ったら、太刀魚は好きでしょうとパートナーさんに言われてしまいました。春の魚なんて可愛い字をもらいながら鋭い牙で小魚を食べる肉食なのがいやなのかとも思うのですが、じゃカマスはどうなの?と自問してしまいます。

フランス料理にもよく登場する鰆です。「今日のお魚は鰆です」と言われるとえー鰆なの?ってちょっと引いてしまいます。でも、では肉は?ってなってポークとかチキンとかになるとそれもなぁと言う時(決してポークやチキンをいけないと言っているのではありません)、ではその鰆をどう料理してくれるのかと僅かながら期待をもって頼んでみるのです。
出てくる鰆はどれも及第点です。(どれもと言うのはこれまで何回も鰆を頼んでいるということです)。バターソテーだったり、香草焼きだったり、クリームソースだったり、お店で出される鰆料理はどれも及第点です。
でも、私を感動させてくれた鰆料理は記憶にありません。残念です。

どなたかこんな鰆料理は凄いよって教えていただけませんか?

スーパーに出かけで買い物をしました。週末の夕方だったので、少しづつですが、2割3割引きや半額のシールが貼られています。お魚が食べたかったので鰯を買うと、糸より、イナダ(ブリの小さいのです)、鰆に半額のシールが貼られているではありませんか。その日は鰯を焼いて食べたかったのこれも半額で籠にいれますが、さて、あまり沢山も買えないのですが、糸よりは好きですので手に取ります。そして鰆を横目に見ながらイナダを選んでしまうのでした。私の頭の中では糸よりはバターソテー、イナダは照り焼きとイメージが出来ています。(イメージの出来ないものは買えませんよね)
でも鰆、ごめんね。

こうして、私は鰆に少し後ろめたい気持ちを持ちながら魚売り場を離れて行くのです。

どなたか私に衝撃的な鰆の料理を教えていただけないでしょうか。
春の魚ですから梅煮なんかはどうかな、とか桜の花弁を散らしたら美味しく見えるかななんてふと思いながらこの記事を終えることにしましょう。
でも、そう書きながらも私の頭の中には小魚を獰猛に追う鰆の血走った顔が浮かんでしまうのです。

鰆、ごめんね。

交通事故

お元気ですか?

成人式の日曜日、京都に出かけるため早朝6時半車で出かけた。まだ薄明かりの町は車も少なく町は目覚めていない。ライトを照らし街道を駅に向かう。登りの坂道にさしかかると中央分離帯に車が乗り上げているのが見えた。反対側の車線だが向きは逆向き、逆走でもしたのだろうか。車の中に人の姿は見えないので処理中なのだろうかと思いながら信号で止まると、後ろから男性が歩いて近づいてきた。私の車は三車線の中央。サイドミラーに映る男性は車道を歩いて来るが足もとがあぶなそうだ。私はハザードを点滅させ車から降りると男性に近づいた。男性の目は少し朦朧としているようだが大きな怪我はないようだ。見ると口の周りに血がついているのできっと中央分離帯に乗り上げた際にハンドルに顔を打ったのだろう。
男性は「乗り上げちゃって」と言いながら近づいて来た。私は「危ないから座って」と分離帯の方を指しながら男性を静止し車の方へ誘導した。

交差点なので少しづつ車が溜まってくる。私の車に続いて止まってた車は立ち去って行った。どうやら男性はまだ警察に連絡していないようだ。私が電話しようと思った矢先、パトカーが近づいて来るのが見えたので手を振り上げて合図をした。パトカーは停まり、助手席から警察官が降りて事故車両に近づく。運転席にいた警察官に、「通りかかったら声をかけられたので、お願いします。」と伝えると頷いて「もういいよ」という顔をするので私は車に戻り離れた。

どうすればああゆう乗り上げ方をするのだろう、と状況を考えるが想像もつかない。坂の上、十字路の交差点。少し下がったところに斜めに道があるがそこから進入するのは道と逆になる。そうすると交差点から入り中央分離帯にぶつかり乗り上げながら車体が逆方向をむいてしまったのだろうか。でも小型の車でスピードを出しそうにもない60代後半ぐらいの男性だ。
事故調査の専門家なら判るのだろう。男性は意識もあるから自損事故で処理されるのだろう。標識を壊したような事も無かったから補償もないだろう。

そんな取り止めもない事を考える。警察車両が何台も続いていたから私が止めたのは中央警察暑からどこかへ向かう車だったのだろう。幸いだった。

ではまた。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

出会う力  『五次元世界のぼうけん』

明けましておめでとうございます。

昨年は引っ越しや母との同居と我が家にとって小さな節目となる年でした。今年は母との生活でどんな変化が起こるのか楽しみにしようと思っています。
本を読む時間もテレビで映画を見る時間も減ってしまったのですが、それでも気になることはあります。トランプ大統領になって以来テレビドラマではマイノリティーに対する差別や移民問題の矛盾不合理を台本に織り込んだドラマが増えました。映画やドラマは時代を写しているのです。SF映画は良く見ますが、超能力者を扱ったドラマも見ます。これは好きというよりどうゆう物語を描くのかに興味があるからなのですが、大抵のドラマが超能力者とそれを脅威とみなして敵対する人間、そしてその人間に利用される超能力者というパターンを脱しきれていません。いつか超能力者を描く新境地を見せていただきたいものです。

昨年の暮れから「パッセージ」というドラマを見ています。原作がジャスティン・クローニン、監督はリドリー・スコット。物語は疫病の蔓延で人類滅亡の危機が迫る中新たに発見されたウイルスから新薬を開発しようとするプロジェクトが進んでいた。しかしその開発で人体実験にされた人は人間の血を求める吸血鬼へと変化しテレパシーで意思を伝え合うようになってゆく。実験のために誘拐された少女エイミーは組織に雇われて誘拐する側にいた連邦捜査官ブラッドと一緒に逃走するが、そんな中エイミーにも新たな力が生まれてゆく・・・。

まぁこんなお話で、パンデミックと超能力が絡まったお話と言えます。今のところドラマのテンポもよく面白く見ているのですが、私が今回注目したのはエイミーが読んでいる本でした。
『五次元世界のぼうけん』マデレイン・レングル著です。エイミーが読んでいると捜査官のブラッドが良い本で自分も読んだと言うのです。少女と気持ちを通わせるためのちょっとした会話かも知れませんが、私は妙に気になりました。そこでAmazonで調べてみましたが現在の日本では出版されていません。図書館で検索するとあったので注文することにしました。
『五次元世界のぼうけん』は 原書をA wrinkle in time (時間のしわ)といい1962年に出版され翌年ニューベリー賞を受賞しています。日本ではあかね書房から国際児童文学賞全集の一巻として出版されていて今回図書館から届いた本も1967年刊ですが、その本でした。その後日本では出版がされていないところを見るとあまり評判にはならなかったようですが、今回私が読んでみてとても興味を持って読んでいます。

物語は主人公の少女マーガレット・ミューリが知能の優れた弟チャールズと人の心が読める男の子カルビンと一緒に行方不明になった物理学者のお父さんを探して宇宙を旅するというお話です。宇宙を旅するというとロケットか円盤にでも乗ってと思いますが、これが奇想天外、森に住むワトシット夫人ら三夫人に導かれて瞬間的に移動するのです。そしてお父さんが囚われていた世界とは・・・。

読んでいてその想像力の大きさに驚かされます。SF小説には科学的裏付けを大事にするものがありますが、必ずしも重要ではありません。いきなり星を見下ろす宇宙空間にいたとしても私たちが読んでその世界を頭に描き浮かべることが出来ればいいのです。
本を読んでいる最中、パートナーさんがwowowで映画が放送される事を教えてくれました。タイトルは英語の原題そのままの A wrinkle in time です。映画の製作者がテレビドラマのパッセージを意識していたかどうかは知りません。しかし、私がテレビドラマを見、その中の些細なセリフから本を知り読み、wowowで映画の存在を知り・・・。というのは偶然ですが巡り合わせです。そして私はこうゆう巡り合わせに導かれている自分を良く知っています。

3年ほど前になるかも知れません、私はあるブログから一冊の本を知りました。『アミ 小さな宇宙人』という本とそのシリーズでした。この本も少年がアミという宇宙人に導かれて旅をし地球がまだ未完成で野蛮な星であることを教えられるお話です。とてもスピリチャルなところのあるお話ですから好き嫌いは別れるかも知れませんが、読んでいくうちに心が洗われる本であると私は思いました。今回『五次元世界のぼうけん』を読んでいるうちにこの『アミ 小さな宇宙人』をもう一度読みたくなったのでAmazonでみたら驚く様な値段になっているではありませんか。少し悲しくなりました。子供が読んで良い本は出版社に努力していただく必要があります。出版するということの意義・使命がそこにあるからです。そして読者はそれを支え応援する義務があると私は信じています。
良い本は誕生し、見つけたら、出版社と読者が一緒になって存在させ続けていきたい。そう私は思っているのです。

そしてそうゆう本やドラマに出会う力を持った人がいます。出版社の企画にいる人や読者の人でこの本は、このドラマはと気がつく人、出会う力を持った人は自分の眼力を信じて世間に知らせて下さることが大切です。そしてその声にたまたま気がついて本や物語に巡り合った人は感謝と喜びとをもって隣にいる人に教えて差し上げてください。『ねぇ、面白い本を読んだんだよ』って。

今年私はどんな本やドラマ・映画に出会うでしょう。決して多くはないかも知れません。でも出会った一冊一冊、ドラマの一話に心から感動し、私がそれに出会った意味を理解し、喜びを近くの人にお話できるくらいになりたいと思います。
それが私の出会う力。私の超能力でもあるのですから。

皆様、今年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。





テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

「アパートの鍵貸します」

お元気ですか?

とうとう今年も残すところ僅かになりました。でも今年は何をしただろうかと振り返る暇もないほど忙しい日を過ごしています。

今日、久しぶりに懐かしい映画を見ました。「アパートの鍵貸します」です。ビリー・ワイルダー監督、ジャック・レモン、シャリー・マクレーンによる喜劇です。お話の内容はWikipediaでも見ていただくとして、私はこの映画ですっかりシャーリー・マクレーンのファンになりました。小学生の頃のお話です。

同じ時期、私は私の映画の方向を決める四つの映画に出会っています。「ローマの休日」、「シェルブールの雨傘」、「7年目の浮気」、「アパートの鍵貸します」です。「7年目の浮気」もビリー・ワイルダー監督によるコメディですね。そして四つの作品はどれも素敵な女優さんが主演した代表作。オードリー・ヘップバーン、カトリーヌ・ドヌーブ、マリリン・モンロー、シャーリー・マクレーン。小学生のませた男の子には天国のような女優さんたちです。でもそれぞれの女優さんの映画を私は見続けて来ましたし、これまで2000タイトルを越す映画を見てきているはずでもちろん素晴らしい俳優さん、もちろん男の俳優さんも、お気に入りの方はいるのですが、心に刻み込まれたのはこの四作品と言って間違いないのです。
「ローマの休日」ではサンタンジェロが気になって大人になったらサンタンジェロの船着場に行って見たいと刻み、その後歌劇「トスカ」の舞台もサンタンジェロ城と知るとサンタンジェロは憧れの場所から行くべき所になりました。
「シェルブールの雨傘」ではミュージカルファンになりましたし、フランス語好きになって行く強いきっかけも貰いました。大人になってシェルブールを歩いた時に教会の入り口にある貝を見て映画そのままの姿に感動したものです。
「7年目の浮気」はやはりコメディーの面白さ、皮肉などに興味を持ちましたがラフマニノフを弾くほどにはなりませんでした。でも私は映画の中のマリリン・モンローにセクシー女優とは違う彼女の演技に対する努力や必死なほどに自分を変えて行きたいという本質を見ていて、私のモンローファンとしての視点はここにあります。

そして、「アパートの鍵貸します」。コメディー映画ではありますが、悲しい映画です。小学生の頃はシャーリー・マクレーンの可愛い笑顔が好きでしたしミュージカル女優として舞台に立つ彼女の身のこなしに魅了されていて、それは老いた今も映画に出ている彼女にも同じく感心するのですが、「アパートの鍵貸します」のお話は悲しい大人の恋です。小学生だから見れた映画だったのかもしれません。正直なところ一時期私はこの映画が辛くて見られませんでした。
でも、私がパスタ好きになったのはこの映画のおかげかもしれません。私が子供の頃は今ほど家庭にパスタはありませんでしたから自分で生活するようになってパスタが私の得意料理になっていくのはこの映画の影響なのです。そしてトランプ好きも同じです。シャーリーがトランプを切るシーンにほろっとしたのでしょう。エレベーターが好きなのも。なんかすごく単純な私です。
そして極め付けはラストの年越しのシーン。悲しく必死な恋の姿が年越しのパーティーシーンに重なって痛々しいほどです。

映画には忘れられないシーンというのがあります。
「シェルブールの雨傘」ではラストのクリスマスの雪のシーン。思い出すだけで涙が出て今も込み上げて来てしまいました。「アパートの鍵貸します」ではやはりラストの年越しのシーンです。会社の中の喧騒と二人の対比が悲しさをいやましにします。
ですから年末のこの時期、私にとってはこの二つの映画は必ず思い出される映画ですし、テレビでも必ずのように放送するのだと思うのです。
それにしても、「アパートの鍵貸します」は悲しく苦しい映画です。大人になるって苦しいことを知ることなのでしょうか。

ではまた。


杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google