プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『堕天使は地獄へ飛ぶ』 マイクル・コナリー

お元気ですか?

西日本一帯に被害を及ぼした豪雨。被災した方々にお見舞い申し上げます。私には親戚や友人はいないのですが、それでも知り合いには岡山や広島の出身の方、九州や四国に住む方などがいますから少なからず気になる事。早く平穏な日常が戻ることを願います。

久しぶりに本屋さんに寄ったら平台に「新潮100選」や他の出版社の同じ企画が対比されるように並んでいました。パートナーさんは学生時代に「新潮100選」を読んだことを今も懐かしく話しますが、夏休みなど学生でまとまった時間がある方など集中的に読書に取り組んでみるのには都合の良い企画かもしれません。読書になじみがない方、どんな本を読んで良いかわからず切っ掛けがつかめない方、そんな方にも良いかもしれません。私のように読書の傾向が固まってしまっている方にも思わぬ出会いがあったりするでしょう。平台を眺めながら昔からの定番の本を見て懐かしく思う反面、全く知らない作家の作品があったりして複雑な気持ちになります。私自身これから先の読書ではまだまだ読み足りない古典的作品をきちんと押さえていきたいと思っているのですが、「100選」に知らない本が増えてゆくのは読書好きの一人として少しおいてけぼりを喰らわされている感じです。
そうは思いますが、本との出会いは縁ですし、その縁がどう広がってゆくのかも面白いところなのでたとえ「100選」に自分と出合わない本があったとしても仕方の無い事です。一冊でも良いので一生傍に置いておきたい本と出合う事の方が大事ですし気持ちの良いものです。

先日、友人と話していたら中学生になるお子さんが自分に読解力が足りないことに気づいてどんな本を読んだら良いかと尋ねてきたと言っていました。私自身子供の頃に親に本の相談をしたこともありませんし大人になって誰かに本を勧めたこともありませんので少し羨ましく、素敵な親子関係だなと温かい気持ちになりました。その方は自分が愛読した梨木香歩の『西の魔女が死んだ』をお嬢さんが読んでいるのを嬉しそうに話してくれましたが、親子で本を読みつないでゆけるなんて全く素敵なことだと思います。
この夏、世界中でそうゆう経験をする親子が生まれることを心から願います。

マイクル・コナリーの『堕天使は地獄へ飛ぶ』を読みました。コナリー9冊目、ボッシュシリーズ7冊目です。
こんなお話。
ロサンジェルスのダウンタウンにあるケーブルカー「エンジェルズ・フライト」の頂上駅で死体が発見され、アーヴィング副本部長からボッシュは呼び出されて現場に向かう。そこには黒人で人権派弁護士として知られるエライアスと黒人女性の二人が銃による惨殺された姿があり、緊張した空気が流れている。ロサンゼルス警察にとってエライアスは宿敵ともいえる弁護士で近く市警察を相手にする訴訟が開始されることになっていたからだ。警官による犯行も視野にいれながらの捜査を担当することになるボッシュ。
警察の不正、人種問題など神経質な状況を控えながらボッシュは思いがけない事実を発見してゆく。

またしてもコナリーによって新しい物語を楽しむことができました。警察官自身が捜査対象になる場合どうゆう捜査が行われるのかというのはあまり知る機会が無いように思います。特別監察官カーラ・エントリキンの確認の下捜査をしなければいけないというのはボッシュにとってやりにくい捜査です。しかしボッシュは自分の自由度を奪う特別監察官に職制として理解を示すことで対処します。警察が市民の目を気にするなかボッシュは事実を積み重ねてゆこうとします。組織の思惑と戦わなければならないのもボッシュシリーズの定番です。
一方ボッシュ自身も妻であるエレノアとの関係に悩みを持っています。元FBIの捜査官であったエレノアはギャンブルに身を置くことで心の居場所を得ているのです。
いくつもの読みどころを用意しているマイクル・コナリーはサービス精神満載の作家なのです。

さて、今回のお楽しみの一つはケーブルカーでしょう。「エンジェルズ・フライト」というケーブルカーは世界一短いケーブルカーと言われ、グランドストリート、オフィス街のバンカーヒルと下を走るヒルストリートを結ぶケーブルカーです。全長90.83メートルで乗車時間は数分。オレンジ色の車体に黒で縁取られたケーブルカーは1901年から運行を始め、1996年に再開発で現在の所に移り安全上の理由で2013年に運行を取りやめていたのですが、現在は再開しています。
最近ではミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」にも登場していますから観光名所として訪れる方もいるのでしょうね。

私もいつかロサンジェルスに行ったら此処だ此処だと喜んで乗るのでしょうね。
ではまた。

スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

『わが心臓の痛み』 マイクル・コナリー

お元気ですか?

マイクル・コナリーの『わが心臓の痛み』を読みました。ハリー・ボッシュシリーズを読み始めた私に『探偵小説三昧』のsugata様からボッシュシリーズではないけれど作品群全体としてコナリーが作る世界をとらえ、登場人物の関りも出てくることから読むべしとのアドバイスをいただきました。そうとなると作品の発表順に読むのが順当な考え方でしょう。そこで Wikipedia を開いて作品リストをプリントし順番に読んでいるのです。

こんなお話です。
元FBI捜査官のテリー・マッケイレブはグラシエラ・リヴァースという看護婦の訪問をうける。彼女によるとマッケイレブが移植で得た心臓はグラシエラの妹グロリアのものだというのだ。コンビニ強盗に殺されたという妹の事件は未解決で犯人を見つけて欲しいという。療養を必要とし車の運転すら禁じられているマッケレイブであったが、犯罪によって得られた心臓、「邪悪な行為による受益者」という自身を苛む思いと犯罪を憎む気持ちとが混ざり合いながら真相を明らかにしようと捜査を開始する。

臓器移植を物語の題材にした作品はあります。提供する側と移植される側共に重たい事情を抱えているのですから物語の題材としては都合が良いでしょう。さらにマイクル・コナリーは犯罪者を仲介させることによって両者を関係つけています。さながら二本の紐にもう一本加えることによって紐を縒っているかのように登場人物の関係性を強固にしてゆきます。しかもその関係性が別な要因からもさらに強固なものとなってゆくのですから読者は主人公マッケレブと一緒になって締め付けられてゆくのです。
この太い紐の周りにコナリーは様々なお楽しみを用意します。作品の発表された1998年、インターネットは普及しはじめ同時にハッキングなどの問題も世間に知られるようになっていますし、ビデオ編集技術の専門性も読者の興味を引くところです。ギャングと経済犯罪はいつの時代にもある題材ですが深い謎という点では読者を刺激します。催眠術を用いて犯罪状況を明らかにしてゆく方法などはあまり知られていないでしょう。そうゆう小道具が上手にちりばめられているので物語にリアリティがあります。そしてこの作品の最大の道具立てと言えるのが原題である BLOOD WORK なのですが、それは読んでのお楽しみなので私が書くわけにはいきません。

さて、解説を書いている西上心太氏によるとハード・ボイルドも時代により変化していて、体制に組しない主人公が権力や組織に歯向かいながら真相を究明してゆき、その過程で現代社会が抱える病巣が浮かび上がるという大枠があるものの、時代が近づくにつれ事件と主人公との関り方が違ってきているといいます。
ハメットやチャンドラーは牧歌的だったのが60年代後半から70年代は公民権運動やベトナム反戦運動といった政治的なテーマとヒッピーなどの文化が入り混じる時代を経験します。ネオ・ハードボイルドと言われる作家なのだそうです。私はこの世代を少し年上のお兄さん世代として認識共有していますが、ノスタルジックな思いともに私自身今でも影響を受け続けていると言えるでしょう。
そしてポスト・ネオ・ハードボイルドと呼ぶのが次にくる時代で、主人公と事件との距離が密接になっているといいます。社会的問題を背景にした事件という視点から主人公が抱える問題と事件とを関わり合わせることで主人公は事件の影響を深く受けてゆくことになります。
そうゆう解説を読むとなるほど『わが心臓の痛み』の主人公テリー・マッケイレブは事件を解決する主人公というよりも事件の当事者、事件そのものと言っても良いと納得するのです。
ハリー・ボッシュはベトナム戦争を経験した刑事として登場し物語のいくつもの場面で主人公の戦争体験が思い出されます。その点ではネオ・ハードボイルドで私が惹かれた所以でもあります。しかし物語が進むと主人公の親子関係など個人的事情も多く描かれて来ていますからポスト・ネオ・ハードボイルドへの移行も見られるのかもしれません。

さて、『わが心臓の痛み』。私が読んだのは扶桑社ミステリーという文庫本ですが、表紙はクリント・イーストウッドです。2002年にイーストウッド自身による監督・主演で映画化されているのです。そこで私が持っているDVDリストを調べてみると持っている事が分かりました。週末、映画を見てみることにしましょう。

ではまた。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

『浮世の画家』 カズオ・イシグロ

お元気ですか?

『浮世の画家』を読みました。カズオ・イシグロが昨年ですがノーベル文学賞を受賞したことでどんな作品があるのか知りたくなったのです。『日の名残り』『わたしを離さないで』は映画で見たのですが、文章で読みたいと思いました。ただ、カズオ・イシグロの作品は英語で書かれていますので日本語の翻訳で読むことになるのですが、その部分は少し自分に納得させなければなりません。

こんなお話です。
今は引退している老齢な画家小野は娘の結婚を控えてある思いを抱えている。戦時下にあった頃日本精神を鼓舞する画題を描くことで生きる位置を見出していたのだ。それは恩師や仲間を裏切ることにもつながっていた。過去の過ちを認めながらも時代の中で生きていくために必要な自己正当化、そのはざまで揺れる小野の心は娘の結婚を成功に導くために奔走する姿に痛々しい。街の盛衰と一人の画家の姿を重ねながら苦悩の軌跡を描く。

日本の戦時下、軍の意向に協力的な立場をとってしまい苦悩する芸術家の話はよくあります。石川達三や菊池寛、久米正雄といった作家の存在は知られていることでしょう。私の好きな井上ひさしの舞台『太鼓たたいて笛吹いて』も従軍記者となった林芙美子の生涯を描いた作品です。
ですが、『浮世の画家』はそんな芸術家の姿を問う作品ではありません。私は読み始めてすぐ作品の雰囲気に小津安二郎を感じていました。小津の映画では『晩春』や『東京物語』といった娘と親の関係を描いたものがありますが、この作品でも同様な設定と空気が感じられるのです。

物語は次女紀子の縁談に絡んで小野の心の揺らぎを明らかにしてゆきますが、その描き方は静かに行われます。小野の記憶の描き方はプルーストのようでもあります。どうやらこの記憶を使った作品の描き方はカズオ・イシグロの手法のようです。
様々な要職につき、文化人署名人と呼ばれる人になった小野ですが、時代の風潮の中で選んだ生き方に反省し悔いてもいるのですが反面自己弁護の言葉も持っています。読みながら影響力を持った文化人という存在が小野に過去の重圧として負わされている事に気が付くのです。そして小野の存在が不安定な小さな存在に思えてくるのです。

しかしカズオ・イシグロはそうゆう小野を描きながら決して彼を責めているのではありません。時代と土地に生きる一人の芸術家として、絵画という表現手段をもってしまったために時局に揺さぶられてしまった男として静かに描いているのです。そこにカズオ・イシグロという作家のヒューマニティがあるように思いました。

今回初めてカズオ・イシグロの作品を読んだのですが、少しづつ他の作品も読んでみたいと感じました。

ではまた。


テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

繋がる不思議

お元気ですか?

昨年、従弟にLINEの登録を勧められた。ITに詳しい従弟の事だからとその場で登録をしたが、その際私の電話番号を登録していて尚且つLINEを使っている人が何人も表示されたのには少なからず驚いた。仕事上で知り合った人はまだしも個人的な僅かな接点しかなかった人も表れてはたしてどう処理していいのか少し戸惑う気持ちがあった。
登録をして一年以上たつが、私の使い方はせいぜいメールをやり取りするくらいのもので、スタンプも使うことはない。これでは何処にLINEにしたメリットがあるのかさっぱりわからない。

もともと携帯電話のメールは操作がしずらいと使う事がすくなかった。私にはパソコンの方がキーボードは使いやすかった。幸い私はパソコンに向かって仕事をしている時間が長いから不自由はない。それはiPhoneになった今も大して変わりはない。

LINEに関しては今も使い方がよくわからないままだ。先日もブックマークのグループのつもりで弓の仲間をまとめてみたらグループ化した人がそれぞれに分かってしまうのだそうだ。パートナーさんに話したらパートナーさんの職場では部の人たちが一斉メールを使うことが多いのでグループ化しているという。なるほどそうゆう使い方には便利なのだろう。ではブックマークのような使い方はどうすればいいのだろうか。

さて、最近インスタ映えという言葉をよく聞く。2017年の新語・流行語大賞に選ばれたせいかNHKの番組の中でも使われている。私がInstagramについて知っているのは(もしくは知ったつもりになっているのは)ポラロイド写真をイメージした簡単な写真とメッセージの投稿という世界だ。デジタルカメラとインターネットが融合してネットの世界は誰でもが発信者になった。メールやホームページ、ブログといったツールはテーマや文章力など読ませる技術が必要なのだが、Instagramではそれが簡略化されているのでスマートフォンがあれば誰でもが気軽に発信できる。誰もが写真家であり演出家であり主役になったのだ。私は基本的にこのような世界に寛容である。数日前からInstagramも使い始めた。

LINEにしてもInstagramにしても私の携帯番号だけで色々な人と繋がりを確認できる。以前交流のあった人が思いがけず私のLINEに登場してくる場合がある。連絡を取りたい人もいればそうでない人もいる。私の動向を知られたくない人もいるのでそうゆう場合はすかさずブロックしなければならない。でもそうゆうリスクを承知でLINEやInstagramを利用する人の心の中には何があるのだろう。

Instagramはメッセージの応答はあるものの基本は一方向の発信のように思う。フォロー中の人が投稿してくればそれが私に宛てたものではなくても目にすることになる。送り手にとって投稿が特定の相手を想定してなのか不特定なのか境界が曖昧だ。その曖昧さは受け手においても似ているが違う形で存在し、受け手としての自分が漠然としている。この漠然とした関係性の中でどのようなコミュニケーションがとれるのか興味を持つし、その時の自分の姿(送り手と受け手)に対する心理的位置に興味を持つ。

そうは言ってもすでに海外の人とお互いの写真を見てメッセージをやり取りしたり、同じ趣味の方とフォローし合ったりという関係が急速に展開する。どちらも全く知らない人だ。

この不安定な繋がりが生まれたのはネットという技術によるものだが、繋がりをどう動かしてゆくのかは私が不安定とどう向き合うのかに係っている。



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

『トランク ミュージック』 マイクル・コナリー

お元気ですか?

久しぶりにマイクル・コナリーに戻ってきました。しばらく弓道関係の本の読み直しに集中していたので戻れて少しほっとしている自分を発見。

『トランク ミュージック』はこんなお話です。
ハリウッド署殺人課に復帰したハリー・ボッシュ。トニー・アリーソという映画プロデューサーがロールスロイスのトランクで殺害されているという事件の捜査をします。部下ジェリー・エドガーと新しい部下キズミン・ライダー、上司のグレイス・ビレッツも新しくなりました。
捜査を進めてゆくとラスベガスのギャングと被害者につながりがあることが分かり、どうやら映画プロデューサーという仕事を通じてギャングの資金洗浄をしていたらしい事が分かってきます。この辺の裏事情はマイクル・コナリーらしい面白さです。
そして物語を二転三転させるのもマイクル・コナリーの手法。幾つかの証拠も見つかり逮捕した男が潜入捜査官と分かり逆に証拠ねつ造を連邦検事から疑われ内務監査を受けるボッシュ。しかしここらあたりからボッシュの本領発揮で独自の捜査を始めます。とはいっても今回は部下や検視官との協力、方向が見えてきたところで上司ビレッツにも説明をするなどボッシュは一人で暴走するというわけではありません。すこし丸くなった感があります。

さて、今回の作品で最も重要なのは第一作『ナイトホークス』に登場した元FBI捜査官エレノア・ウィッシュの登場です。犯罪に手を染めてしまったエレノアは刑に服し裏切られた形のボッシュは心に深い痛みを抱えることになっていました。そのエレノアをラスベガスでしかも捜査対象者に関係しているらしい状況で発見するのです。ボッシュはエレノアに接触しなければなりません。読者としてはエレノアの再登場を喜びながらもまたしてもボッシュが苦しむのではないかと感じだします。服役した元FBI捜査官が生きてゆくのは簡単な事ではないはずで、そんな彼女がカジノにいるのですから胡散臭い想像をするのは当然です。ボッシュがエレノアと愛を交わすようになってからも何処に落とし穴があるのかとハラハラしながら二人の関係を読まなければなりません。
しかもそんなエレノアの存在もボッシュを疑う連邦検事から攻撃の材料にされるのです。

全体を読み終えてみると幾つかの消去法を経て犯人は落ち着くところにいます。正直なところ最初から読者は分かっていながら読むといった方が近いかもしません。しかしマイクル・コナリーの迷路を進めて壁にあたってやり直すような物語の展開に付き合っているうちに、ついつい真犯人の事など作品の大事ではなくなっているのです。今回の『トランク ミュージック』では新しい上司はボッシュの能力を評価し信頼を寄せているようですし、部下も同様です。宿敵のような副本部長アーヴィングでさえボッシュに理解を示しているように思えます。そしてエレノアの登場。読者はエレノアを『ナイトホークス』の時から悲しい存在として優しい目で見ています。それだからこそボッシュとの成り行きに心配をするのです。
さて、エレノアとの結末はここでは書かないようにしましょう。実は私には今回ささやかな発見がありました。それは私がボッシュのシリーズとしては最新(翻訳ものとして)の『転落の街』から読んでいる事に起因します。『転落の街』にはボッシュに素敵な娘がいる事が分かっています。私がボッシュのシリーズに心惹かれたのはこの娘の成長をボッシュと一緒にみたいと思ったからに他なりません。作品を読み重ねてゆくことは迷路を進むゲームのようなものです。マイクル・コナリーが一つ一つの作品に迷路を仕掛けているならシリーズの構成にも迷路は潜んでいます。しかし私はボッシュに愛して信頼している娘がいることを知っているのです。出口のない迷路を進むのではなく、出口があることを知りながら迷路を楽しむことが出来るのです。

次は御指南いただいている『探偵小説三昧』のsugata様のアドバイスに従い『わが心臓の痛み』です。ではまた。

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google