FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

高田郁と北原亞以子

お元気ですか?

夜になると我が家の周りの木々にいるであろう虫たちが鳴き声を聞かせてくれます。みなさんは虫の声を聞き分けることができますか?私はちょっと苦手です。
NHKのTVを見ていたら駅ピアノという番組がありました。ロンドンやプラハの駅に置かれたピアノに通りすがりの人が座り好きな音楽を弾いて楽しそうです。小さい子供もいればピアノを習いはじめたばかりの大人、プロの音楽家も弾いています。見ているとこちらまで楽しくなってきます。
あぁ、楽しいな私もまた弾きたいなと思ってしまいます。実家にあったピアノは帰省のたびに弾いていましたが今はありません。いつかまたピアノのある家もいいかなと思います。一緒に演奏する家族がいればさらに楽しいでしょう。

高田郁のみおつくし料理帖という本を読みました。
朝、TVの経済番組を見ているのですが、その中で製薬会社の社長さんが紹介する本として登場したのです。食べることの大好きな私、料理をテーマにした時代小説ということだったので好奇心がうずうずしました。早速Bookoffに行って買ってきたのですが、喜んで買って来たのは『天の梯』というシリーズ最後の本でした。でもいいのです。
読んでいるうちにすこし鼻についてきました。江戸時代の設定なので散りばめられた言葉も時代がかっているのですが、私の感覚から言えば、言葉が生きていません。言葉の持つ音、リズム、登場人物たちが演じる情景がどうも江戸時代の町家ではないのです。読み進んでいるうちに、漆塗りの器にマジックか塗料を塗った感じがしてきました。ちょっと残念ですね。

私は食べることが好きですし自分でも料理をします。だから食物に関係する本があるとついつい手にとります。池波正太郎は小説は読みませんがエッセイは読みます。食べ物話が豊富ですから。夏目漱石を食べ物をピックアップしながら読んだりもします。だから高田郁のみおつくしシリーズも1冊目から読みたいとは思いますが、さて無事に読むことが出来るでしょうか。

そんな感想を持ちながら頭によぎったのが北原亞以子の本でした。深川澪通り木戸番小屋のシリーズや慶次郎縁側日記のシリーズでファンも多い女性作家です。NHKのドラマにもなっていますのでそちらでご存知の方もおおいでしょう。
実は私も木戸番小屋のシリーズを神田正輝、池上季実子の主演の金曜時代劇で知った一人でした。北原自身が新橋の生まれというのを差し引いてもしっかりした風景描写と登場人物たちの息遣いが江戸の町家を想起させます。
北原の前に樋口一葉が思い出されたのですが、北原亞以子を読みたいと切実に思いました。口直しと言うか軌道修正というか。(高田郁さんごめんなさい)

そこで、北原亞以子の本を図書館で借りてきました。『こはだの酢』という文庫本です。やはり食べ物のタイトルです。こはだの押し寿司をもらった主人公が誘惑に負けてつまみ食いをしてしまう話です。読みながらこはだの酢じめが食べたくなりましたし、私が愛用している押し寿司用の木型が思い出されてきました。北原亞以子の作品には弱い人間が色々出てきます。読んでいるうちに自分と重ねちょっと恥ずかしくもなりますし、いたたまれない気持ちにもなるのですがそんな情けない人間が織りなすのが人の世界なのでしょう。ちょっと辛いですね。
オー・ヘンリーにも似た弱く情けなくて苦笑いしてしまう人間の姿。

こはだの押し寿司は初春を待ちますが、今夜は美味しいものを作って食べましょう。辛い人の世に幸せを感じさせる一椀一皿を用意しましょう。



スポンサーサイト



テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

引っ越し2 ガスコンロは火力が強い!

お元気ですか?

引っ越しの片付けも落ち着き日常を取り戻しています。本やCD、DVDといったものの整理は私がやりましたが、キッチン周りはパートナーさんが使い易いようにやりますので私がさわるわけにはいきません。見ているとダンボール箱を開けながら一つ一つ懐かしむように取り出しています。
金沢で求めた九谷焼の皿はお寿司屋さんで気に入った作家さん。お店を教えてもらって買いに行きました。漆塗りの老舗能作さんで買ったサラダボールはパートナーさんのお気に入りです。私は好きな酒器を並べて楽しみます。

お皿や酒器が出揃うとそのお皿で何を食べようかと想像が湧いてきます。九谷の皿にはお刺身を盛りましょう。中鉢には焼き茄子を盛りつけてたっぷりの削り節をかけて。萩焼の酒器に日本酒をうつしやはり萩焼のぐい呑。パートナーさんはたっぷり入る切子のお猪口です。
食器と料理を合わせてテーブルを考える楽しみは食事をエキサイティングにします。それが普段の食事でも。

そして料理の出番です。我が家では決して毎回ゴージャスな料理が並ぶわけではありません。それどころか極普通の庶民的な料理ばかりです。お肉やお魚を焼いたり、野菜を炒めたりサラダにしたり。乾麺ゆでて簡単に済ませたり。だから今回はお料理の紹介はいたしません。そのかわりコンロのお話し。

これまでの家はIHのキッチンでした。東京時代はマンションでしたがまだガスコンロの時代。こちらに越してきてからIH用の鍋やフライパンを買い直してゆきました。ガスコンロに慣れている私にはIHはとても使いにくく、フライパンはすぐ痛んでしまいます。熱を強くしようと思うとコーティングが痛むのです。しかも料理は鍋底の熱源にあたっているところだけが火が入りますのでいつもかき混ぜていないと焦げやすい。料理する時の感覚が鍋全体で感じるのではなく、IHの熱源をイメージしながらという感じなのです。先日ある外国製の調理器具の店で店員さんに話を聞いたら、IHは4ぐらいのメモリで十分だというお話しです。どうりでコーティングなのに焦げ付きやすかったのです。
今回越した家は都市ガスです。今まで納戸にしまいこんでいた鍋とフライパンが使えます。私が一人暮らしの頃から馴染んだガスコンロ。深鍋や手鍋でお湯を沸かすのはIHと変わりありませんが、フライパンは違います。上京して一人ぐらしを始めた時に買った鉄の中華風フライパンは使い勝手が違います。IHと違い、フライパン全体に熱が広がりますので野菜炒めを作ってもとっても作りやすいですし、お肉を焼いても綺麗な焼き色がついて柔らかく焼き上がります。ムニエルのような焦げ目が欲しくない料理はコーティングされた小さなフライパンで弱火で調理します。鉄とコーティングの使い分けがガスコンロなら出来るのです。

今朝はパートナーさんの希望でホットサンドイッチを作りました。これまではストーブのある冬にしか出来なかったのですがガスコンロがあるからいつでも可能です。しかも早い。バウルーのホットサンドメーカーを火にかけて1分もしないうちにパンの焼けるいい匂い。香ばしい匂いがたつ前に裏返して蓋をあけるとしっかり狐色になっています。いつものトーストとは違うわくわくした朝食。

ガスコンロに戻って改めてその良さに気づいています。直火により火事の危険を心配する向きもあり、たしかに燃え移ると危険ですが、安全装置もあります。オール電化の流行やIHの便利さもあるでしょうがガスの魅力もなかなかです。
ガスコンロでは鍋の持ち手が熱くなるというのをIHを使って忘れていたことでしたが、私はガスコンロの魅力にちょっと喜んでいるのです。

みなさんはどんなコンロをお使いですか?
ではまた。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

引っ越し

お元気ですか。

嫌な世界情勢のニュースを聞きながら終戦記念日を迎えようとしています。
今年の夏、私は引っ越しの夏です。急な話だったのですが、引っ越すことになり新居の契約や引っ越し業者の選定、荷造りなどに追われています。なによりも困ったのはインターネットの契約です。一年前に替えてTVも光ケーブルで見られるようにしていたのですが、引っ越し先では使えないというのです。契約したときには市内なら大丈夫と言われていたのに、違約金が発生してしまいます。そこで別なキャリアーを探したところSoftbankが違約金の補填も含めて対応してくれる事がわかりました。なんとか安心です。

新しい冷蔵庫や洗濯機を買いに行ったり、カーテンやLEDライトを買ったりとけっこうまとまったお金が必要になりますが、新しい生活ですからしかたありません。引っ越し先は車で五分ぐらいのところなので重たい本やレコードは業者さんにお願いしますが、細々したものや割れ物など大切なものは自分で運んでみました。以外に心の整理がついていいものです。

引っ越し先では食器棚や箪笥、本棚の位置を指示し、段ボール箱を一部屋に入れて頂き、あとの作業は少しづつやっていきます。本棚には傍に置いておきたい本を並べますが、並んだ結果をみるととても満足です。本棚を見ると自分の思考や培ってきたものが具体的に分かります。本棚は私の歴史そのものです。CDやDVDもこれからゆっくり整理してゆきましょう。食器棚には好きな食器を並べます。グラスやコーヒーカップ、思い出のある陶器が並びますがどれも普段から使ってあげたい仲間です。好きなマグカップも再登場しましたのでたっぷりのコーヒーを注いでみると、私の心が喜んでいるのが分かります。好きな食器に囲まれて生活する喜び。

引っ越しをすると捨てるものも沢山あります。使わない食器、読まない本、見ない写真。楽しかった過去の思い出は写真を見てもあまり響いてきません。こんなこともあったと懐かしさはありますが、写真をとっておくほどのものではないようです。旅行先の写真は大切な人と写っている何枚かを残して全て捨てる事になりました。
写真を捨てながら、私はまだまだ今を生きて未来を開拓しようとしているんだと思います。過去よりも今とこれから作る未来が大切なのです。嬉しい確認でした。

新しい台所はまだまだ勝手がいきませんが、少しづつ料理もしだしています。新しい住まいで食べる料理はこれまでより少し自由です。

ではまた。


人間ドック その後

お元気ですか?

先日人間ドックで再検査となっていたので病院に出かけた。
この間、胃と大腸の検査をしてポリープを切除している。今回の再検査は血圧と血糖値の改善が進んでいるか、と腹部のエコー検査だ。
血圧は若いころから少し高めなので私自身神経質になっている。ドックを受けてすぐは朝晩計っていたがなかなか長続きはしない。もっと簡単な測定方法はないものかと願う。
血糖値はさらに面倒だ。自宅で測定できるキットがあるが、そもそも毎回針で指から血を採るのは気が重い。病院での血液検査まで知るすべがない。採血しないでも血糖値を計れるようにならないだろうか。

人間ドックで指摘を受けてから改善のためにいくつかの事をした。
運動量を増やし、スポーツジムでのスタジオに加え水泳をするようにした。水泳の効果は抜群で血圧は改善傾向がすぐに見られた。体重も2㎏減らしたいところだが、1㎏減ったあとまた元に戻った。
血糖値の対策としては、夕ご飯に炭水化物をとるのを減らした。具体的にはご飯やパスタを止め、肉と野菜を主食とした。豆腐は好きなのでおかずも豆腐料理が多くなったし、酒のつまみは枝豆になった。もちろん酒の量も半分に減らし休肝日は一日増やした。

そんな工夫をしながら再検査の日を迎えた。
結果は血圧は正常で、血糖値も改善されていた。医者は褒め上手で体重も筋肉に変わっているのだろうから良いと言ってくれた。血糖値はここ数年悪化していたのが改善したので、今やっている食事と運動による方法を続けて経過観察しようという。まずは安心だ。

ところが、腹部のエコー検査で気になる事があった。
胆嚢のまわりにポリープが数個見つかったのだ。最初にドックを受けた時にもあったらしいのだが、今回よりはっきりしたようで、小さいのは2mmぐらいだが大きいのは8mmぐらいなのだそうだ。原因は分からないし体質なのかもしれない。今すぐどうこうという事ではないが、1cmを超えると癌化する悪性のものかどうか生検の必要も出てくる。自覚症状がないから検査でそのつどチェックするしかない。ここが不安の要因になるところで、素人考えだが、8mmと1cmの違いはどこにあるのだろうと思ってしまう。
医者は心配なさそうに言うけど健康診断は人間ドックで受けるかオプションでエコー検査はつけるように言う。保険会社にも保険が下りるかどうか訊いてみよう。

自分の体の事を知り健康に生活できるよう保つことは自分と家族の為に必要な事だ。精神的にも経済的にも健康診断や検診は大切だ。だが、知ったことで不安になる事もある。不安を防ぐ事は出来ない。だが向き合う事は出来る。不安を友とし自分がどうすることで不安を超えた楽しい事を身につけるか、それを探そう。
血圧も血糖値も決して油断は出来ない。運動を楽しみ、自分に合った食事を探し増やしてゆく楽しみ。胆嚢のポリープは自覚症状が無いぶん付き合いが難しいが、定期的に検査を受ける良い理由が出来たぐらいに気楽に受け止めてみよう。

人間ドックは楽しさも見つけさせてくれる。

『償いの雪が降る』 アレン・エスケンス

お元気ですか?
久しぶりのブログです。ご無沙汰してごめんなさい。

アレン・エンキンスの『償いの雪が降る』を読みました。バリー賞ペーパーバック部門最優秀賞、レフトコースト・クライム・ローズバッド賞デビュー作部門最優秀賞、シルバー・フォルシオン賞デビュー作部門最優秀賞の三冠に輝き、エドガー賞、アンソニー賞、国際スリラー作家協会賞の各デビュー作部門で最終候補作になっている。と訳者あとがきにあるが、私にはその賞の重要度が分からないので、あぁそうなんだとしか言えない。この世界に詳しい方にお叱りを受けるかもしれないので、ごめんなさいと言っておこう。作品がデビュー作が持つ独自の力、作家の原点を内包したものであり、エージェントや出版社の政治的思惑に距離をおいていることを願おう。

この本を読んだのは冠が多かったからではない。パートナーさんが図書館で借りる時についていって、どんな本?と訊いてしまったからだ。

こんなお話
大学生のジョーは身近な年長者の伝記を書くという授業で、老人介護施設に入所している末期がんの男カールから「臨終の供述」を聞く事になる。冤罪事件だという彼は三十年前に少女への暴行殺人で有罪になっていたのだ。
カールは「臨終の供述」は真実の言葉だと言い、ジョーは隣人の女子大生とその事件を調査することになってゆく。自閉症の弟のサポート、女子大生とのロマンス、それぞれに秘めた過去、そしてカールが体験したベトナム戦争の悲劇。それらを織り交ぜながら物語は進んでゆく。現代の作品でどうしてベトナム戦争なんだろうかという思いが正直なところ浮かんでくる。もう50年前の戦争だ。
実際、物語に登場するベトナム戦争は特にベトナム戦争でなくてもいいような程度にしか関係しない。

とはいえ、物語はそこそこにテンポも良いし、それぞれの状況も上手にかみ合っていて読み手を飽きさせない。主人公ジョーのひたむきに生きようとする姿は年齢相応のかわいらしさを持っているし、隣人の女子大生も特別な存在感とまでは言えないが役どころとしては嵌っている。自閉症の弟ジェレミーの存在は何故自閉症でなければいけないのかと少し不信感を持って読んでいたのは最近この手の登場人物が多いように思うからだ。一時期、CIAの情報分析官やFBIのプロファイラーがあふれたのと同じ感じ。しかし本作では謎解きに一役買い、ジョーが兄として大人になってゆくのに必要な役割を担っている。

登場人物が出揃うと、読者には犯人捜しというお楽しみが待っている。実は「臨終の供述」のカールがやっぱり犯人だったとか、突然出てきた男が真犯人だったとかそんなルール違反は無いとして、犯人は登場人物から選んで行かなければいけないが、物語の中でも一人一人ふるいにかけられているから、ふるいの網にかからなかった者が犯人だと推測はつく。後半ではジョーと隣人のライラが犯人と思う人間が暗号を解くという手腕を発揮して浮かんでくるが、残念ながら目星がつくのが早いのでこれも違うだろう。
となると自ずと絞られるので案外真犯人は分かりやすい。そんなお楽しみも普通に楽しめる。


作者には本作に登場したルパート刑事の弟を主人公にした作品ややはり本作に出てきたサンデン教授を主人公にしたリーガル・サスペンスも書いているらしい。登場人物を他の作品にも使いながら世界を広げてゆくのは常套手段だが、機会があれば読んでもよいだろう。

ではまた。




テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google