プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

今年の京都 GW編 ルナール・ブルー

お元気ですか?

今回の京都では美味しいものを食べ歩くということをしていません。ランチにしても何処も人混みですし予約してでも行きたい店は時間の都合で難しいのです。いつもなら錦市場で気に入った食材を買い集めて部屋食も楽しむのですが、最近の錦市場は観光客ですし詰状態ですから大好きな鱧を買うことが出来ません。それにしてもどうして最近の観光客は歩きながら物を食べるのでしょう。

それでもせっかくだから何処か美味しいもの食べにいきたいね。というのが心情。京都ですから割烹も良いのですが、フレンチでも良い店がいっぱいあります。そこでホテルの近くで探してみると、良さそうなお店ルナール・ブルーが見つかりました。
予約をし鴨川をどりを楽しんだ帰りそぞろ歩きをしながらレストランに向かいます。

お店はビルの一階。細長い造りになっているのは京都だからという訳では無いようです。入口近くに簡単なバーカウンターがありテーブル席が並びます。人気のあるお店のようですからお客様を沢山入れたいのは分かります。でも少しテーブルが多いですね。
奥まった席に案内されます。隣はご近所の方でしょうか年配のご夫婦。一つ置いて隣には年配の女性とお嬢様のお二人、通路反対側には男性の一人客。そんな感じでお客様が座っています。

renard18.jpg

席に着くと若い女性スタッフがコースのメニューと黒板を持ってきました。アラカルトでもよいですしコースも黒板から選んでゆきます。最近こうゆう黒板の使い方をレストランで見かけますが、私は嫌いです。黒板の位置によっては体を動かさなければなりませんし、前菜からメインまで組み合わせて考えてゆくのはしばしば時間がかかります。それも楽しみの一つなのですから不自然な姿勢で黒板を見ているのは正直なところお客様に不便を強いているように思うのです。毎日メニューが変わるのはシェフの気合の入れようが感じられて好ましいのですが、手書きのコピーでもよいので紙で料理を見たいです。

まぁそんなお小言は始めだけにしましょう。なぜならこの黒板に書かれた前菜を見ただけでシェフの気合が伝わり嬉しくなってきたからです。私はメインを減らしてもアラカルトを色々食べたくなったくらいでした。

renard3.jpg  renard2.jpg

魅力的な前菜から選んだのは私が瀬戸内の穴子と炙り筍のサラダ。パートナーさんはフランス産アスパラガス。穴子と筍のサラダは季節感と京都らしさを出したお皿ですしアスパラガスも旬のもので私はアスパラガスには目がないのです。温度卵のソースですが、卵ベースのソースでいただくホワイトアスパラガスはこの季節の宝物です。両方とも期待に沿った美味しさです。

renard6.jpg  renard7.jpg

スープは私がグリーンピースのポタージュ、パートナーさんは香味野菜のスープ。どちらも美味しく舌ざわりの滑らかさも良かったです。

renard4.jpg  renard5.jpg

続く魚介のお料理は私がブイヤベース。パートナーさんはオマール海老のロースト。ブイヤベースも私の好物でソースのルイユもちゃんと付いてきました。しかもこちらのブイヤベースはしっかりとコクのある作りで私好みです。オマール海老は少し火が入りすぎていた感じがありましたが、パスタも美味しくいただきます。

この日私たちが選んだワインはピュイー・フュメ。ルナール・ブルーさんではワインの種類が沢山あるとは言えませんが食事に合うワインが手ごろなお値段であります。昔のように食前酒を飲んで赤白頼んで・・・と飲んで食べてと活躍していたころならばもっと頼みたくなるのですが、ちょっと抑えて一本でお願いしました。でも料理にあった良いチョイスだったと思います。
ちなみにワインの品数とお値段はレストランの経営には難しいところです。お客様の傾向なども考えワインも回転を良くしなければいけないからです。その視点から考えてみるとルナール・ブルーさんのリストは上手なリストだと思います。

renard9.jpg  renard8.jpg

さていよいよお肉のメインディッシュです。私が選んだのはウズラのロースト青胡椒ソース。ウズラは我が家の好物の一つで自宅でもよくローストして食べています。プロが作るウズラ料理はどうなのか参考にさせていただこうと期待します。パートナーさんはホロホロ鳥のファルシ。吉祥寺のドス・ガトスでもホロホロ鳥のパエリアを頂いたことがあり、馴染みの鳥ですが少し淡白なところをファルシにすることでどう料理するのか。そんなそれぞれに期待を持ちながら頂きます。ウズラは小さい鳥なので火の入れ方が難しく直ぐ固くなりますが、さすが柔らかく仕上げています。青胡椒のソースも優しい刺激で丁度よい。小さなフィンガーボールがついてきたので小さな骨はむしり取って手で食べる事が出来ます。こうゆう気遣いが料理を楽しめるかどうかに大きな違いを生みます。
ホロホロ鳥のファルシはとってもボリュームがあります。私たちが楽しそうに食べているのを見てシェフが気を利かしてくださったのかもしれません。ファルシのおかげでホロホロ鳥をジューシーにしてソースと相まって豊な味にしています。

renard17.jpg renard10.jpg  renard12.jpg

デザートにチョコレートケーキ、抹茶チョコのケーキを頂いてお仕舞い。
コーヒーには小さなカヌレも付いてきて食後の名残り惜しさを演出しています。

お店を出る時、シェフと少しお話をさせていただきましたが、もう10年になるのだそうです。パリのビストロを思わせる気取らずにでも確りした料理を楽しめるお店ルナール・ブルー。美味しものを楽しみたいという人にはとても素敵なお店です。友達を誘って食事に出かけるのにも良いでしょう。また来年も行きたいと思うお店ですし、違う季節の違う食材を楽しみたいと思う良いお店でした。


renard15.jpg

ごちそう様。




スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

すき焼き

お元気ですか?

年末が近づき何かと忙しい日が続きます。私は恒例の道場の大掃除。家の事をパートナーさんにお任せして出かけてしまいますが、まぁそれは毎年のことなのでお許しをいただいています。
そんなある日道場で練習をしていると携帯が鳴ります。

「ねぇ、猪を貰ったんだけど食べる?」
「食べる食べる!嬉しいよ。」

道場の仲間たちは「何が来るの?蟹?」なんて興味深々。
「猪だって。知り合いの猟師さんが獲るんだ。道場で鍋が出来ればね・・・」という次第。
残念なことに市の道場では鍋を囲んでお酒を酌み交すなんて出来ませんから、お仲間にはごめんなさい。

翌日届いた猪は1㎏以上もある立派な背肉で赤身の部分と脂のある部分とに分かれて綺麗にスライスしてありました。
食べやすいように小分けにして冷蔵庫に。
早速脂身の多い部分を使いすき焼きにしてみます。

boaa171223.jpg  boab171223

まづはお肉だけを焼いて味を確認しましょう。臭みは全くなく甘い脂の香りが広がりますが、噛み応えもしっかりあります。やはり獣ですね。

boac171223.jpg

火を入れるとすき焼き鍋の中に脂が溶け出します。

boad171223.jpg

お肉だけの味見が済んだら通常のすき焼きのように野菜や焼き豆腐、白滝などと一緒に炒めてゆきましょう。

猪肉は我が家ではお馴染みの食材です。でもそれはレストランでジビエ料理としていただいているもの。お上品に変身して他のお料理と一緒にいただきます。
今回のように自宅でシンプルにいただくのは初めてかな?

さて、次はどんな料理にしましょうか。脂身の少ないところは牡丹鍋にしようと思っているのですが、他にも何か面白い料理がないか検索してみましょう。

ではまた。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

ドイツ語講座は美味しい!

お元気ですか?

このブログは私の日常からお題を選んでいるのですが、隠遁生活のような日常ですからあまり面白いお話を紹介することが出来ません。読んだ本?見た映画?何か食べ物の話?そんなところでお茶を濁しているわけです。それでも毎日何かしらドラマチックな事があってフランス語風に言うならロマンなのですが、ドイツ語で言うならGeschichteかErzahlungなのでしょうか。
日常の中に垣間見える物語を綴っていければ素敵なのにと思っています。

十月からNHKのテレビで放送している「旅する○○語」の第二シーズン。ドイツ語の第一シーズンはウィーンだったので毎回大喜びで見ていたのですが、第二シーズンはベルリンを中心に展開しています。ベルリンが嫌いという訳ではありませんが私にとってはやっぱりウィーンの方が断然面白かったかなと思いながらも、いやいやきっとベルリンだって面白くなるぞと見続けています。

そんなベルリンの名物料理として先日登場したのがCurrywurst。ソーセージにカレー粉を振りかけてケチャップをつけたファストフードです。ドイツと言えばソーセージか豚肉のハンバーガーがファストフードの定番です。でも私はまだこのカレー風味のソーセージを食べたことがありません。そこでいつか食べてみたいと思っていたら、タイミングよくスーパーでソーセージを見つけました。

a1711271.jpg  b1711272.jpg

今夜の夕ご飯はこのソーセージと赤ワインです。

ソーセージは茹でてからフライパンで焼き色を付けて野菜と一緒に盛り付けます。最初はマスタードでいただきましが、今日やりたいのはカレーソーセージ。ドイツ語講座で見たのを参考にカレー粉を振りかけて、ケチャップをたっぷり付けます。見た目そのままのファストフードですね。

旅先で食べるとなんでも美味しく感じるのはその土地の空気を一緒に味わうからでしょう。私もベルリンの駅で食べたマッシュルームとコーンビーフの炒め物やフランスの港街で食べたムール貝のワイン蒸しを懐かしんで時々パートナーさんにご馳走したものです。そんなご当地料理が一つ我が家に加わったわけです。ベルリンのカレーソーセージ。

いかがでしょう。語学講座は美味しい料理になって我が家を幸せにしてくれます。
因みにドイツ語講座で紹介したお店のカレーソーセージはケチャップがコクがあってフレッシュと紹介していましたが、我が家のケチャップはハインツです。名前を聞くとドイツの会社のようなイメージですが、れっきとしたアメリカの企業。私はハインツには少しご縁があるので愛用しているのですが、ドイツのケチャップはどうゆう会社のが美味しいのでしょう。やはりドイツに行って試してみなくては。

ではまた。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

オムレツ

お元気ですか?

11月に入って最初の週末は三連休。私は弓の練習と祭り射会への参加、弓三昧の充実した三日間です。パートナーさんにも付き合ってもらったので、お礼に夕ご飯は私が作りましょう・・・。ということで、パスタを茹で、お肉を焼いてとメニューを考えてみましたが、なんか物足りない気がします。キッチンに立って鍋を出して冷蔵庫を開けて準備をしていると、降りてきました。もう一品が。

ふっと思いついたのはスペイン風オムレツです。
以前吉祥寺のドス・ガトスで食べて自分たちでも作ってみようとなってジャイモと玉ねぎをきざみ卵をといてフライパンで焼きます。小さなフライパンがないので大きなスペイン風オムレツになってしまうので、作ると何日かご飯のおかずになります。しっかりと味付けをしますから冷めても美味しいのですが、我が家にはやはり少し大きいかなと最近は作る事が減っていました。

でも、最近私が考え出した作り方は二人暮らしには丁度良い大きさです。
小さめのジャガイモをスライスして電子レンジで加熱。玉ねぎもみじん切りしてフライパンで炒め、溶けるチーズと一緒に二個の溶いた卵と全てを混ぜ合わせ、アヒージョ用の素焼きの器に移してコンロの中へ。もちろん塩コショウはお好みで。

o171105.jpg

別な料理を作りながら焼き具合を時々見ます。卵が焦げてしまっては少し残念ですからね。

今日は丁度良い焼き色で少し香ばしい匂いも加わって、おぅなんて良いタイミングなんだって自画自賛していたら、パートナーさんも「写真とっておいたら」って。

楽しい週末の美味しいスペイン風オムレツ。
皆さんはどんな週末を過ごされましたか?

ではまた。


テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

焼肉屋さんで

お元気ですか?

台風が近づいた土曜日、パートナーさんと焼肉屋さんに出かけました。職場で美味しいと評判を聞いたからです。ほとんど外食をしない我が家ですが、嫌いなわけではありません。ただお金を払って食事をするならそれに見合うものを体験したいと思っているので中途半端な外食をしたくないだけです。
今回はパートナーさんが職場で色々なお食事処の話を聞いていて、それなら一度行ってみようかという気持ちになりました。ネットでお店のサイトを見るとランチで10食限定のハンバーグというのがあります。これを目指してみましょう。初めてのお店ですからいきなり夜の食事とはいきません。焼肉屋さんですが、それも控えてランチのハンバーグぐらいで視察です。

まだ雨も小降りのうちに家を出て開店の少し前に着いて駐車場で待っていると店員さんが出てきました。お店に入り席に案内されて座ります。テーブルに置かれたメニュー表を見ると焼肉のセットメニューが並びます。けっこういいお値段です。でもお目当てのハンバーグがありません。店員さんに尋ねると平日だけのランチメニューなのだそうです。(サイトを見直してみましたがそうは書いてないですね。)
お昼に焼肉を食べる気持ちにはなれないので単品メニューから探し、私はラーメンを、パートナーさんは海鮮ズンドーフを頼みます。猫舌のパートナーさんなのに大丈夫でしょうか。

171023.jpg  b1071023.jpg

焼肉屋さんのラーメンですからスープがしっかりとれていて結構おいしいのですが量が少な目です。きっと焼肉の締めのメニューなのでしょう。海鮮ズンドーフはエビやアサリが入っていますが、スープがたっぷりなのでパートナーさんはふうふう冷ましながらいただいています。白いご飯を追加しておじやのようにして頂いてみます。ゆっくり頂きます。

私たちがお店に入ってメニューを見ていると次々とお客さんが入ってきました。家族連れ、カップルとお店はあっという間に賑やかになっています。そして皆さんが焼肉を頼んでいるのです。私たちが来てみようと思うくらいに評判のお店なのですからそうなのでしょうが、私たちには新鮮な驚きです。へぇ~焼肉って昼からお酒も飲まずに食べられるものなんだ・・・。
私たちの生活でこれまで焼肉屋さんに行ったことは数える程しかありません。5回ぐらいかな。今後もそう行くことは無いと思います。お目当てのランチではありませんでしたが、貴重な経験をした焼肉屋さん。毎日のように通る道にあります。毎日眺めながらまた行こうと思うでしょうか。

ではまた。

テーマ : おいしいお店
ジャンル : グルメ

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google