FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ラジオの力

お元気ですか。

新型コロナの蔓延により世界の様相が大きく変化しましたが、そのようなときにこそ文学の力が大事だということを前回書かせていただきました。人には物語を伝えるという素晴らしい力があり、過去に経験した疫病や災害を知ることで現在のコロナ禍も乗り越えていけると確信しているからです。
私が聞いているラジオでもコロナを取り入れたものが多く放送されています。ラジオドラマでも物語の中にコロナによる環境変化が書かれている作品を放送しています。文化講演会でもコロナ禍の下、人々のつながる心をテーマにした講演を紹介していました。私がもっとも興味をもって聞き続けていたのが、「カルチャーラジオ 文学の世界 いま、心に響く歌の力」というシリーズでした。歌人の今野寿美さんという方が様々な和歌を紹介する番組だったのですが、和歌の世界は全く門外漢である私にもとても魅かれる内容で毎回聞くだけではなく何回も聞き直してしまうくらいに面白かったのです。

別の文化講演会の番組の中で和歌が時事性をもっているということを俳句との比較の中で歌人の永田和宏さんが言っていました。永田さんのことは以前から存じ上げていたのですが、昨年の2月の段階ですでにコロナを取り上げた和歌が新聞に投稿されていたという話を紹介されていました。
俳句にしても和歌にしても日本ほど一般の方たちが作品を作って楽しむ国はありません。小学生からご高齢の方まで新聞に投稿して楽しむのは言葉の魅力を感じている証拠です。そして歌を詠むということは言葉に託して心を詠み、心の言葉を聞くということに他ならないのです。これはまさに「いま、心に響く歌の力」というタイトルそのものと言えるでしょう。

コロナ禍に注目した場合、三つのアプローチがあるようです。一つは正面からコロナを題材として歌う方法、もう一つは全くタッチしない姿勢、そしてもう一つはコロナとは言わないけれどそれを匂わす表現で歌う方法だそうです。特に三つ目の表現は、ハリーポッターの小説で「決してその人の名を口に出してはいけない人」という言い方で凶悪な魔法使いを表現していたのに通じる姿勢であり、その恐怖度は口にするのが恐ろしいほどの絶対感をもって襲い掛かっている分、私たちはその恐怖の中に取り込まれていることを示している。それくらい深刻な恐怖を表しているといえます。

私たちは新型コロナの出現により様々な問題に気づかされています。国や地方行政の問題、医療現場の問題、飲食業や観光業、小売業といった商業の姿、まさに私たちを取り巻く全ての世界を見直す機会を得ています。そして最も大きく見直すことになったのが、自分自身の姿だったのです。働き方を見直すことになった人も多いことでしょう。家族との関係を考えさせられた人もいるでしょう。それまで当たり前に思っていたものが崩れたとき、私たちは自分自身の中に答えを求めていかなければなりません。それをきちんと出来ないと適当にやり過ごしてしまい決断のできない生き方に流されてゆくことになります。

私たちは誰もが自分の周りの事を全てきちんと認識したり理解したりして生きているわけではありません。むしろそうでない場合のほうが多いかもしれません。しかし自分には責任のない自然災害や疫病、突然に見舞われる犯罪被害などの現実に直面した場合、私たちはその問いと答えを自分の中に探さなければなりません。そうゆう時に文学の力、和歌を詠い俳句を詠むことがどれほど役にたつか計り知れないのです。

私は和歌や俳句を詠むことは全く出来ませんが、文学の力を知っていますし、ラジオから聞こえる講座を聴いて文学の世界に触れる喜びに救われた感覚を楽しむのです。

スポンサーサイト



介護保険 母の利用

お元気ですか?

先日母の介護保険の認定を改めました。今回はそのお話です。

年老いた母と一緒に暮らし始めたのは一昨年の暮れでした。昭和の初めから生きてきた母の年代は子供のころから戦争を背景にした社会、戦後は経済成長という怒涛のような変化の中で生きてきた世代です。そんな母に私が望むことはただ一つ、毎日を健康で楽しく過ごして欲しいということだけです。

昨年の5月に腰を痛めたのをきっかけに介護保険を利用してデイサービスに通うようになりました。家の中だけの生活では刺激が少なく頭も体もどんどん衰えていきます。デイサービスでの軽い運動、入浴、飾り物を作る簡単な手作業をしながら利用者さんたちと会話を楽しむ新しい生活が始まりました。

利用し始めて約1年。先日ケアマネジャーさんから6月に介護保険の更新があると知らされ、医者の診断を受けますかと言われました。そこで、私は6月まで待つことはない、今すぐ介護度の見直しをしようと考えたのです。
実は最近の母の様子を見ていると傾眠傾向が強くなっているのがとても気になっていました。それにデイサービスに通う以外は私たちが一緒でなければ家から出ることも出来ませんし、一緒に買い物に行くときもスーパーなどでは車いすを使わなければなりません。そんな状態なのに母の介護度は要支援2、制度としては予防です。この介護度に私自身反省と不満をもっていました。
一年前の認定の時には、十分な知識も準備もないまま地域包括と病院から紹介されたケアマネジャーの話に沿いながら認定を受けたのですが、その後いろいろなことを考えさせられてきたので、今回の認定では出来ることはきちんとやってみようと計画したのです。

私が最初にしたのは、医者の意見書をどうするのかということでした。ケアマネジャーさんは現状の大学病院の医者で良いのではという考えでした。しかし、私は医大から紹介されて通いだした整形外科の先生にお願いすることにしました。介護保険の認定をするときには医者の意見書が必要になります。市役所の長寿保険課に行って用紙をもらい(ケアマネジャーさんに言ってもらうこともできます)利用者(私の場合は母)本人か家族が書いて医者に提出しながら意見書を依頼するのです。
そしてこの意見書とともに、家族が生活の実態を箇条書きにして医者に持っていくことが大切です。例えば今回私が持っていった紙には・傾眠傾向が強くなっている・デイサービスの車に乗るのに足が上がらず(何センチ上がらないかも記入)介助が必要・買い物のスーパーでは車いすが必要・家族がいないと家では独居になっている、ので要介護1以上の認定を求め、デイサービスの利用を増やしたい書きました。家族を含めた生活の実情、不便、目標をきちんと医者に伝える事が大切なのです。
母と一緒に行った整形外科で私が記入した意見書の依頼書と添付した紙を見ながら医者は診察し赤ペンで記入しながら「介護1以上がもらえるようにしましょう」と言ってくださいました。これには私も非常に心強い思いを持ったのでした。

次に考えたのは訪問調査のことでした。介護保険の認定を申請すると区役所から認定調査の日の連絡がきます。調査の立ち合いは家族と本人が一緒に対応することが大切です。なぜなら本人だけなら自分にとって都合が悪かったり恥ずかしいことはなかなか伝えないからです。例えば規則正しい生活、就寝や食事などはちゃんととっていると言ってしまいますし、トイレの回数や失禁なども実際を伝える事は難しい場合があります。そうゆう場合は本人の尊厳を守りながら正しいことを伝えなければなりません。
この時にも医者に伝えた箇条書きが役に立ちますので同じものを用意して渡すようにします。調査員の人は区役所に戻ってから報告書を書きますが、聞き取ってきたことだけではやはり偏りが出る場合があります。家族からの紙があればそれを参考に書くことが出来るのでより現実に即した報告を書くことが可能になるのです。だからといって高い介護度を得ようと誇張したり嘘を書くことはいけません。案の定、訪問調査の日の母の対応は正直そのものでしたが、私の立場からすれば現実と違うことも多々ありました。ですから調査員を見送りながら実はと家族から見た姿も伝えたのです。

医者の意見書がいつ区役所に出されるのかは家族もケアマネジャーにも分かりません。だいたい1週間ほどでというのが一般的なようです。調査日は家族には連絡が来ますがケアマネジャーさんには行きませんので家族から連絡し可能なら同席をお願いしておくのがよいでしょう。ケアマネジャーさんの立場からどうゆう介護サービスを利用して生活をしてもらいたいという意見を調査員の方に伝える事も出来ます。

こうして二つのやるべきことをやると後は審査を受けるだけです。コンピューターでの評価と審査会による判定が行われるのです。今回母の場合は1月末に医者の診断を受け、2月初に訪問調査を受けました。結果が知らされたのは3週間後でした。
結果は私の希望以上の介護要介護2でした。家族と一緒でなければ家の外に出られないとか車いすの利用などが評価されたのかもしれません。実際のところは分かりませんが、介護度が上がったことに私も母もとても喜びました。

人によっては介護保険を使ってサービスを受ける事に抵抗がある人がいます。他人の世話になりたくないという人もいます。デイサービスの車が家の前に停まるのを嫌う人もいます。人それぞれの考え方です。
しかし私は最初に書いたように母に健康で楽しい日を少しでも多く過ごして欲しいのです。そして介護保険は国民が支払っているのですから利用するのは国民の役割でもあるのです。適正な介護サービスを受けて健康な生活を維持すること、病院に通うのを減らし医療費を抑えること。そう考えると介護保険を正しく使うことは国民の義務でもあると言えるのです。

もう少し考えると、介護保険の使い方を皆で考えていくことがとても大切です。介護保険は20年前から始まった制度でまだまだ模索の段階です。国家予算のうちの11兆円を使っていますが、利用する老人の数は年々増加していますので介護保険の予算は増加してゆくと考えられます。しかし予算が増える目途はありません。そうするとどうゆうことが想像されるかというと、介護の必要な人に必要な介護度の認定を出すことが難しくなってサービスを受ける事が制限される可能性があると考えられます。

ですから、私たち国民は介護保険の制度を正しく理解し利用できるように関心を払うことが必要なのです。包括支援センターや介護サービスを行う事業所、ケアマネージャーさんや介護を行う人達だけではなく私たち一人ひとりが一緒になって介護保険制度を育ててゆかなければならないのです。
今回私が母の介護保険の認定に積極的に関わったのは母の為だけではありませんでした。家族としては母のためが第一でしたが広い意味では社会のため、将来の自分のためだったのです。

ではまた。


テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

腕時計

お元気ですか?

久しぶりに腕時計を買いました。ゼンマイで動く自動巻きの時計です。スマートフォンに時計の機能がすべてあるのですしおしゃれやステータスを誇示するためではないのにどうして腕時計が欲しくなったのか。必要なのか。そんなお話です。

私の腕時計の思い出の最初はくすんだ金色の父の時計でした。金属なのにキャタピラのような構造で伸びるバンドを不思議に思い仕組みを知りたくてよく手にして遊んでいました。当時はまだゼンマイ式の時計が主流で物が動くための動力ということを意識したのも腕時計が最初だったようです。中を見てみたいという気持ちと複雑なんだろうなと想像して怖気づく気もち(開けたらもとに戻せないという気持ち)の拮抗を感じていました。ですから趣味で時計を分解し組み立てなおす人のことをとても感心しています。器用さよりも勇気に。

初めて自分の時計を持ったのは高校入学の時でした。父の会社の社長さんがプレゼントしてくださった物で金色と銀色の同じ時計を父が持ってきてどちらかを選ぶようにと言いました。ユニバーサルというスイスの薄い時計で、竜頭を巻いて動力を得る手巻き式の時計でした。デザインもシンプルで長く私のお気に入りでオーバーホールもし動かなくなってからも引き出しの中にお守りのように置いてありました。
高校生の当時、ブランドとか何も知らず(今も興味はないですが)同級生に「ユニバーサルだ」と言われるまでどうゆうメーカーのものか意識することもなくつけていたのですが、誰かが私のことを気遣ってくださっているという感謝を身に着ける、そうゆう喜びを学んだように思います。
ある時、かかりつけの病院で看護婦さんから「ちょっと時計貸して」と言われましたので腕から外して渡すと彼女は診察室の奥の部屋に持っていき、すぐ戻ってくると「秒針がないんだね」と言って返してくれました。きっと何かを計るために秒のカウントが必要だったのでしょう。時計として役にたたなかったのですが、そのことはかえって私にその時計の価値を高めてくれました。秒針のない時計は私が違う時間を生きていることを気づかせてくれたのです。人にはそれぞれに違う時間があると。

就職した春、私は同行していた上司に時計を買いたいと言い、銀座のセイコーのお店に連れて行ってもらいました。ユニバーサルの時計への思いが強かったので、迷うことなく薄型の時計にしましたが色は金色、革ベルト、四角い顔の時計を選びました。共通点は薄いという点だけです。そして時計には秒針がついていました。
その後もスポーツの時用にストップウオッチ機能のある時計を買ったり、世界時計のついた時計を買ったりと必要に応じて腕時計を購入しますがコレクターではありまんしおしゃれのために買ったりはしませんから、一つの時計を長く使うという使い方が続き、机の引き出しには引退した時計が少しづつ増えていきました。

今回、自分の心に沿うものが欲しいと思いました。電波時計やソーラー時計は機能も優れていますし壊れる心配も少ないのですが、高価ですし、なにより今の私にはしっくりきません。子供の頃に楽しんだゼンマイ式の時計を懐かしく思っていたらネットで見つけます。デザインも私が望むシンプルなものです。硬い革のベルトを少しづつ柔らかくし腕に巻いてみます。久しぶりの時計。精密な機構が小さな腕時計につまっていると思うと職人さんの技術と発想には驚異の思いを抱きます。その不思議な機械が私の右腕にあるのです。なんだがわくわくしてきます。そして職人さんの創造力を思い、あぁこんな素晴らしい仕事をする人がいるんだと思うと、少しばかり元気になってゆくのです。そうゆうちょっと私を応援してくれる時計を身に着けたいと思いました。

実は、いま私は自分の人生の大きな節目にあることを実感しています。父が逝って五年、母に一緒に生活してもらうように呼び新しい生活になりました。それは子供なら経験する節目です。同時に私が長年考えてきたことが大きな潮目となって私の前に現れてきているのを感じています。それを無事検証し実証するのが今の私の仕事です。どうしてもこれを成功させたい。そうすればこれまでの私の人生の意味もこれらの日々も充実した輝きをもって再構築出来ると信じているのです。

そのための小さいけれど大切な仲間、そんな腕時計を今回買ったのです。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

対話 寄り添う心

お元気ですか?

先日NHKのこころの時間という番組を見ました。主に宗教を取り上げることの多い番組ですが、今回は精神科医の森川すいめいさんを紹介していました。
森川さんは池袋でホームレスへのボランティア活動を組織されているのですが、東日本大震災への救援活動を行った際に圧倒的破壊とそこで生きる人へのケアを通じて涙がとまらないくらい無力感を感じた経験をします。
その後、オープンダイアログという治療法に出会います。オープンダイアログというのはフィンランドの病院で開発された対話による治療で、専門家がチームとなり患者さんと共に一緒に対話をする治療法です。

森川さんはフィンランドでの研修で医師として技術、テクニックを学ぼうと思って入ったところ自分の事を話すように求められとまどう経験をします。しかし研修では「自分が分からなければクライアントに寄り添うことが出来ない。苦しんでいる人の側にいられない。」と気付きます。

私たちは精神科医やカウンセラーという専門家でなくても日常的に人と関わります。職場の仕事だったり人間関係だったりする場合もあるでしょう。学校や地域の関係もあります。そういった時についつい自分の経験や知識で対応しようとします。もちろん知識や技術が必要な場面もあります。しかし一番大切なことは寄り添っているというスタンスではないでしょうか。
医者と患者の関係、上司や年長者と部下や同僚、年長者と若い人・・・どうしても私たちは序列をつけてしまいがちです。でも人間は基本的に相手を尊重する心を忘れては信頼関係は結べませんし素直な心で向き合う事はできません。
そして私たちはどうしても技術や経験にたより解決の答えを求めようとします。しかし本来の解決は本人の気付きの中から生まれるものです。どんなに他人が指示したり導いたりしても最終的には本人の本人なのです。ですから人が出来ることは寄り添うことがとても大事なのです。

番組の中で森川さんは誰かの意見に従うという構図がなくなって水平な関係になる。同じ目線で一緒に答えがないよねって、人生に答えがないよねっていうところに留まる。と言います。
私はそれを聞いて菩薩を思い出していました。悟りを開いてなお苦悩する人間に寄り添う菩薩。私たちはどれだけ人に寄り添う事が出来るのでしょうか。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

交通事故

お元気ですか?

成人式の日曜日、京都に出かけるため早朝6時半車で出かけた。まだ薄明かりの町は車も少なく町は目覚めていない。ライトを照らし街道を駅に向かう。登りの坂道にさしかかると中央分離帯に車が乗り上げているのが見えた。反対側の車線だが向きは逆向き、逆走でもしたのだろうか。車の中に人の姿は見えないので処理中なのだろうかと思いながら信号で止まると、後ろから男性が歩いて近づいてきた。私の車は三車線の中央。サイドミラーに映る男性は車道を歩いて来るが足もとがあぶなそうだ。私はハザードを点滅させ車から降りると男性に近づいた。男性の目は少し朦朧としているようだが大きな怪我はないようだ。見ると口の周りに血がついているのできっと中央分離帯に乗り上げた際にハンドルに顔を打ったのだろう。
男性は「乗り上げちゃって」と言いながら近づいて来た。私は「危ないから座って」と分離帯の方を指しながら男性を静止し車の方へ誘導した。

交差点なので少しづつ車が溜まってくる。私の車に続いて止まってた車は立ち去って行った。どうやら男性はまだ警察に連絡していないようだ。私が電話しようと思った矢先、パトカーが近づいて来るのが見えたので手を振り上げて合図をした。パトカーは停まり、助手席から警察官が降りて事故車両に近づく。運転席にいた警察官に、「通りかかったら声をかけられたので、お願いします。」と伝えると頷いて「もういいよ」という顔をするので私は車に戻り離れた。

どうすればああゆう乗り上げ方をするのだろう、と状況を考えるが想像もつかない。坂の上、十字路の交差点。少し下がったところに斜めに道があるがそこから進入するのは道と逆になる。そうすると交差点から入り中央分離帯にぶつかり乗り上げながら車体が逆方向をむいてしまったのだろうか。でも小型の車でスピードを出しそうにもない60代後半ぐらいの男性だ。
事故調査の専門家なら判るのだろう。男性は意識もあるから自損事故で処理されるのだろう。標識を壊したような事も無かったから補償もないだろう。

そんな取り止めもない事を考える。警察車両が何台も続いていたから私が止めたのは中央警察暑からどこかへ向かう車だったのだろう。幸いだった。

ではまた。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google