プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

奈良に行った話・・・の続き

お元気ですか?

当地もすっかり秋になり、先週から毎朝続けているウォーキングもTシャツからジャンパーを着るようになりました。アレルギーのある私にはこの気温の変化はつらく今日は一日鼻水がとまりません。マスクをつけて温かくするのですが体が慣れるまでどうしようもないのです。

さて朝のウォーキングを始めるきっかけとなったのが奈良への小旅行でした。車社会の当地ではスーパーの中を歩くぐらいしかありません。スポーツジムにも行っていますが歩くという事が極端に少ないのです。その結果奈良では歩く力が衰えていることを痛感させられました。

16100821.jpg  16100822.jpg

16100823.jpg  16100824.jpg

16100825.jpg  16100826.jpg

キトラ古墳の後、食事をして法隆寺を見学しますが、駐車場に車を止めて歩くと3時間ぐらい歩きっぱなしです。途中休憩所でお茶をいただいたりもしますが、歩きっぱなし。私でもちょっと疲れを感じるのですから高齢者の方はもっと大変でしょう。若い時に旅行をしたくても仕事もありますからそうそう余裕があるわけでもありません。高齢になっても歩き疲れないトレーニングをするしかないようです。

私の好きな夢殿を見たり、「法隆寺の鐘ってどこにあるのかな」なんてパートナーさんと話しながら歩き見つけ「この鐘どうやってつくのかな」なんて疑問に思いお寺の方に伺うとお堂の中であおむけに寝てつくのだそうです。そんな新しいことを知るのも歩いて見て回ったからです。

さぁ、一週間続いた朝のウォーキング。これからも続けてもっと旅行を楽しめるようにしましょう。
スポンサーサイト

歴史好きのパートナーさん

お元気ですか?

大型の台風が沖縄、九州と来て当地も朝から雨が降っています。久しぶりの日曜日の休み。のんびりするにはいいのですが、最近の雨は思いがけない豪雨になるようですから警戒が必要です。


北陸新幹線開通後の金沢を訪問し観光客の多さに驚いた私たちは帰路どこかに寄ろうと考えます。金沢で大野町の醤油蔵を以前訪ねて買い求めた事があったので駅ビルのお店で買えないかと思ったのですが醤油を扱っているお店がなく残念。道の駅には地元の醤油があるかもしれないと「内灘サンセットパーク」というところに廻りますが、ここの売店は小さくてあまり品数がありません。
気分を切り替えてさあどうしようと思っていると、パートナーさんが「木曽義仲を見に行こう」と突然の提案。どうやら最近平家物語が気になっていたところに、金沢でもらったパンフレットに富山県小矢部市に木曽義仲の銅像があるのが紹介されていて、護国寺があるというのでそちらに向かうことにしました。

パートナーさんのナビゲートで車を走らせると田圃ばかりの田舎道を進みます。私は何処に向かうのかも良くわからないでいたのですが、やがて車は倶利伽羅塾という建物につきます。木曽義仲が落人となった平家を迎え撃った倶利伽羅峠の古戦場を紹介する施設です。ここで休憩しお店の方に古戦場跡への行き方を教えてもらい再出発。
しばらく走ると山の中に倶利伽羅不動寺というお寺が現れました。

1691202.jpg  1691201.jpg

山道を登ったお寺ですが感心することに数組の参拝客がいます。大日如来の化身である不動明王はお不動さんと呼ばれ親しまれていますが、古戦場のある山の中のお寺は力強さを感じます。売店があったので覗くとお婆さんが声をかけてくださったのでお饅頭を頂くことにして床几に腰かけてお茶を飲みながらしばし休憩。
お寺のすぐ近くに古戦場跡があるはずなのですが道路工事をしていて大きく廻らなければならないよう。道も良くわからず通り過ぎたのでそのまま小矢部に向かいます。

ところが小矢部についても護国寺がわかりません。そこで市役所に寄り教えていただくことにしました。

1691204 (2)  1691204 (1)

ようやくたどり着いたという言い方が良いでしょう。市役所で丁寧に教えていただいたのですが、分岐する道に案内は無く旅行客には少し分りにくいです。「木曽義仲と巴御前を大河ドラマに」と市役所の壁に張り出していましたが、もう一工夫が必要なようです。

1691207.jpg  1691210.jpg

それでもパートナーさんは大満足。展示物を見て木曽義仲と平維盛の戦いの様子が生き生きと伝わってくるので私もすっかりタイムスリップ。展示物の中には複製ですが丸木弓などもあり今の弓とはまるで違うので興味が持てます。

それにしても歴史好きなパートナーさん。今までも車で旅行をしながら各地で戦国時代の話を私に披露してくれるので楽しい旅をしてきましたが、今回も大いに活躍してくれました。
倶利伽羅峠で勝利を得た木曽義仲は勢いついて京都に上りますが、後白河法皇に嫌われ最後は悲惨な末路。さての顛末もパートナーさんの解説でいずれ旅することとしましょう。

ではまた。




金沢逍遥

お元気ですか?

先週金沢に出かけてきました。北陸新幹線が開通して一気に観光客が押し寄せ、近江町市場が人であふれているとかホテルが値上がりして宿が取れないなどの情報を耳にしながら、少し心配しての訪問です。主目的は弓道の用事なのですが、久しぶりの金沢ですから町の様子も少し見てみたいと思います。

お昼に知り合いのお店についてランチをいただきます。東京時代吉祥寺でさんざん我儘をさせていただいたフレンチレストランが金沢に越して10年。お店には10周年記念を知らせる手作りポスターが貼られています。厳しいレストラン業界の中で頑張っているシェフと奥様の姿、何組もの客様がランチを召し上がっているのを拝見し心から安心します。シェフと吉祥寺の街が変わった話をしますが、今も情報に通じているのを知り感心します。

ちょうど近海での底引き網漁が解禁になったというのでカレイをメインにいただくことにしました。

169172 (2)  IMG_1245.jpg

生ハムやイカ、ひよこ豆をあしらった前菜とカレイ。

169172 (1)  IMG_1249.jpg

ミネストローネは昨夜飲み過ぎていた私にはお腹に優しく、デザートをいただいてお仕舞。ランチですからこのぐらいでちょうどよいです。

IMG_1246.jpg

吉祥寺ではオシャレなフレンチレストランでいつも予約で満員でしたが、金沢では一階にデり、二階にお食事スペースを設けています。洋風総菜を並べたデりは人気なようでお年を召したご婦人がご自宅用にお求めになります。前回は無かったと思いますが、階段を上がるのが辛いお年寄りのために一階にも小さなテーブル席が用意されていました。

ゆっくり食事をした後は道場に向かいます。車の中から町の様子を見ると確かに地図やパンフレットを持って歩いている観光客がものすごいですね。金沢城の橋の上も人だかり、道路には観光バスが路上駐車しています。金沢はこじんまりとした街で観光にはとても便利なところですが、あまり人が多いと風情を楽しむ事が出来ないかもしれません。

夜、お寿司屋さんに行こうと思っていましたが人の多さにちょっと疲れたのでホテルでお弁当をいただきます。新装された駅ビルのお土産売り場を歩き、お弁当と日本酒、そしてデザートも買って準備万端。

1691213 (1)   1691213 (2)

1691216.jpg   1691217.jpg

お弁当はご飯は一緒ですが、おかずはすべて違いパートナーさんと覗きあいながらいただきました。そしてデザートは私の大好きなきんつば。

1691209.jpg

金沢は和菓子の街ですから美味しいお菓子がいっぱいなのですが、駅ビルに並んだお菓子屋さんのどの店にもきんつばがあって目移りしてしまいます。今回は無難に中田屋さんのきんつばです。

1691211.jpg

1691214.jpg  1691215.jpg

翌朝、ホテルで朝ごはんをいただき、金沢漁港に向かいます。私の旅は魚市場をめぐるのが恒例、まして前日底引き網が解禁になったと聞いたのでこれは是非行きたいと。
漁港では水揚げされたばかりのブリが秤にかけられて箱詰めされてゆきます。働く男たちの声が響く市場。

隣の魚屋さんの入るビルで地元の海老とイカを買って家に帰ってからの夕ご飯の準備をして金沢を離れます。逍遥というにはあまりにも簡単ですが、久しぶりの金沢を楽しんだ私たち。パートナーさんはなにやら次の目的地を見つけたようです。
そのお話は次回に。

ではまた。






吉祥寺逍遥

お元気ですか?

暑い夏を迎えて皆さまいかがお過ごしでしょうか。私は元気です。(小学生の手紙みたい・・・)
週末、吉祥寺に出かけてきました。20年住み慣れた町ですがここしばらく帰っていませんでした。ホテルで朝ごはんを食べ荷物を預けて散歩に出かけます。

まずは井之頭公園からスタートです。
16080601.jpg  

お茶事に使う水を汲んだという井之頭公園の水は今もきれいなのでしょうか。
数年前から池の水を抜いて底から綺麗にするという「かいぼり」のプロジェクト。池の中からは自転車が沢山出てきたり、外来種の生き物を採取して駆除したりとなかなかすごいことになりました。水を張り戻した今も沢山の人により綺麗な井之頭公園を育ててゆくプロジェクトは進んでいます。

16080602.jpg  16080603.jpg

井之頭公園をお散歩したら弁天様にお参りしなければいけません。ないがしろにすると嫉妬されて何が起こるか・・・。うっかりデートコースに選んだばかりに悲惨な結末を迎えたカップルは星の数ほど。私?遠い昔に記憶を置いてきました。

16080604.jpg  16080605.jpg

次のボートの写真は私の好きな絵の一つで、昔も似た絵を撮りました。
欄干は新しくなりましたが、池を見渡す風景はそんなに変わっていません。
水辺の欄干に腰かけてリコーダーを吹いていたらボートに乗ったカップルが近寄ってきて「その曲なんですか?」って訊かれたこともありました。アランフェス協奏曲を吹いていたんです。

16080606.jpg  16080607.jpg  16080608.jpg

公園を離れて吉祥寺の街へ。三枡の寿司屋は今も健在です。若いころ何回か行って板長さんとの会話を楽しみながらお腹いっぱい食べましたっけ。パートナーさんは会社使いもしたそうで、内緒の思い出もあるのかも。
駅ビルはロンロンからアトレに変わってしまって早何年。
私たちが買っていたシャツ工房さんは健在。店長さんは元気かな?もう変わられたかな?お店のオープン前だったので挨拶ができませんでした。

16080609.jpg  16080610.jpg  16080611.jpg

BOOK off で本を探しますが東京価格なのか文庫本も高い値札が貼られています。東急デパートに入り食器売り場や洋品売り場を見ながら上の食堂フロアーに松屋の蕎麦屋さんは入っていましたが、イタリアンのサバティーニは撤退していました。その昔、パートナーさんが一人でランチに入り、ワインを飲みながら食事を楽しんでいたらフロアのボーイさんに「ワインのお替りはいかがですか」と言われ「自制したんだよ」と笑ったお店です。

さて、そろそろお昼時間です。吉祥寺で私たちのお友達、ドス・ガトスに伺うことにしましょう。

テーマ : お出かけ日記
ジャンル : 日記

函館の夏休み 3 ドライブ

お元気ですか?

函館の話題3日目です。今回の函館のメインイベントである父の一周忌法要を無事済ませた翌日、レンタカーを借りてドライブをしました。最近函館に来るとレンタカーを借ります。遊びのためではなく家の用事のためなのですが、今回は法事の送迎に借りたのに加えドライブを楽しみたいと思ったのです。トヨタレンタカーでスポーツカーの86を借りて・・・と思っていたのですが、あいにく同じ日に別の人が借りていてパッソになってしまいました。大沼でカヌーで遊ぼうと思っていましたが、雨が強いのでこちらも断念。でも私はめげません。函館周辺にはドライブをしながら楽しめる場所が沢山あるのです。

167271.jpg  167272.jpg

函館から1時間ほど、大沼の近く軍川(いくさがわと読みます)の地に牧場が点在しています。その一軒山田農場チーズ工房に向かいます。山田農場チーズ工房は小さな牧場でチーズ作りを専門にしています。経営しているご夫婦は北海道のチーズでは有名な共働学舎でチーズ造りと酪農を学び、自分達の夢を大きく抱えて軍川の地にいらしたのです。共働学舎のチーズは当地でもワインブティックパニエで買うことが出来ます。でも山田農場のチーズはNO。私たちは仲良くしていただいているレストラン唐草館で食べさせていただき、応援したい気持ちもあって是非一度訪ねてみたいと思っていたのです。

レンタカーパッソは大沼公園を目指し、大沼駅の交差点を東に、そして山の中に進んでいきます。カーナビに住所を入力しても道らしいものは表示されません。途中ミルクロードという道標があり酪農家が何軒か点在しているのですが山田農場は見当たりません。北海道に限らず田舎の農場の様子に慣れていなければ心細く不安になるところですが、私たちはそれさえも楽しみながらパッソを走らせます。そして86が予約できなくて良かったと思うのです。せっかくのスポーツカーで舗装されていない山道に入るのは申訳ありませんし、あいにくの雨です。次回は晴れた大きな青空の下で86を走らせてみましょう。
そんなことを思いながら山道を登り沢を超えてようやく山田農場の看板が見えてきました。道脇の案内に従い車を停め、坂を上ったところに家があります。ブログで見た通りの手造りの家です。木のドアを開けるとご主人とお客様が話をしています。小さな壁の棚にワインが数本、パスタやオリーブオイルなども並んでいますが、どうゆう人がここまで買いに来るのだろうと思ってしまいます。電話をしていた者だと伝えると奥様がいらして対応をしてくださいました。小さな男の子がおもちゃの空気銃を手にじゃれてきますので一緒に遊びます。チーズはヤギの乳で作られていますが搾乳の量によってつくられるものも日々変わるようで、この日はソフトタイプが無く、「熟成」というのがあるということ。でも話をしているうちに青かびが表面についた「あお」というのがあるというので、その二種類をいただき、記念にチーズナイフも買ってきました。

1683.jpg

ミモレットの上に写っているのが「あお」とチーズナイフです。志をもってチーズ造りをされている山田農場さん、これからも応援していきたいです。

ドライブを続けます。次の目的地は函館市縄文文化交流センター。ここは素晴らしい施設で、国宝の中空土偶をはじめ、謎の多い足形土器や世界最古と考えられる漆の遺跡などの紹介があって、遺跡好きなら見逃せない施設です。私は3年前に知りその後パートナーさんと一度訪れたことがあるのですが、パートナーさんがもう一度行きたいと言います。なぜかパートナーさんも遺跡好きなのです。

167274.jpg  167273.jpg

そしてここで私はようやくソフトクリームを食べることを得ます。北海道の美味しいソフトクリームを食べたいと思いながらかなわずにいたのですが、函館市縄文文化交流センターの売店に縄文人も食べていたクルミをトッピングしたソフトクリームがあります。コーンもよく見ると縄文文様をあしらっていて微笑ましいソフトクリーム。味は美味しくお値段も安いのでお勧めです。是非お楽しみください。

さて、お昼ご飯をどこにしようかと思います。親切なことに食事処の案内が売店のイーゼルに乗せられていますのでにらめっこをすると「HOT STATION 珈夢」という喫茶店があるようです。あとはお寿司屋さんが数件あるばかりですので、喫茶店で軽いものがいいと思い行くことにしました。お寿司屋さんに入ればどうしても一杯やりたくなるからです。売店の女性に道を聞いてお店に向かいます。珈夢のブログというのがありますが、お店の様子は「函館の飲み食い日記」というブログの方が詳しくわかりやすいのでご紹介しておきます。

167275.jpg

お店にはマッキントッシュのアンプとJBLのスピーカーが存在感を示しています。オーディオ好きのマスターのお店なので、感心しているとマスターが「リクエストがあれば言ってください」と言われますので、私が「ジャズのボーカルを」とリクエスト。次々とかけていただき楽しみます。

その間にいただいた食事はピザと昆布を練りこんだ蕎麦。どちらも美味しくいただきました。それとご主人が入れた珈琲はとても優しい味の美味しい珈琲でした。ごちそうさま。

167277 (2)  167277 (1)

南かやべの漁港のすぐそばにこんな立派な装置を構えて音楽を楽しめる喫茶店があるなんて、巡り合えなければ知りえません。その意味では今回のドライブのみっけもんかもしれません。ライブ演奏などもやって地域で愛されているお店のようですから珈夢さんにはこれからも頑張ってほしいです。

さて、ドライブは恵山を回って函館に戻る予定ですが、雨も強くなってきました。恵山の道の駅に寄ってみましたが、とりたてて欲しいものもありません。一人、二人お客さんが寄るだけです。
戸井漁港を回って帰りましょう。ここは以前訪れたことのある処で、大間のまぐろが青森側では有名ですが、函館側では戸井のまぐろです。まぐろを入れる箱の写真を撮って東京の寿司屋さんに紹介したことを思い出します。

鹿部か恵山で温泉に入ろうと思っていましたが、雨のせいもあり帰路につきます。パートナーさんは函館に戻って谷地頭温泉でいいと言いますのでそう決め、湯の川を経由して谷地頭温泉へ。鉄分の多い真っ赤な温泉で体を休めて家に帰りましょう。

いかがでしょう。特に観光地を回ったわけではありませんが、山田農場のご夫婦や珈夢のご夫婦に会えた楽しいドライブとなりました。皆さんも函館にお越しの際は是非レンタカーで自由に走り素敵な出会いをお楽しみください。

ではまた。






テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google