FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

歌劇「奴奈川姫」(その2)

お元気ですか?

昨日の7日、糸魚川市で行われた歌劇「奴奈川姫」を観てきました。

nuna2

プログラムの表紙に見える、出演者の多くが市民のみなさん。
2004年にオリジナル作品として上演したときは、
県の里創プラン事業の一つとして行われたのですが、
今回は市民の皆さんが、1回限りで終わらせるのはもったいない・・・と
実行委員会を立ち上げ、準備を重ねてきただけに、
熱の入りようは素晴らしいものがあります。

舞台や衣装は市民の手作り、手弁当による作業です。
企業から協賛金を集め、チケットの販売、サポーターズ募金・・・
自分達のアイデアで公演を実施し成功させたい



手弁当企画ですから、市民会館入口のたて看板も地味です・・・



入口の植え込みには皇太子妃のお爺様、小和田毅夫さんの名前が見られます。

私が会場についた、午後1時には既にロビーは開場を待つ観客で
長蛇の列
寒い屋外に並ぶのを見かねて、係りの人が詰めあうように誘導しています。
お年寄りには椅子を出したりもしています。
なんと、早い方は10時ぐらいからやってきて並び始めていたそうです。

予定時間の1時半には席への案内が始まりましたが、
ロビーや客席はさながら街の社交場になって、アットホームな雰囲気

さて、「奴奈川姫」のお話は、
武力で覇権を争う出雲の国、大和の国、その中でひたすらに平和を祈り
「ヒスイの声に耳をすませ」と訴える越の国の奴奈川姫・・・
時代性を持ったテーマが神話の舞台を現代につなげています。

奴奈川姫や大国主、須勢理姫を演じるプロの方もいいのですが、
市民の皆さんが、皆素晴らしい
もちろん、素人ですから技術的な問題はあります。
でも、よくここまで練習したな~って心底感心し感動する歌と動きです。
ちゃんと、舞台作品として通用するレベルの演技が出来ています。
やぁ~、驚きました。

ただ、楽曲はちょっと難しい…
いくつか、主題となる曲もあって、それはそれで耳に残るのですが、
さて、舞台を見た人が口づさんで帰れるかな?

カルメンなら“ハバネラ”、椿姫なら“乾杯の歌”、トスカなら“星はきらめき”って
すぐ口づさめる歌ってありますよね。
子供でも歌える旋律、ってとても大切。

まして、何回も繰り返して公演の出来ない歌劇です。
家で歌ったり学校の授業で歌ったり出来る分りやすい歌が欲しかったな。
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google