FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

コメントの書き方

お元気ですか?

前回、ご訪問いただいたブログさんをきっかけにして
リンクをさせていただいた喜びをお伝えしました。

ついでといってはなんですが、
ブログを始めてから、ず~っと気になっていることを
今日は白状いたします…笑ってくださいね。

「コメントの書き方」についてなんです。

BさんがAさんのブログを拝見してAさんのブログにコメントを書く…
Aさんが、そのコメントにお返事を書くとき、
自分のブログの中でお返事を書くのが一般的なようですね。

私は、これが苦手です。

なぜって?
これは、お返事(お礼)が伝わる為に、またBさんに来てもらうことを前提にしています。
もし、再度来ていただけなかったらAさんのお礼はBさんに伝わりませんよね。
これって、礼儀に反することではないでしょうか???
普段の生活でも、お礼をするのに、相手を呼びつけることは無いです。
パーティーを開いて・・・っていうなら別ですが。

そう思っていましたから、
皆さんからコメントをいただきますと、私はその方のブログにお邪魔して
お礼を申し上げるようにしていました・・・
そのほうが、私には理にかなった事のように思えているからなんです。
(もちろん、Bさんがブログを開いていない場合、
Aさんは自分のブログにお返事を書くしかないのでしょうが・・・)

でも、AさんとBさんとの間ではコメントの役割は完結しているんですけど、
Aさんのブログを見ているCさんには、
BさんのコメントにAさんがどう応えているかが分りません…

CさんがBさんのブログに伺って、Aさんのお返事を読むことはできます。
でも不自然ですね。

そう考えてゆくと、
コメントの場所って、コミュニケーションの場所であると同時に、
三者のCさん、もしくは見るだけの誰かを意識した場所でもあることになりますね。
BさんとAさんのやり取りを見たCさんが参加してくることもあって…

ブログの記事が第1ステージとすると、
コメントの場所は観客が参加する第2ステージってことかな?…
とすると、コラボレーションとか、コンチェルト…

私が、当初考えていたお返事やお礼とは違う姿があるんですね。

でも、でもでも…
初めて訪れていただいた方には、こちらからもお伺いして
お礼を伝えるのがやっぱり気持いいな。

なんか、くだくだ書いちゃったけど…
「コメントの書き方」にちょっと戸惑う不器用な杣人です。

ご勘弁のほどを
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google