FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

旅の思い出…ヨーロッパ編1-1

お元気ですか?

今日は、昔々のお話。
でも、もしかしたらつい昨日のことかもしれません。
時の流れは人によって違うもの… これは私の中で留まった時間なのです。

**************

旅の思い出…ヨーロッパ編1-1

その日、私はギリシャに向かうためにウィーン西駅にいました。
予定を順調に終え、夕方に出る列車に乗るためです。

駅で時刻表と列車の入るホームの番号を確認し、
トラブルの無い事を確かめると、駅の周囲にある町に出ます。
手持ちのオーストリアシリングは残り少なくなっていましたが、
これから乗る列車やギリシャでは使えませんから、
可能な限り使ってしまおうと、スーパーに入りました。

まだ、ユーロも無い時代です。クレジットカードも使えません。

私は外国での旅行で必ずやる事が二つあります。
市場やスーパーに行って、その町の物価を確認すること。
そして、国を離れる時にその国の通貨を可能な限り使い果たすのです。

今回もスーパーに寄って、食料品を買い込むことにしました。
なんたって、これから乗る列車内で2泊する予定ですし、
通過するのはハンガリーとユーゴスラビアです。
とても両替する気にはなれません。

駅から200mも離れていない処にある閉店間際のスーパーで
パンとソーセージ、水などを買い込むと、手持ちのお金は100円を切るほどしか
残りませんでした。我ながら上手な買い物です。
でも、買った食糧で明後日の朝までもたせなければなりません
ちょっと心配ですが、節約しながら、我慢我慢…

駅に戻り、閑散としたホームでスイス人の音楽家夫婦と列車を待ちます。
夏というのに夜の空気は冷たく青白い蛍光灯が旅愁を誘います。
ご夫婦は別の列車でイタリアへ向かうそうです。

案内も無く入ってきた列車のプレートを確認し、乗り込みます。
出発は18:05ですが全くと言っていいほどホームに人がいません。
この列車にしても、私の他に人の姿が見当たらないくらい。
駅舎の待合室にいた人たちはどの列車に乗るんだろう…

夜行列車ですが、寝台は連結していないのでコンパートメント。
6人部屋です。
どんな人たちと相部屋になることやら…

このお話・・・続きます。



スポンサーサイト



テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google