FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

はぁ~るばる来たぜ!

お元気ですか?

今日はいま話題のTVCMで遊んでしまいましょう!
お昼のワイド番組や全国ニュースでも取り上げられた、
「はこだてCM放送局」

函館滅亡!?タワーロボVSイカール星人  です。



パートナーさんが、MSNで見つけて
「こんなのあるよ」って2人で見ていたら、
タイミングよく、翌日のお昼のニュースで紹介されて驚いちゃいました。
私の函館仲間もみーんな見てます

シリーズや他のCMもあります。
「はこだてCM放送局」のサイトでお楽しみください。


函館人って身近なところで遊ぶの大好きです。
普通のジョークののりで本当にやっちゃうところがいいですね。
屈託が無いというか、おおらかというか… えっ?のうてんきなんでしょうか

小学生の頃、国語の教科書に載っていたエッセーで
四国の道後温泉の話がありました。

主人公が温泉に入っていると、同じ湯につかっている人が話しかけてきて、
「四国はお遍路さんがいるから、旅の人に優しいんだ」
という話をします。

私は、そのエッセーを読んでいっぺんに四国が大好きになり、
“あぁ、道後温泉に行って、地元の人と会ってみたいな”そう思ったのです。
後に漱石の『坊ちゃん』を読み、道後温泉への思いはさらに増します。

実は函館も同じ。旅の人に優しい土地です。
今みたいに飛行機で札幌や釧路、女満別などに来られるようになる前は、
北海道に渡るためには必ず連絡船で函館に入らなければなりませんでした。

観光客、仕事で来る人、中には生活の場を求めて来た入植者もいた事でしょう。
そして、北海道を満喫して帰る人、夢破れて離れて行く人…
いろんな人を函館の人は見てきたのです。

北海道には、余所者はいません。
先住民族・アイヌの人たちとの関係は置いておくとして、
いうなれば、みんな他所から来た人たちです。
仲良くしなければ、厳しい季節を乗り越えて生きてゆくことなど出来ないのです。
だから、遊ぶときはみんなで一緒

以前ご紹介した 大沼の雪祭り も イカール星人のCM も、
根っこには、「みんなで一緒に面白がってしまおう」 
という函館人気質のようなものがあるように思うのは
私の思い入れのせいだけでは無いと思います。

函館の夏のお祭り「港まつり」で踊られている、
いか踊りは、やはり飲み屋での他愛もないお喋りから生まれています。
(こちらも映像をお楽しみください)

そんな愉快な一面を持つ函館。
貴方も迎撃(おむかえ)されてみてはいかがですか?
不肖ながら、私が中空土偶と一緒に
隅々までご案内いたしますよ。
スポンサーサイト



テーマ : 道南・函館
ジャンル : 地域情報

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google