FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

満光寺の山門

お元気ですか?

インフルエンザのニュースが連日伝えられていますが、
金融危機といいインフルエンザといい、世界は小さくなっているんですね。

先日の3日、愛知県新城市の長篠の弓道大会に出かけましたが
その道すがら、以前から訪ねてみたかったお寺に寄ることが出来ました。

曹洞宗 青龍山 満光寺です。

お寺は小さな道の駅の裏手に目立つことなく建っていて、
気をつけていなければ分からないくらいです。
お寺の門の前に道の駅を建ててしまうなんて、
ちょっとお寺に失礼じゃない!って思うのですが、
地元の方はなんとも思っていないのかな?




満光寺は貞観二年(860年)、平安時代に天台宗のお寺として建てられますが、
室町時代・戦国時代には戦火に焼かれてしまい、
天文元年(1532年)に曹洞宗のお寺として再建されます。
その後、天明二年(1782年)にも火災により焼け
宝永四年(1707年)に建てられた山門(写真)だけが残りました。
明治になり政府の廃仏毀釈政策で廃寺になりそうにもなりますが、
かろうじてこれを免れ今に伝えられています。

なぜ、こんな小さなお寺を訪ねたかったのか・・・

実はこのお寺、徳川家康を救ったお寺なんです。

まだ徳川家康が若い頃、武田信玄との戦いに敗走し、
一夜の宿をこの満光寺に求めたことがあります。
家康は住職に言います。
「故あって、早朝早く発たねばならないので、一番鶏が鳴いたら起こしてくれ」と
ところがその夜中、朝もまだなのに寺の鶏が鳴き、
住職は不思議に思いながらも家康を起こします。
家康らは住職に礼を言って出立しますが
そのすぐ後、武田の討伐隊が満光寺を取り囲みます。
間一髪、家康は危機を脱したのです。

後、家康は寺領3万石を与え、
慶安二年(1649年)、三代将軍家光により寺領20万石が与えられたといいます。
「山の吉田の満光寺さまの とりとなりたや にわとりに」 
と唄い継がれているそうです。

どうです?歴史にもしもは無いのですが
鶏が鳴かなかったら、その後の徳川時代は無かった。
という、とっても大切なお寺なんです。

歴史の教科書などには取り上げられないこうゆう話が、
地域にあるっていうのはとっても素敵。
生き生きとした歴史を感じ、興味も湧きますね。

TVやインターネット、飛行機や自動車・・・と世界はどんどん小さくなっています。
でも、私たちの生活しているすぐ目の前に
大きな歴史の世界が広がっている・・・

そんな歴史を発見しに、お散歩してみませんか?

スポンサーサイト



テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google