FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

ソープ オペラ

お元気ですか?

昨日は寒かったですね。
お邪魔しているブログさんでも新雪の話題が伝えられています。

シミ・そばかす対策で美白化粧品のサンプルを色々試したパートナーさん。
お気に入りの組み合わせが決まって落ち着いたようで、
次のステップに興味の対象が移ってきました。

こちらは、もっと基礎。 洗顔石鹸です。
どんなにコンディショナーやホワイトニングクリームを使ったって、
洗顔がちゃんとできていなければ、何やってんの?ですよね。

テレビの通販番組ではサプリメントと並んで洗顔石鹸が大賑わい。
よく目にするのは、真矢みきさんが宣伝しいる 悠香 茶のしずく でしょうか。
パートナーさんも、興味津々で、ネットで口コミを読んでいます。

「ねぇ、お茶の匂いがちょっと残るって言っているよ?」
「そのぐらいいいんじゃなにの? 此処だってお茶どころだし・・・」 なんて会話をしながら・・・

茶のしずく が気になりだしてから既に半年ぐらい、
途中ホワイトニングを優先していた間に、いろんな石鹸が目に留まるようになりました。

「へぇ、火山灰を成分にした石鹸があるよ」 って
「なんだか、軽石で顔をこするような感じ?」
「スクラブ洗顔の効果があるのかな?」

ということで、今回注文したのは
長寿の里 「つかってみんしゃいよか石けん」   



3日ほどで宅配便のお兄さんが持ってきてくれました。

soap02.jpg  soap04.jpg

容器に練りこまれた石鹸を指先にとります。
パートナーさん、ちょっと控えめに小さくとっています。ケチ?いえいえ違います。

sope 014  sope 016

泡立てが簡単に出来るという付属のネットをつかって・・・
ね、石鹸の量が少なかったのか、泡はCMほどではありませんが、
顔を洗うのには十分の量です。
水を数滴たして、再度泡立てると写真の泡の倍以上が出来ました。

泡をつけたパートナーさんの顔はご紹介できませんが、
顔を覆った泡をこすらないようにして洗顔。 美人になぁ~れ って。

「使用感はどうお?」 
「あのね、石鹸の泡が肌に吸い付くようで気持ちいいよ」「貴方も試してみて」 ですって。

洗い流しもさっぱりして、使いやすそうです。

soap08.jpg  ショコラ・ド・バーン

パートナーさん。ネットをみながら、
「こんなのもあっるよ、へぇ人気№1だって」 なんて喜んでいます。
chocolat de bain ショコラ・ド・バーン」 っていう石鹸。
bain ってお風呂のことですね。

チョコレート好きの私をちょっと刺激するパートナーさんの一言に
「一緒に注文しちゃえば・・・」 って思わず言ってしまいました。
ショコラ・ド・バーン
 は、植物オイルをベースに敏感肌にもOKとうたっています。

さてさて、2人して石鹸やホワイトニングで遊んでいるこの頃。

アメリカのTVで軽いホームドラマの事を、ソープオペラ soap opera と言います。
お昼時間の主婦向けのドラマで、P&Gなどの企業がCM提供していたことから
付いた呼び名ですが、TVで活躍してから映画に移ってくる俳優さんも多くいます。

昔のアメリカのホームドラマは明るくて、楽しかったなぁ。
兄弟がいて、お父さんとお母さんがいて、時々おじいちゃんやおばあちゃんが遊びに来て・・・
なんて、思い出してしまいます。

さぁ、私もパートナーさんのご指南をいただきながら、
よか石けん で顔を洗って気分転換でもしてきましょう。

それにしても今回注文した石けん。茶のしずく もあわせて
みんな九州のメーカーさんです。
きっと、九州の方は美人さんばかりなんでしょうね。

会いたいなぁ~、ね、きゅうぞうさん!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 
スポンサーサイト



テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google