FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

生き物のお話

お元気ですか?

GWは天候にも恵まれて各地の行楽の様子がTVから流れてきます。
潮干狩りで両手にあさりを抱える子供、親子で体験地引網をして魚をもらう子供。
田植え前の泥んこの中を皆で駆け回っている子供。
子供は楽しむことに一生懸命ですね。

時々お邪魔している びぃまま様の「の~んびり びぃと庵」というブログで
「あ~大自然!」と題して分蜂の話を紹介していました。
4月中旬から7月ぐらいにかけて見られる蜜蜂の巣作りですね。

びぃママ様、「虫のダメな方はご遠慮くださいね!」って書かれています。
実は私も虫は大の苦手。ちょっとぞくっとしながら読み進みます。

私は虫に限らず、動物も苦手です。
嫌いとは言いませんが、観たり触れたりするのに興味が持てませんし可能な限りご遠慮したい。
昆虫博物館や動物園などはロバのように抵抗してしまいます。

そんな私にも、子供の頃におたまじゃくしを飼って足や手が出てくるのを観たり、
ゲンゴロウやヤゴを捕まえては瓶にいれて呼吸するのを覗いてみたりしていた時がありました。
でも、あるとき気ついたのです。
生き物を飼うのが下手だということに。

下手な人間が生き物を飼うのは飼われる生き物にとっても不幸なことです。

社会人になって独り暮らしの頃、小さなミドリカメを飼ったことがあります。
水槽に砂利を敷き、水を張って餌をやり、それはそれは可愛がったのです。
餌をやると首を伸ばしてやってくるしぐさが可愛い・・・
泳いでは水の中から首を出したり、鼻からぷくって空気を漏らすのが可愛い・・・
飼い主の充足感に満たされていました。  束の間。

そう、束の間の幸せだったのです。

ある日のことです。
水槽の水を換えながら私は「少し温度をあげてやったら喜ぶだろうな」と思い
薬缶のお湯を水槽にすこしづつ注ぎ入れました。
熱帯にもいるミドリガメです。温かいのは好きなはず…
もちろん、指を入れ温度をみながら…

皆さまにはおわかりでしょう。何が起こったのかが。
でも、下手な私にはわかっていませんでした。親切があだになるという事が…
そう、ミドリガメは手足をバタつかせる暇もなく、ピンと伸ばして茹であがってしまったのです。

あぁ、なんということでしょう。私は残酷な殺人者になってしまいました。

以前、動物愛護団体がイギリスにある日本料理店を告訴したことがあります。
告訴理由は“すっぽんを生きたまま茹でるのが動物虐待にあたる”というものです。

なんという破廉恥な告訴理由でしょう。
でも、私にはその動物愛護団体を断じる資格がありません。
自分の飼っていた愛するミドリガメを釜ゆでの刑に処してしまったのです。
この時が初めてでした。
クリスチャンでもない私が「神よお許しください」と天を仰いだのは。    それっ限りですけど。



かように、生き物と相性の悪い私。自分で飼う事は諦めています。
それが、どんなに可愛いテリアだろうが、タマゴ遊びの好きな美人のトイプードルだろうが
ぐっと気持ちを抑えて、隣の芝生とこらえています。



ところで、今日のお話。
こんな話になるはずではなかったのです。
図らずも噴出した、私の告解?
生き物どころか、ブログを書くのも苦手のようです。


取り留めのない話とお笑いいただき、失礼することといたしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

スポンサーサイト



テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google