プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

あらえびす

お元気ですか?

暑い週末になりました。
熱中症になるまいと、水分をとり、少し湿らせたタオルで首筋を拭いたりして
過ごしています。

皆さまもどうぞお気を付けください。

夕方、少しは涼しくなったころを見計らってBook Off に出かけてみました。
なにかあればめっけものです。

東直己さんの本か、井上ひさしさんの『国語元年』でもないかな? って
棚を探します。

『名曲決定盤』(上)あらえびす(中公文庫) が目にとまりました。
100円の棚です。
どうしようかなと思います。下巻もそろっているのなら良いのですが・・・

「上巻だけでも買ったら。古本屋さんなんだから…」とパートナーさんの声に背中を押されました。

あらえびす ご存じの方もいらっしゃるでしょう。

別のペンネームを野村胡堂といい、『銭形平次捕物控』の作者です。
野村胡堂あらえびすの名前をご存じない方でも、銭形平次は知っていますよね。

野村胡堂は銭形平次など作家活動をするときの名前で
あらえびすは音楽評論をするときの名前です。

だから、今回私が買った『名曲決定盤』あらえびすの名前なんです。
そう思いながら、奥付を見たら、野村長一と本名が書かれていました。

この野村胡堂さん。私は全く面識はありません。
当然です。昭和初期から銭形平次を27年間書き続け、昭和38年に亡くなられています。

でも、忘れられない不思議な思い出があるんです。

私は北海道に住んでいた中学生、高校生の頃から、
1人でふらっと旅に出るのが好きでした。
大抵は、父の実家で私も我が家同然にしていた新潟の家に行き、東京で神田の古本屋を周り、
上野駅から夜行に乗って帰って来るというのが多かったのですが、
まぁ、若者のエネルギーの発散のようなものですね。

そんな一人旅の時に、必ず寄るお店がありました。
吉祥寺のクラシック専門店 DISK INN No.3 です。
音楽、レコード愛好家のサロンのような雰囲気のお店で、
当時は木造三階建て。ちょっときしんだドアを開けると、
カウベルのカランカランという音が控え目に客が来たことを知らせますが
お客さんも店員も素知らぬ顔で自分の事をしています。

では、店員さんは無愛想で不親切かというと大間違い。 

「こんなレコード探しているんですが…」とか
「こんなフレーズなんですが…」と口ずさもうものなら、
それこそ何枚もレコードを取り出し、試聴をさせてくださいます。
お客さんも、「ああ、この指揮者はいいよ」とか「輸入盤のほうが音は良いよ」
なんて一緒になって選んでくださいます。

そんなお客さんの中に、Gさんと言う方がいらっしゃいました。
親しくレコード談義をしたり、お店のレコードをごそごそした後で
休憩に入った店員さんと一緒にお昼御飯にでかけたり、というお仲間です。

Gさん。音楽業界も一目置くレコード収集家です。
なにせ、音楽関係のプロの方がレコードを探しにお宅にお邪魔するほど。
私も、多くのことを教えていただきました。

そしてこのGさんこそ、野村胡堂ことあらえびすさんから、
唯1人、自由にあらえびすさんの収集したレコードをかけて聴いていいと
お許しを得た子供だったのです。
もちろん、当時のレコードは手回しのSP盤です。

あまりご自身のことは語らないGさんですが、
時々会話の中にあらえびすの家で、1人棚から好きなレコードを出して
聴いている姿が見えます。
Gさんの記憶の宝物。 その一コマを覗かせて頂いた私たちです。

そんなあらえびすさん。
私が大変お世話になった方のお話にも登場してびっくりした事があります。

以前もこのブログで登場した事があるのですが、
私の実業での親代わりのような大先輩Sさん。
いくつかの会社を経営し、後進への指導も厳しかった方です。

ある時期、私はSさんのご自宅に年に何回かお邪魔し、仕事の様子の報告をしながら、
色々な経験をお聞かせいただいていました。

そんなお話の中、若い頃の新聞社でのアルバイトの話が出てきました。
どんな内容の仕事だったかは忘れましたが、
Sさんの机の向こうに、ガラス張りの個室があって野村胡堂が原稿を書いていた
というのです。
天下の野村胡堂と同じ新聞社、同じフロアで仕事をしていたことを
懐かしく話してくださったSさん。

私は、「実は、私の知り合いに野村胡堂の弟子がいまして…」 と
レコード店での交友をお話すると、
Sさんは驚きながらも懐かしい目をして嬉しそう。
「いつか、Gさんを紹介してよ」とおっしゃいます。

どちらも私の大先輩、恩人です。私に異存があるはずもないのですが、
残念なことに、その機会を得ることはありませんでした。

『名曲決定盤』(上)あらえびす(中公文庫)
バイオリンはティボーやシゲティ、ハイフェッツ、
ピアノなら、コルトー、バックハウス、ギーゼンキングにケンプ、ホロビッツ。
室内楽の楽団も多数登場します。

どれもが耳に懐かしい演奏家ばかりです。

でも、私のあらえびすは、音楽評論家である前に、
友人Gさん、先輩Sさんを思い出させてくれる、大切な人になっているようです。


名曲決定盤 (上) (中公文庫)名曲決定盤 (上) (中公文庫)
(1981/09/10)
あらえびす

商品詳細を見る



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 




スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

お決まりパスタ

お元気ですか?

当地、久しぶりの雨が降っています。
暑い日が続いていましたから、ちょっと一息ついた感じ。
先日の豪雨被害に遭われた方、PTSDにならなければ良いのですが…


北海道から届いた夏の恵み、北海しまえび。
我が家のお決まりは、殻でとったスープを使った料理です。

パートナーさんのお気に入りは、パスタ。

DSCN0820_convert_20100729051803.jpg

パスタを茹でている間に、海老としめじを軽く炒め、
ホワイトクリームにスープを加えて伸ばします。
塩、胡椒で味を調え、手早くパスタをからめて出来あがり。

スープパスタというほどではありませんが、
海老の出汁を活かしたソースがポイントですから、たっぷりと。
北海しまえびの甘い香りがあつあつのパスタとともに口の中に広がります。

嬉しそうなパートナーさん。

DSCN0822_convert_20100729051900.jpg  DSCN0821_convert_20100729051831.jpg

チーズいろいろと、冷やしたロゼワインで気分もいい。

「ちょっと酔っぱらっちゃったかな?」なんてご機嫌なパートナーさんです。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 今日の夕ご飯
ジャンル : グルメ

出かけるときは忘れずに

お元気ですか?

夏休みということもあり、お子さんのいらっしゃるご家庭では
お出かけの計画を立てられていらっしゃるのではないでしょうか?

絵日記の題材? 家族の想い出?
いろんな笑顔が見られるのでしょうね。

函館で弓道をされているSさんから思わぬ夏のご案内をいただきました。

hakop+001_convert_20100726193503.jpg

最近完成した新しい観光スポット「函館奉行所」を祝い、
五稜郭公園で公開演武大会が行われるそうです。

函館地区で活躍する少林寺、合気道、剣道に居合道、
杖道に空手、柔道
そしてもちろん弓道も披露されます。

Sさんとは、以前阿波範士の映像をYou Tube で見つけ興味を持ったことから
ご縁をいただいたのですが、函館を中心とした道南の弓道史を丁寧に調べられ
貴重なお仕事をされています。

今回も地域の世話人として活躍されるようです。

函館出身の私としては、8月15日の演武の日には伺いたと心がうずきますが、
その日は東京で射会があり、残念。
そのうちに、函館の弓道場をたずね、お話を伺いながら弓を引くこととしましょう。


ところで、函館の観光といえば荒唐無稽なPRビデオ、イカール星人で話題になりました。
新しい観光施設もPRしないはずがありません。
You Tube  を検索してみたら、やっぱりありました。




なんと土方歳三さんがイカール星人をお出迎えしています。

大人500円の入場料。宇宙人さんも500円です。
はるばる来てくださったのに…

みなさん、函館に遊びに行くときは、くれぐれも、500円をお忘れなきよう。


函館で弓を引きたいなと夢を膨らませてたら、
夏のいただきもの第2段がやってきまた。

DSCN0816_convert_20100726215827.jpg

サロマ湖産の 北海しまえび です。

オホーツクの街、湧別にある茂加食堂さんからの頂きもの。
湧別ではもっとも古いお店ではないでしょうか?
なにせ、私が生まれる前から営業してしる老舗の街の食堂です。

以前、北海道一周旅行をしたときにも、寄らせていただいています。
家族ぐるみのおつきあい。

北海しまえびは浜ゆでされたものをいただくのが一般的です。
そして、食べ残った殻はスープをとります。

シーフードのスープにしたり、ホワイトソースを作りパスタやグラタンにしたり。
また、楽しみが広がります。

私に北海道を届けくださった、Sさん、茂加さん、有難うございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 


テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

ホロホロ鳥のパエリア

お元気ですか?

暑い日が続きます。
寝苦しかったりエアコンで体調を崩したりと健康管理にも気を使います。
昨日、パートナーさんが、「駅前で若い男の人が突然倒れて…」なんて
驚いた様子で話していました。
どうぞ皆様もご自愛くださいね。


そのパートナーさん。
「なんか美味しいもの食べたいね」っておっしゃっています。
「冷蔵庫には何があるの?冷凍庫には?」って在庫確認の私。

しばし考えて、
「じゃ、ホロホロ鳥のパエリアを作ろう!」って。
冷蔵庫には、ウズラや丸のホロホロ鳥が買い置きされているのですが、
最近ちょっとご無沙汰気味です。そろそろ何かしなくっちゃって。

DSCN0804_convert_20100725204038.jpg

オリーブオイルでニンニク、玉葱、ホロホロ鳥を良く炒めて、
塩コショウ、鷹の爪、で味を調え、コンソメスープを加えてぐつぐつぐつ…
以前はガスコンロにコンベックだったので、思うような料理が出来たのですが、
今の家はIHのキッチン。

火廻しが出来ないし、魚焼きのコンロじゃ鍋ごと突っ込めないし…
中華料理を作る時に強く感じますが、パエリアの時も同じ。
料理をするなら、断然ガスコンロ派です!

コンロへの不満は腕でカバーしましょう!
お米に火の通ったところで、カラーピーマンやしめじを加えシンプルなパエリア。
ホロホロ鳥の深い甘さがお米にしみてたまりません。

鷹の爪を少し入れておいたことで、甘さに絞まりが出ています。
成功です。


DSCN0810_convert_20100725203859.jpg  DSCN0809_convert_20100725203929.jpg

付け合わせはフライッシュケーゼとチーズ各種。

DSCN0812_convert_20100725203827.jpg

ドイツのsonnenherbstというテーブルワインを飲みながら頂きます。
軽くて甘くて通常なら食事と一緒には合わせにくいのですが
ホロホロ鳥がかなり甘い香りを出していますので、バランス的には良いかな?

そして、トマト2種。

DSCN0808_convert_20100725203956.jpg

手前のはこくみトマトで、これってカゴメさんのブランドなんでしょうか?
小ぶりですが、丸い可愛い形のトマトです。
ちょっと皮がしっかりして、青苦い食感。

奥のはルネッサンストマト。
愛知県の奥三河高原名倉産とあります。
皮が薄く、種の所のジュルっとしたところが少ない果肉の多いのが特徴です。

最近はトマトの品種も多くなりましたので食べ比べて楽しむことができます。
トマト好きの私には、幸せな時代です。

美味しいものが頂けるのも、生産者さんが心血そそいで作ってくださっているから。
暑い夏にもこまめな作業をいとわないからですね。
感謝と一緒に頂きましょう。

生産者さん、ごちそうさまです。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします。


テーマ : 今日の夕ご飯
ジャンル : グルメ

100円で・・・

お元気ですか?


「100円でカルビーポテトチップスは買えますが…」と始まるTVCMを覚えている方も
いらっしゃると思います。
藤谷美和子さんのキャラクターとあいまって人気のあったCMですね。

北海道育ちの私は子供の頃からジャガイモをよく食べていました。
ホクホクに茹でたジャガイモにバターをつけたり、軽く塩をふったり。
男爵やメークインと料理によって使い分けるのはもちろん、
今でも美味しいジャガイモの食べ方には一家言あるつもり。

その私が初めてポテトチップスを食べたのが何時だったかはわかりませんが、
びっくりしましたね。
あのホクホクのジャガイモが、こんな薄くてサクッ、カリッって。
あぁなんて美味しいんだろう。

でもそのポテトチップスで有名なカルビーさんは
大ヒット商品、止められない止まらないカッパえびせんを作った広島の会社、
これって、ちょっとショックです。

ジャガイモ=北海道。ポテトチップス≒北海道でしょう!

もちろん、カルビーさん以外にも美味しいポテトチップスを作っている会社はあるでしょう。
でもね。
ちょっと悔しく(カルビーさんに対してではなく) 北海道の会社!頑張れよ! って。
複雑な気持ちのポテトチップス。





今では100円でポテトチップスは買えませんが
Book Off では辞典が買えます。

先日、Book Off に出かけた際、100円の棚に見つけたのは、
『ライトハウス和英辞典』(研究社)
『新漢和辞典』(大修館)
『古語辞典』(角川書店)


ちょうど辞書が欲しかったので思わず買ってしまいました。
しかも、1冊100円、全300円。

『ライトハウス和英辞典』は用例が丁寧に記載され、しかもひらがな索引。
とっても使いやすい和英辞典です。
私は、海外ドラマを見て気になる単語や言い廻しなどを聞くと、
辞書を引いて確認したり、逆に和英辞典を引いてみたりして興味の後押しをします。

『新漢和辞典』は暇な時に適当にページを開いて、漢字を眺め解字や単語を読んで遊びます。
角川書店の『古語辞典』も同様。高校生の時に使ってた辞書でもあるので懐かしく、
言葉の使い方に色んな経緯が分かって楽しさが尽きないですね。

それにしても日本が世界に誇る『大漢和』の姉妹辞典『新漢和辞典』が100円。
諸橋轍次先生はどう思うでしょうね。

国語辞典の名著『言海』は日本初の近代的国語辞典と言われ
その偏者、大槻文彦先生は生涯を編纂事業に費やされています。

『アメリカ英語辞書』のウエブスターしかり、
『オックスフォード英語大辞典』のジェームズ・マレー しかり、
グリム童話で有名なグリム兄弟もドイツ語の辞書を編纂。

辞書作りにはその国の最高の学者が一生をかけて取り組んでいます。


高田宏さんの『言葉の海へ』 は大槻文彦先生の評伝。

言葉の海へ (同時代ライブラリー (341))言葉の海へ (同時代ライブラリー (341))
(1998/04)
高田 宏

商品詳細を見る



同様に、K・M・エリザベス・マレーによる
『ことばへの情熱―ジェイムズ・マレーとオクスフォード英語大辞典』 (三省堂選書)
K・M・エリザベス・マレーハーバート・C. モートンによる『ウエブスター大辞典物語』

を読んでみると、学者の情熱と不屈の闘いに深い感動を受けます。


私は、本の中でも最高の本と呼べるものが「国語辞典」と考えています。
だから、好きな辞書をいつもそばにおいて、時間があったり気が向けば
手にして楽しんでいる。

100円で最高の楽しみを味わう事が出来るのです。

それこそ、言葉の海を渡る貴重な羅針盤「辞典」。
気分はキャプテンクックかエンタープライズのカーク船長。
100円で無限の宇宙にこぎ出し、新しい冒険と喜びを見いだせるのです。

あっ、でも間違っても、ポテトチップスを食べながら辞書を開くのはやめましょうね。
頁が油まみれ塩まみれになっちゃいますからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

iPad  作ってみました

お元気ですか?

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょう。
お盆の帰省ラッシュの事前予測が報道されるのを見ると
どこにも出かけない生活も、案外いいものかと思っています。

夏野菜を食べ、適度に運動をし、好きなことをして過ごす。
毎日が変わらない日常です。


パートナーさんのおもちゃとなってすっかり馴染んでいるiPad
鞄に入れたり机に置いたりと自由なのが良いのですが、
傷だらけになるのは嫌です。

アップルストアには専用のカバーケースがありますが
ちょっと仰々しいかな?
注文しようとすると、3週間ほどかかるようですし、送料もかかります。

量販店に行くと、色々なケースが売っていますが、
ペンケースやカード入れなんかがくっついていて、いらないなぁ~と。

そこで、自分で作ってみました。

DSCN0800_convert_20100721085415.jpg

クラフトショップで、皮の端切れを買ってきて
ブックカバーのように包むだけです。

アクセントにベルトでもつけようかと思ったのですが、
実際のところベルトは使わないでしょう。
パートナーさんも要らないと言います。 お客様のニーズ優先。

DSCN0798_convert_20100721085324.jpg

その代わり、ちっちゃなエンブレムをつけてみました。

こんなささやかな手仕事ですが、
夏休みの工作みたいで、ちょっとリフレッシュ出来ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『酔っ払いは二度ベルを鳴らす』

お元気ですか?

世界中で猛暑の様子が伝えられています。

小学生の頃に読んだ宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』は
主人公のグスコーブドリが数奇な運命の末に技術者となり、
最後には飢饉に苦しむ農民を助けようと、火山を爆発させ
気温を上げて冷害を防ぐというお話。

私の心に強く残っているお話ですが、
iPad で読むことの出来る青空文庫に入っています。

文中、“火山を爆発させると5℃ぐらい気温が上がる”とあるのですが、
読んだ当時、そんなに気温が上がると南極や北極の氷が溶けて
人間の住んでいるところが水没してしまうと教えられました。

宮沢賢治が亡くなってから70年以上も経つのですが、
現代では賢治の意図とは違いますが、気温の上昇は世界規模で
私たちの重要な関心事になっていますね。


先日からすっかりハマってしまった東直己さん。
昨日は『酔っ払いは二度ベルを鳴らす』を読んでみました。
ススキノエッセイの一冊です。

夜ごとススキノの飲み屋で繰り広げられる、酔態の数々が面白可笑しく
ちょっと自笑的に紹介されています。

スナックでカラオケを歌おうとするのですが、
歌の名前も、歌手も思いだせなくてただただ「あれだよあれ」って
どうどう巡りをする「じれったい!」オヤジ。

女性連れで来て「いつものやつ」なんて言って常連のように振舞おうとする
初めての客。

酒飲みが“記憶をなくす”のはよくあるが、自分の酒の醜態を記憶していて
火の出るような恥ずかしさに苦しむ女性、はたまた、記憶をなくしている事すら
覚えていない無敵の酒のみ…

などなど、さすが東さん。酒飲みの観察には脱帽です。

えっ?私ですか?

お酒の席での醜態は全くありません…なんて 言いながら、冷や汗をかき、
もう飲まない…なんて 反省は数限りなくしながら夕がたになるとそわそわし、
記憶が無くなるほど酔い潰れ…なんて 身に覚えがありません。

今日も、お昼にパートナーさんと街中に出て、
ちょっと路地を入ったら、
「ほら、貴方の好きそうなお店があるよ。酒屋のトラックも来てる」って水を向けられて
思わず頬がゆるんじゃった。おっと、くわばらくわばら…

お酒の神様、助けて!

酔っ払いは二度ベルを鳴らす (光文社文庫)酔っ払いは二度ベルを鳴らす (光文社文庫)
(2005/06/14)
東 直己

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

夢日記

お元気ですか?

今朝、夢を見ました。
夢なんて覚えていないという人でも、一晩のうちに何回も見ているそうですが、
最近の私にとってはちょっと珍しいリアルな夢です。

昨日も夢を見ていました。
いや、見ていたらしい。
もしかしたらちょっと艶っぽい夢だったかもしれない。
なんだか、優しく幸せな気分のうちにゆっくりと目が覚めて、
うつぶせのまま、うぅ~んとうなって目が覚めた時にはどんな夢だったのか
すっかり記憶にありません。
優しく幸せな気持ち良さだけが残っていました。

それだけに、今朝のリアルな夢は、ちょっと驚きでした。
最近睡眠時間が短いのでゆっくり夢を記憶出来ていません。
折角の日曜日。ちょっと夢を楽しむことにしましょう。


私は、ベージュ色の砂漠の中にいます。
周り一面砂の町。同じ砂で出来た壁の建物。
中東の街にいるのです。1人。観光をしているわけではありません。
サファリスーツのようないでたちで、立っています。

そこへ武装した集団がやってきて私をトラックに乗せます。拉致されたのです。
リーダー格の男とその弟、数名の男たち。
1人の私にはなすすべもありません。

トラックの荷台に乗せられたまま、街に連れてこられてトイレ休憩をとります。
そこへ子供たちを乗せたスクールバスが到着し、
ごった返す建物の中、スクールバスの運転手が私に
脱出を手伝ってあげようと声をかけてくれます。

運転手が差し出す服に着替、人ごみに紛れてバスに乗り込む私。
私を探し、追いかける武装集団。
そのごたごたの中で、犯人の弟が負傷し
バスは逃げるように出発しますが、
武装集団はバスを追いかけます。

もう少しで街を出て逃げ切れるかと思った時、
カーブを曲がり損ねたバスは電柱にぶつかり大破、運転手は負傷し無念そう。

私はドアから降りたところを
追ってきた武装集団のリーダーにつかまってしまいます。

運転手の好意に感謝しつつも、すまない気持ちの私。
どうなってゆくのでしょう。

ここで、あぁこれは夢だなと次第に意識が戻ってきます。
夢から逃げなくっちゃと目覚めようとします。

でもどうしてこんな夢をみたのでしょう。
最近CIAやスパイものの本や映画は見ていませんから刺激を受けた覚えがない。
と思ったら、分かりました。

昨日見た、NHKの多田先生の番組で、
免疫学の立場からブッシュ大統領のイラク戦争を批判する場面がありました。
その映像に砂漠での銃撃シーンが。

きっとこれでしょう。
単純なのか神経質なのか… 反応しやすいんですね。

さて、武装集団に再び拘束された私。
甘い夢なら続きも見たいのですが、この夢はどうしましょうね。
見たいような見たくないような…

夢の代わりに「24」でも見ることにしましょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

テーマ : 夢日記
ジャンル :

『残光』

お元気ですか?

土曜日の朝はビデオタイム。
NHKの「100年インタビュー▽免疫学者・多田富雄“寛容”のメッセージ」
を見る。
先日ここでも紹介した多田先生が脳梗塞に倒れられてからの著作をもとに、
伝えたかった事が丁寧に整理されて番組になっていた。

「闇の先に希望が見える。寛容の世界が広がっている」
「子供が遊ぶ姿が見える」
と未来を予言する先生。

生命に対する深い愛情と生命がもつ力を信じる姿勢が勇気を与えてくれる。

朝、起きがけに見た番組としては良い番組であった。


東直己の『残光』(2000) (ハルキ文庫)を読んだ。
東氏の本はこれが3作目。いよいよハマっていく自分を感じている。

今回の作品は榊原健三シリーズと呼ばれるものの2作目で、
1作目は『フリージア』(1995)、続く3作目は『疾走』(2008)がある。
Book Offで手に入るものから注文するので、順番通りに読むわけにはいかないが、
前作を知らなくても十分に読める仕立てになっている。

ストーリーは
引退した始末屋榊原健三がかつての恋人をテレビで見かけ、
その息子が事件に巻き込まれているのを知り山を降り札幌へ向かう。
ヤクザ、汚職警官、建設会社と破綻した銀行、入り乱れる裏の社会…

『探偵はバーにいる』(1992年)からの登場人物も重要な役割を織りなしながら
物語は力強く進んで行く。
その力に引っ張られるように、ほぼ1日で読んでしまった。

『残光』(2000年)は第54回日本推理作家協会賞を受賞しているそうだが、
完成度は非常に高く、東ワールドをしっかり見せつけてくれる。

こうなると、私も腹をくくり心して読まなければならない。
覚悟を決めよう。
さっそく、他の本も注文する。

といっても Book Off で購入だから、手に入るものから
適当にということになる。
まぁ既刊の本を全部読み終われば、後は新作の発表ごと。
長い付き合いになる。

夏目漱石、レィモン・ラディゲ、増谷文雄、渡辺一夫、阿川弘之、宮脇俊三、隆慶一郎…
気にいればほぼ全作品を読もうとする読書癖は、どうやら私のDNAのようだ。

東直己も本棚に並ぶのであろうか?

海外の小説には、地域の特性を背景にしながらシリーズ化してゆく作品が多いが
日本の作家には珍しい。

札幌ススキノを舞台に展開する東氏の世界。
読者層はどんな人なのだろう、北海道在住、出身者以外の読者の反応は?
本を置いたら、バーボンでも飲んで想像してみたくなる。


残光 (ハルキ文庫)残光 (ハルキ文庫)
(2003/08)
東 直己

商品詳細を見る



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

『もしかして愛だった』

お元気ですか?

『もしかして愛だった』を読みました。
阿川佐和子さんのエッセーです。

阿川さんの本を読むのは久しぶりです。
TVでご存じの方も多いでしょうが、飾らない出しゃばらない姿勢が魅力。
彼女の書くエッセーも同じで、日常の普通の生活が面白く書かれています。

Book Off で彼女の本を手にとったのは、
食事の事が書かれていたからですが、読み終わってあとがきまできてわかりました。
クレジット会社の雑誌「NEO」と「キューピー3分クッキング」に掲載されていたものだそうです。
どうりで、買い物のお話と、お料理や食べ物のお話が多いはずです。

阿川佐和子さん。
作家阿川弘之さんのお嬢さんであることを知る人も多いでしょうが、
私には懐かしい人です。
いえいえ、お会いしていたとかという事ではないのですが、

阿川弘之さんの本には子供の頃のお嬢さんの様子がところどころ垣間見えます。

例えば、家族みんなで自家用車に乗り外食に行くのですが、
子供のちょっとした言葉に阿川先生が癇癪をおこし皆が狭い車の中でピリピリする話。
ははぁあの時の話だななんて思いあたります。

例えば、小学生がバスの中で背負う真新しいランドセルを微笑ましく見る話。
佐和子嬢が小学生の時に志賀直哉先生から黒色の立派なランドセルを贈られ、
阿川先生が立派な品なのだと言うこちらで、「なんで黒なの」と思いながら、
何年も使いこむと手放せない逸品になっていった話。

阿川佐和子さんのエッセーは、先生の記憶と混然一体となっています。

初めてTVに登場したとき、お会いしたことも親戚でもないけれど、
懐かしく照れくさく、くすぐったく「あの子がねえ」と思ったものです。

この本『もしかして愛だった』を買った理由はもう一つあります。
解説に寄稿しているのが平野レミさん。

実は、私平野レミさんが大好きです。
エプロン姿が似合うシャンソン歌手のレミさん。歌っているのかな?
フランス文学者でお化けの研究でも知られた平野威馬雄先生のお嬢様。
中学生の頃に平野先生の本を読んだのと同時にTVでレミさんを知りファンに。
今でもCMやお料理番組で見かけると嬉しくなっちゃいます。

「阿川さんに会った人って、みーーんな彼女のことが大好きになっちゃうの」
「みーーんなのお嫁さん」と
大はしゃぎのレミ節に笑える「解説」もこの本の魅力でしょう。

さぁて、佐和子さんご推奨のトマトスープを作ってみようかな?
それとも、ブランデーで作るイチゴのデザートはどうかな?

ちょっと阿川さんと一緒に悪戯したくなっちゃいました。


もしかして愛だった (文春文庫 (あ23-14))もしかして愛だった (文春文庫 (あ23-14))
(2006/01)
阿川 佐和子

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

筋肉痛

お元気ですか?

朝、起きてくるなりパートナーさんが「筋肉痛だ」と言う。
「おばさん!」と笑いながら応えると、
「違うよ、おばさんになると次の次の日当たりになって痛くなるんだから
おばさんじゃないよ。」
とのたまう。

昨日、久しぶりにスポーツジムのヨガに参加した。
ホットヨガという高温多湿の部屋の中でやるヨガである。

スポーツジムは私たちの生活には欠かせない一部になっていて、
健康管理と気分転換には丁度よい。
もともと私が始めたジム通いであったが、目に見える効果に
パートナーさんも通いだし、素敵なインストラクターさんに恵まれ
エアロビクスを楽しむようになり、私も引きこまれた。

私はもともとは水泳やヨガ、マシーンによる筋肉トレーニングが好きだったが
今ではパートナーさんと一緒にエアロビクスを中心にスタジオプログラムに
参加してる。

ところが、最近ジムのスタジオプログラムがどんどん変わってくる。

子供の入会が出来なかったはずなのに、エーベックスのダンスプログラムを導入し、
小学生がジムの中を歩いている(出入り口は分けているが)。
リトモスズンバと言った、最近話題になっているダンス系のプログラムも増えている。

ジムも経営だから、目新しいものを取り入れお客さんを飽きさせないのも大切なことだ。

でも、そこにばかり意識が行くと、基本のプログラムが手薄になってしまう。
お客様が集まりやすい時間帯というのもあるし、インストラクターを増やすと人件費が
ふくらむから、それまでエアロビクスだった時間とインストラクターが
ダンス系のプログラムを担当するようになってエアロビクスが削られてしまった。

私はダンスが嫌いではない。東京ではラテンダンスやフラダンスも踊っていた。
踊りは、思いのほか筋力を使うし頭の中にうかぶイメージと体とを一体化させる作業は
気持ちの良いものである。

だが、リトモスズンバと言った新しいダンス系のプログラムは
基本の体の使い方、ステップを習得して楽しみたい私には面白くない。
スタイルだけが先行しているプログラムのように感じられる。

お気に入りのインストラクターがリトモスになったので、
パートナーさんと一度出てみたが、同じ感想だったようだ。

「ねぇ、ヨガ出てみない?」
「あぁいいよ、じゃヨガマットを買いに行こう」ということになった。
私としては好きなヨガをするのだから異存のあろうはずもない。

久しぶりのホットヨガ。45分間で、初心者用の軽いものである。

新しいヨガマットをしき、ストレッチをしながら始まるのをまっていると
じわーっと汗が出てくる。
スタジオの鏡はすでに曇って何も見えない。

いくつかのポーズをとりながら、体幹を意識し呼吸を整えてゆく。
背筋が伸び、骨盤をはじめ骨の各所が収まってくる。
体が硬かったのが徐々にほぐれてきて、体の中から気持ちいい感じが沸き上がってくる。

体が喜んでいる。

でも、ちょっと困った。汗がポタポタポタっと音をたててマットの上に落ちる。
その量が物凄い。まるで水たまりのよう。
Tシャツもびっしょりで体にへばりついている。
濃い目の色のシャツにして良かった。

終わって、スタジオを出るときにインストラクターに
「絞れるくらいですね」と笑われてしまった。

汗に嫌な匂いはないから、体は健康だろう。
発汗作用が良いのは内臓機能が正常である証拠でもある。

心臓が疲れない程度にサウナに入り、温泉につかってリフレッシュ。

ヨガの再開に気持ちも軽くなった。
筋肉痛。私もねじりのポーズで腰がちょっと痛いけど、昨日の今日。
おじさんではないみたいだ。


リージェント・ファーイースト ヨガピラテスマット ネイビー 39032リージェント・ファーイースト ヨガピラテスマット ネイビー 39032
()
リージェント・ファーイースト

商品詳細を見る




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

『札幌 深夜プラス1』

お元気ですか?

参議院選で民主党が大敗を喫した。
野党は連立は組まないと明言しているからねじれ国会は必至。
菅首相は己の口の軽さを今更のことのように嘆くのだろうか。
幼稚な話だ。

三鷹のカラオケで主婦相手に気炎を吐いていたのとは訳が違うのに。

法案の審議に手間取ったり政策が進みにくくなれば、
その負担は全て国民にかかってくる。

民主党の政策、方法論が全て完璧という事ではないから、
チェック機能が働くと考えればいいのだが、民主党としては作業が増える分
行政改革や財政再建が遅れることになる。

選挙の結果は民意である。しかし、民意はぶれやすい。
民主党はもう一度、国民の前に何をどう何時までにやるのかと
しっかりした絵を見せ、一つ一つ解決したことを実績として説明し
国民の理解を積み重ねてゆくのが順当だろう。

政治家に呆れるのはいい加減に止めにしてほしい。


パートナーさんに付き合って Book Off の棚を眺めていたら、
『札幌 深夜プラス1』(光文社文庫)というタイトルが目に入った。

『深夜プラス1』はイギリスの作家、ギャビン・ライアルのハードボイルド小説で
レジスタンスの活動家だったケインが、アル中のガンマン、ハーヴェイ・ロヴェルとともに
実業家マガンハルトを移送する話。
最初に読んだ時には、シトロエンがヨーロッパを駆け抜けるのを想像してワクワクした。
心の優しさゆえに深い苦悩を抱えるガンマン、ハーヴェイは一つのスタイルを確立している。

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))
(1976/04)
ギャビン・ライアル

商品詳細を見る



その『深夜プラス1』を頂戴しているなんて、どんな内容だろう。
と手に取ったのが縁のはじまり、運のつき。

作者の東直己さんは、札幌生まれでススキノを舞台にしたハードボイルドを書いている。
その彼が、カウンタートークを親爺の悲哀たっぷりに展開する。
同世代の私としては、ニャっと笑いながら静かに楽しめる本だ。

札幌 深夜プラス1 ススキノエッセイ (光文社文庫)札幌 深夜プラス1 ススキノエッセイ (光文社文庫)
(2006/10/12)
東 直己

商品詳細を見る



一冊が面白ければ、他のも試してみたくなる。
『札幌 深夜プラス1』はエッセイだから、小説を読んでみることにした。

例によって、パートナーさんがネットで注文するのに便乗し
『探偵はバーにいる』(ハヤカワ文庫 1992年)を頼む。
デビュー作だそうだ。

探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)
(1995/08)
東 直己

商品詳細を見る


デビュー作というのは、面白いものでその作家のコアなところが感じられ、
読者にとって好き嫌いを測るのに都合のよいところがある。

ススキノで便利屋をしている「俺」は大学の後輩の相談を聞いたことから、
事件に引きこまれてゆく。
オセロ好きのバーテンダー、地元のやくざ、おでん屋の親父と古くからの人間と
ゲームセンターにたむろする高校生など現代風俗を交差させながら
「俺」はススキノの夜を歩きまわる。

それにしても「俺」は良く飲む。
小説で酒が出てくると要注意である。
国語の授業で読解力を試すわけではないが、何処でどういう酒をどう飲むかで
その場面や登場人物の状況がはっきりする。
作者も計算済みの酒である。

ゲイバーではワイルド・ターキーを机から出して飲み、
夜景の見えるバーではジャック・ダニエルズを12オンスタンブラーで飲む。
謎の女性には、ホワイト・レディー。

でも、東さん、ちょっと飲みすぎじゃありません?


ススキノに詳しいわけではない。
札幌は私のフィールドではないが、かと言って全く分からないわけでもない。
アスファルトに積もる雪も北海道弁も懐かしい。

温かいハードボイルドを楽しませていただくこととしよう。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

カンブリア探訪

お元気ですか?

雨の日曜日。静かな時間を過ごしています。
朝から見ている録りためたTV番組の中に「カンブリア宮殿」というのがあります。

作家の村上龍と小池栄子が司会役をしながら、様々な企業経営者の姿を
紹介する番組。
ユニークな経営者とその企業の様子から色々なことを考えさせられる面白い番組です。

中小企業を自負する鈴木自動車の鈴木修会長兼社長が登場したり、
他社より5年先をゆくダントツ技術で勝負しろと黒字回復を果たした
建設機器のコマツを紹介したりと世界に知られる大企業を取り上げることもあれば、
内部留保を殆どもたず管理職もなく、給料もボーナスも公開する広島のメガネ21
時計の修理を1人で切り盛りする、瀬戸内海の新光時計店の松浦敬一さんなど
ローカルな企業や職人さんも登場します。

この、カンブリア宮殿。私たちに身近な企業もひんぱんに登場します。
ユニクロの会長柳井正さんはその筆頭。
番組で言っていることを頭に置きながらお店を覗き、商品の様子、店員の姿を
観察するのは楽しいものです。

そして、食いしん坊の私が最近やっているのが、外食店を訪ねること。

私は基本的にチェーン展開している外食店、ファミリーレストランには入りません。
集中調理され、真空パックされた食材が温めただけで出されるお店では
ブロイラーになった気分になるだけです。

でも、カンブリア宮殿で取り上げられる外食店の創業者や経営者は
とても素晴らしい事をおっしゃっています。

餃子の王将では、やんちゃな若者を鍛え上げ、責任と自信を持って店舗を経営する。
カレーのCOCO壱番屋では、夫婦協力して店を経営する。
回転すしのくら鮨さんでは食材にこだわっていることを語っていました。

ですから、ついつい自分の目と舌で確かめに行きたくなってしまうのです。

くら鮨さん。もう二度と行かないでしょう。
家の近くのバイパス沿いにあるお店は、週末や休日ともなると
店の外にまで人が並んで繁盛しています。 哀しくなります。

餃子の王将さんも、最近同じバイパス沿いに出来ました。
私は東京で働き始めた頃、アパートに帰る夜中にかろうじて開いているお店が
そこだけだったので、何度か入った事がありました。
パートナーさんが試してみたいというので行ってみることに。

新規開店ということもあってか、駐車場は満杯。やはり人が外にあふれています。
元気のいいお店であることは間違いがありません。
でも、餃子は家で作った方が美味しいし、他も塩味が濃くて素材の味は隠れています。

COCO壱番屋さん。パートナーさんは、夫婦で協力して経営をするという姿勢に
興味を持って「行ってみいたい」と言います。
以前、COCO壱番屋さんの株を購入することを勧められたことがあったのも
行きたい理由の一つでしょう。
カンブリア宮殿では、美味しいカレーだと紹介しています。

そして、またしても家の前を走るバイパス沿いに新規オープン。
実は、このバイパスの下り線は外食店が軒を連ねているのです。

パートナーさんが頼んだのはポークカレーで680円、
私は焼いたチキンがのったカレー、辛さを増したら追加料金をとられ720円。
粉っぽい辛さが口に違和感を持ちます。

パートナーさんはどんな感想を持ったのでしょう。
数日たった車の中で、「ふつうのカレーだったね」とぽつり。
この数日の間は何を意味しているのでしょうね。

さて、今日見たカンブリア宮殿。
「物語コーポレーション」という愛知県の豊橋から出発した外食チェーン店を
紹介していました。
ラーメンや焼き肉を中心とし、170店舗を展開する企業です。

社長の小林さんは、「人は自分の人生の主人公だやりたい事は自分の中にある」と語り、
従業員1人1人の能力を引き出す事を重視しています。
1人1人がモチベーションをあげ、自ら能力を高めて行けば企業が伸びると弁が熱い。

普段ラーメンは食べませんが、どんなお店だろうと興味を持ったので、
ネットでお店を調べると車で行ける距離のところにあります。

午前中のお買いものの帰りに寄ることにしました。
丸源という名のお店です。

2010071111450000_convert_20100711163624.jpg  2010071111460000_convert_20100711163647.jpg  2010071111480000_convert_20100711163711.jpg

左から、肉そば、塩ラーメン、餃子を頼んでみました。
肉そばは豚ばら肉が入って甘い油の薫りがします。ちょっと美味しく感じます。
塩ラーメンはたっぷりと海苔が入ってスープに磯の香りを移してこれも面白い。
でも、餃子は全く駄目でした。

店員さんは、確かに活き活きと動き回って1人1人が気配りをしているのを感じます。
テーブルのかたずけ、お客様の案内、オーダーときびきびとした動きが
店内のあちらこちらで見られます。
レジの女性の胸には「笑顔検定1級」だったかな?そんなプレートがついています。

肉そば682円、塩ラーメンは714円のお値段はラーメン屋さんとしては普通でしょうか。
美味しいかなと思ったのは最初の1口ぐらい。
「また行く?」って聞かれたら、「行かない」と答えるでしょう。
その程度のラーメンです。味というより、料理に感動が無い。

やはりチェーン店の味です。

パートナーさんは、値段が外税表記になっているのにも不満でした。


カンブリア宮殿。企業経営者の理念や手法を学び、参考にするには良い番組です。
でも、実際にお店を訪ね、社員従業員や商品に接してみると、
経営者の言葉とは違ったものを多々感じることになります。

「鎌倉シャツ」のように気にいったお店に出会う事もありますが、
外食店の場合はどうしても難しいでしょうね。

カンブリア宮殿で、どこか超一級のシェフが率いるレストラン経営を紹介したら
満足できるのでしょうか?
オーナーシェフのレストラン経営って難しいですからね。


諦めず、期待しながら見続けることとしましょう。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

野菜大好き

お元気ですか?

当地、今日は晴れていますが蒸し暑い土曜日。
寝不足気味なのでこの暑さはちょっとこたえます。

午前中は道場の月例会。
8月に行われる県の支部対抗戦の選手選考を兼ねています。

いつものように土曜日は朝早くから録りためたビデオを見て
眠たいのですが、朝食後そそくさとお出かけ。
(そちらのお話は「杣人の弓道」で)

家に帰って来て「お昼どうするの」って聞いたら、
パートナーさんが、「キッチンに来て」ってなにやら楽しそうです。
食パン焼いて、ピザ生地も下焼きをしています。

でも、パートナーさんが見せたかったのは、こちら

DSCN0795_convert_20100710134911.jpg

夏野菜のトルコ風煮込み です。

先日当地のローカル局で地元のシェフが紹介していた料理。
クミンを油で薫り出しし、豚肉を炒め、お野菜を入れ煮込みます。
ケチャップと小さじ1のカレー粉も加え、ことことことこと。

オクラやズッキーニを入れてもいいのですが、今日は有るものでお手軽料理。
でも、お味はGood!

煮込み料理の得意なパートナーさん。テレビを見て作りたいとうずうずしてたのですね。

DSCN0794_convert_20100710134842.jpg

こちらは、自家製ピクルス。
胡瓜、人参、パプリカに大根まで作っちゃいました。

パートナーさん曰く、ホテルオークラのレシピで作ったのだそうです。
でも、ワインビネガーを切らしていたので、京都の船山千鳥酢を使用。

あぁ、なんてマイルドなピクルスでしょう。
我が家ではお酢と言えば船山千鳥酢です。
 
以前、京都に弓を引きに行った際、お散歩しながら千鳥酢さんに行って
一升瓶で買い求めましたが、もうそれも無くなってしまいました。
当地のスーパーではあまり見かけなかったのですが、
先日デパ地下に入っている成城石井で発見! 胸をなでおろしているとこです。

でも、パートナーさん。「京都行きたい!」って。

美味しいものの為です。ちょっと京都までおでかけしましょうかね。
舞妓さん眺めながら、小豆をいただくのもいいかもしれません。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

命を読む

お元気ですか?

当地は朝から蒸し暑い陽気。
お隣の大工さんが屋根をのせる作業を時々眺めながら、
手に職を持った人は凄い!って感心しきりです。

金槌や電動のこぎりの音と一緒に大工さんの声も聞こえてくるのですが、
これが、気持良い。
現場のリーダーさんとちょっと後輩さんのやりとりが良いのです。

リーダーさんはてきぱきと指示を出し、時には教えながら
それぞれの仕事をこなしています。
時々親方が来るのですが、大きな声で挨拶をしながら
作業の確認をしています。

どんな仕事でも、働く姿を真近に見られるのは楽しく勉強になります。


先日から、『露の身ながら』という本を読んでいます。
免疫学者の多田富雄氏と遺伝学者の柳沢桂子氏の往復書簡という形をとった本。

露の身ながら ~往復書簡・いのちへの対話~露の身ながら ~往復書簡・いのちへの対話~
(2004/04/26)
多田 富雄柳澤 桂子

商品詳細を見る


多田富雄氏は国際的に活躍する学者でありながら、能にも造詣が深く
自身新作の能を書いては上演するなど、非常に才能豊かな学者です。
2001年に脳梗塞で倒れられ、リハビリを続けていましたが今年の4月に亡くなられました。

私は先生の免疫学はもちろん、医学や科学の分野は全くの門外漢ですので、
NHKのニュースで先生の名前を聞くまで全く存知あげなかったのですが
そのわずかなニュースで猛烈に興味を持ちました。

ニュースでは、多田先生が脳梗塞で不自由になった体で、
かろうじて動く左手を使いパソコンに一字一字打ちこみ文章を書く姿、
ご自身のリハビリを通じて、現在の福祉制度の根本的問題点への警鐘。
さらに、ブッシュ政権が対テロ政策を激化していく事に対して
ご自身の専門の免疫学の立場から明確に間違っていると指摘したことなどが
伝えられていました。

現在の日本の医療制度、福祉制度の中で、患者が病院をたらい回しにされたり
リハビリを打ち切られたりする現実は多くの患者と家族を当惑させています。
医療の現場に携わる方、医者をはじめリハビリに携わる方なども
理不尽と思いながらも言葉を失い、気力を失っています。

入院治療やリハビリを打ち切らざるを得ないため、心無い態度をとる医療従事者たち。
「これ以上やっても直らないから」と自分の仕事を否定する言葉を言いながら
患者を追いだす病院。

多田先生もご自身が脳梗塞に倒れられ、リハビリをする過程でそうゆう現実を
お知りになり、
「リハビリは生きる希望」「弱者の生存権を奪うな」と訴えてこられました。
さらに、何故そのような理不尽な医療福祉制度が誕生したのかという
恐ろしい利権社会の現実を説き、署名活動などを通して政府に訴えていました。

多田先生は、
テロリストに排除の論理をもって掃討しようとするブッシュ大統領の政策に対しても
免疫学の立場から明確に間違いであると主張します。
異なる思想文化を排除することは間違いで、決して解決にはならないことを
追い詰められた人々は逆に抗体をつくり姿を変えて生き残り抵抗を続けることを
教えてくださいます。

フランス文学者渡辺一夫氏の論考に
「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」というのがあります。
渡辺氏は森の中を彷徨いときには命の危険を感じながらも、寛容は不寛容に対して
不寛容であることは出来ず、見守るしかないと結論します。

いかがでしょう、渡辺一夫先生の論じるヒューマニズムは
多田富雄先生の免疫学の立場らから見た世界観にも通じていると感じます。


柳沢桂子先生は多田先生より少し前に存じ上げていました。
やはりNHKの番組で、科学者の感性で『般若心経』を読み解かれた本を
書かれたのが紹介されていたのです。

生きて死ぬ智慧生きて死ぬ智慧
(2004/09/18)
柳澤 桂子

商品詳細を見る


遺伝学者として活躍していた柳沢先生は30歳の時に原因不明の病気で
寝たきりの生活になります。
しかも、医師から心因性のものだと本人のせいにされ、二重の苦しみを味わうことに。
同じ科学者としてどれほどか悔しい思いをされたことでしょう。

医者の心無い言葉に苦しむ患者の話はよく聞くことです。
哀しく、恥ずかしい現実です。 ここにも日本の医療・医師教育の問題点があります。

シャイ・ドレーガー症候群という難病と闘いながら生きる。
研究の夢を断たれた苦しみはいかほどでしょう。

『生きて死ぬ知恵』という本は、透徹した思考と感覚から
絞り出されるようにして生まれた本です。

般若心経を解説し現代語に訳した本は沢山あります。

柳沢先生のこの本は科学者らいし訳で非常に面白く「無」の理解が秀逸です。
私はニュートリノをイメージしながら読ませていただきました。
柳沢桂子先生の素晴らし「般若心経」です。


お二人の往復書簡『露の身ながら』
決して自由ではないお体ともどかしくつらい闘病をしながらの交流対話です。
専門の生命科学のお話もありますが、
さすがに優れた学者の言葉は私のような専門外の者にも分かりやすい。

しかも、お二人の病気や介護の話とともに、音楽や能のお話、
クローンに警戒する生命倫理のお話など多岐にわたっています。

脳梗塞に倒れ半身麻痺になった多田先生。
難病に侵されベッドでの生活を余儀なくされた柳沢先生。
お二人の好奇心とバイタリティあふれる姿に満ちている本です。

お二人の命の声を聞く本です。

多田先生のご冥福と柳沢先生のご活躍をお祈りいたします。


柳沢桂子先生のHPがございます。どうぞ、ご訪問ください。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

iPad のお祝に

お元気ですか?

今日も蒸し暑い日。
九州や東京ではゲリラ豪雨に大変な被害が出ているようです。
お見舞い申し上げます。

いつも不思議に思うのですが、
私の場合、パソコンの修理や設定のやり直しなどは朝起きがけにするのが良いようです。
一晩寝て、頭の中がすっきりしているのでしょうか。

先日もルーターの調整をしていたら変になって、インターネットに繋がらなくなり、
あれやこれやとやるのですがうまくいきません。
一旦寝て、2時半に起きだして取り組んだら無事直りました。

同じことをしているんですけど、不思議です。

今回も iPad 夜の作業では繋がらず、
いよいよ駄目ならサービスに電話しなくてはと思いながら
朝4時に起きてやった処OKでした。

「早起きは三文の徳」という諺は、我が家の場合パソコンには当てはまるようです。

新しいおもちゃに元気を取り戻したパートナーさん。
黙々と机に向かって遊んでいます。 これで、我が家も安泰というものです。

お祝いというほどではありませんが、iPad 記念日と称して
近くのレストランにお昼を食べに行ってきました。

私がとても信頼するシェフのラ・サリーブさんです。
いつもなら予約を入れて夜に伺うのですが、お昼に急遽決定!
何が食べられるか楽しみです。

驚きながらも、笑顔で迎えてくださるマダム。

最初に自家製のブルーベリーのピクルスを頂きながら
白ワインで乾杯。お昼ですからグラスワインです。

DSCN0785_convert_20100706151412.jpg

オードブルはサーモンと自家製生ハム。
そして小さなカップに入っているのが、トマトの水のジュレ。
これは夏に美味しいですね。

DSCN0788_convert_20100706151444.jpg

スープはジャガイモと赤カブの冷たいスープ。
シェフ自身が畑で作ったジャガイモだそうです。
ジャガイモのスープは、口にざらつき感が残ったり粉っぽかったりする場合があります。
でもシェフのスープはそうゆう雑味を全く感じさせません。

感心するくらい上手です。
マダムも嬉しそうに笑いながら「スープが上手みたいね」って言っています。
こうゆう気さくさもここの良いところなんです。

DSCN0790_convert_20100706151523.jpg  DSCN0791_convert_20100706151616.jpg

メインは甘鯛のポアレ。ブルーベリーの実の部分だけを使ってソースを作ったそうです。
軽い爽やかな甘さと酸味がバランスの良く広がります。
そして、私の好物子羊です。なんて美味しいのでしょう。

DSCN0792_convert_20100706151655.jpg

デザートはゴルゴンゾーラチーズのアイスクリームとミカンのムース。
カップに入っているのが夏ミカンのジュレ。

夏のデザートらしい、爽やかなお皿です。


iPad  が我が家にやってきたお祝いにいただいた、
ラ・サリーブさんのランチ。
パートナーさんも私も嬉しくなって大満足のお昼でした。

帰りがけ、シェフから「いいお肉が入っているから来て」ってお誘いが。
前回、髄の料理とかが食べたいと話していたので、考えてくださっているのです。

シェフの準備もあるので、予約を入れてのディナーになります。
今度はこちらも気合を入れて、行かなくっちゃね。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

ipad がやって来た日

お元気ですか?

今日は仙台の疲れを取りながら、暑い日を過ごしています。
お隣の新築は留守の間に三角の屋根がのり、
ホッチキスの親玉みたいな道具でバッチンバッチンと朝から作業が進みます。
なにせ、梅雨の季節ですから、雨のない日は大工さんも大忙しですね。

今日、パートナーさんにiPad が届きました。 64GWiFiモデル。
注文してから2週間ほどで届きました。

朝から嬉しくてるんるんしているパートナーさん。
駅前の量販店さんまで受け取りにでかけますけど、
なんと受取時間を予約するシステム。なんかものものしいですね。

予約したときも、一人2台までとか、転売不可とか色々お決まりを説明されました。

DSCN0779_convert_20100705164100.jpg

そして、今日受け取ったのが、こちら。

DSCN0781_convert_20100705164132.jpg

クッキーの箱みたいです。

今まで使っていたパートナーさんのパソコン。
最近とくに調子が悪くなり、いらいらすることが多くなっていました。
ネットやメールを確認したり、本を注文したりとあまり複雑なことはしないので、
安いのでいいから、新しいのが欲しいなと言っていたパートナーさん。

私は、仕事で使うので、windowsでなければいけない部分があるのですが、
パートナーさんは制約がありません。そこで話題のiPad を求めることに。
パートナーさんは、けっこう新し物好きです。

家で使うのが殆どですので、通信会社との契約もせず
今あるルーターでWiFiでネットにつながれば、ランニングコストもかかりません。

家に帰ってきてさっそく初期設定を始めます。

iPad 家にパソコンがなければ初期設定が出来ません。
(受け取る時に注意書きを渡されます。)
iTunes を使ってセットアップ。

まず、今まで使っていたパソコンのiTunes を最新のバージョンにし、
iPad と同期させて、起動させます。

ところが、パートナーさんが今まで使っていたパソコンは調子が悪く
iTunes のバージョンアップにも手間取ります。
ちょっとむっとするパートナーさん。
そんなパートナーさんを見るのもつらいので、助っ人。

無事、iTunes の設定が済みます。

お次は、WiFiの接続。これが出来ないとiPad は唯の板です。

ところが、これがなかなかつながってくれない。
ルーターとの相性とかあるのかな?

色々サイトをめぐり、情報を得ながら作業をします。
四苦八苦しているうちにアンテナがたってきました。

さぁ、これからあれやこれや出来るかな?
あっ、でもネットに巧くつながりません! どうしてかな?

なんだか難しい顔をしながら、おもちゃに立ち向かうパートナーさん。
現代のおもちゃは面白くなる前に、ひと騒ぎですね。

追記)

とうとうパートナーさんから、「やって!」って頼まれたので頑張っちゃいます。
器械ものが好きなわりに、苦い顔しているパートナーさん。

まず、WiFiの接続がきちんと出来ているかを確認。
暗号キーを入れたり、IPアドレスを確認したり…
WiFiにはつながって、アンテナもしっかりしています。

ということは、HPを見に行けるようにしてあげればいいのですね。

WiFiの設定からWiFiネットワークの画面を開くと
下にHTTPプロシキというのがあり、 オフ、手動、自動 と三つあり
初期設定がオフになっています。

きっとこれかな? と自動にすると、
あっという間に google の検索ページに飛びました。

やった! インターネットに接続です。

さぁ、あとはパートナーさんに渡して、自由にカスタマイズしてもらいましょう。
これで私もパートナーさんの困った顔に悩まされなくて済むというもの。

めでたしめでたしの iPad  でした。

DSCN0784_convert_20100706075556.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

くじらの缶詰

お元気ですか?

仙台に来ています。
心配されたお天気も雨に降られる事無く、陽射しも暑いくらい。
午後になるとわずかに風が出て爽やか。

以前、もう一年くらい前でしょうか?
クジラの缶詰の紹介をしたところ、仙台のKen先生から仙台でも捕鯨がなされていたと
教えていただきました。

東京で仲良くしていただいているはちや珈琲のご主人からも
鮎川というところが現在でもクジラ漁の拠点と聞き、興味を持ちます。

日本の捕鯨は遠洋捕鯨と近海の捕鯨とがありますが、
特に近海捕鯨には食文化の歴史を深く感じる事が出来ます。

貴重な食料を一度に捕れる捕鯨はそれこそ町をあげての大事業。
命がけの捕鯨とやり遂げた男たちの誇り、家族の喜び。
古くからのそんな営みが今も各地で続いているのです。

捕鯨問題はIWC(国際捕鯨委員会)で議論も出来ないほど、各国の立場見解に違いが大きく
悩ましい問題のように見えます。

生き物を食べなければ生きていけないのが生物の性。
人間もその例外ではありません。
クジラを捕ることがいけないのは、牛や豚やカンガルーや白鳥や鶴をとって食べるのと
どう違うのでしょうか?

頭がよさそうだから?
個体数が減少して絶滅の恐れがあるから?
捕鯨の仕方が残虐だから?

だったら猿を食べることはどうなの?
クジラの数が十分に生体維持が出来るほどに確認が出来たら捕ってもいいの?
ガチョウに無理やり餌を食べさせ肝臓肥大にさせてフォアグラをとったり
鶏を電気で殺したり、うさぎをぶら下げて皮をはいだり
というのは残虐ではないの?

生き物を殺して食べるということは本質的に残虐であり、そこに差はありません。

植物を頂くことだって、同じ。
茄子やトマトが感情を持っていないってどうして断言できるでしょう。
声をかけて水をやった花はより綺麗に咲くではないですか。

大切なのは、必要以上に捕ること。捕った食べ物を無駄に捨てること。
それこそ無駄死にさせてしまう事でしょう。

だから、「頂きます」って言って感謝しながら食べる。

DSCN0765_convert_20100704064306.jpg  DSCN0764_convert_20100704064240.jpg

今回、石巻市にある木の屋石巻水産のクジラの缶詰を求めました。
左のは、赤肉の大和煮。
右のは、須の子と呼ばれるヒレの部分の大和煮。
どちらも古いラベルを再現しています。

お隣は、金華さばの水煮と醤油味付けの缶詰。
金華さばと言えば、松島の東、金華山沖で北からの親潮と南からの黒潮がぶつかり
魚が豊富な漁場で捕れた大型のさばです。

脂がのって高級魚として名高い金華さば。
時季がくるとお寿司屋さんでもいいお値段で並びます。

缶詰ですととってもお安くて、1缶315円。楽しみです。

DSCN0766_convert_20100704064331.jpg

こちらは気仙沼ほてい株式会社さんの三陸秋刀魚。
せっかくですから、お揃いで買っちゃいました。

今回の缶詰たち。
「グルメ缶詰」のブログで紹介する予定で買い求めたものですが、
一足先にこちらでご紹介です。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします。



テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

杜の都は学問の都

お元気ですか?

今日は仙台に来ています。
朝、まだ暗いうちから家を出て、600㎞のドライブ。

途中休憩をとりながら、お昼には仙台に着きました。

今回、楽しみにしていたのが、「仙台文学館」の井上ひさし特別展。

駅に車を停め、昼食を食べながら観光案内所に寄って
「仙台文学館」の場所を尋ねると、カウンターの男性が地図を示しながら、
教えてくださいます。

「井上ひさしの特別展をやっていますよね」 って確認すると。
笑みを浮かべながら、
「そうです。井上さんは初代館長だったんですよ」 って間をおかず応えてくれます。
きっと文学好きの方なのでしょう。嬉しいですね。

地図を頼りに車を走らせて5分ほど。小高い丘の中腹に林に囲まれて建物はあります。

DSCN0715_convert_20100701184722.jpg  DSCN0716_convert_20100701184750.jpg

ひょっこりひょうたん島の洗礼をうけ、長じて多くのお芝居にどれだけ泣いた事でしょう。
和紙を飾った渡り廊下を抜けると、常設展の部屋があり、
井上ひさしをはじめ、作家、歌人、児童文学者ら仙台にゆかりのある人たちの
活動がパネル展示や作品の展示でわかりやすく紹介されています。

歌人の俵万智さんも子育てを契機に仙台に移り住んだのですね。
世田谷でガラス作家の展覧会を見に行ったときにお会いして
テーブルを囲んでお茶を飲んだ事がありましたが、
仙台に移り住んでいたとは知りませんでした。

特別展では小さな舞台が用意され「化粧」の上演準備が作業中。
これまでのお芝居のポスターが壁やイーゼルに立てかけられて
展示されています。

見覚えのあるポスターの数々に
「殆どみているんじゃない?」 ってパートナーさん。
そう、私は井上ひさしさんのお芝居は殆ど見ています。
そして、「イーハトーボの劇列車」の再演を強く願っているのです。

DSCN0717_convert_20100701184839.jpg


「仙台文学館」では、
仙台を中心とした宮城県の文学の系譜がとてもよくわかるように展示されています。

明治、帝国大学が全国に配され、仙台にも官民多くの学校が作られてゆきます。
海外から招聘した学者、国内の優れた文化人も仙台に集まり、
一挙に学際的な文化が花開いてゆきます。

「三太郎の日記」で有名な阿部次郎も東北帝国大学の名誉教授です。
夏目漱石の門下生である小宮豊隆もやはり同大学の教授で図書館長を務めたことから、
東北大学付属図書館には、「漱石文庫」があります。

そのほかにも多くの歌人、児童文学者らが活躍し
学者同士、学生、地域の人たちを巻き込んで、アカデミックな世界が展開します。
地域の文化、学芸、学究が混然となって花開く時代。

何故、東北の地でこれほどの学際的活動の場が広まったのでしょう。
よほどの見識の高さ、文化への情熱を引っ張る力が働いたのでしょうけど
現代の社会からしてもうらやましく感じられるくらいのもの。

とても興味のある地方の世界がそこにはあり、これからの日本の在り方も垣間見えるようです。

1時間ほど文学館を楽しみ、心が幸せに満たされた喜びににこにこして
建物を後にしました。

ああ、生前に一度でも、井上ひさしさんにお目にかかっておいてよかった。
そんな、他愛もない記憶も私には宝物です。

DSCN0718_convert_20100701184925.jpg

仙台駅は沢山の人であふれています。
今日は駅の近くにホテルをとり、ゆっくり疲れをとることとしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←プチっと応援よろしくお願いいたします! 

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google