FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

今日の夕ご飯は・・・

お元気ですか?

今日、2回目のアップなんですけど、
後ろでパートナーさんが、ご機嫌になっちゃって、
♫ちゃんちゃかちゃかちゃか、チャンチャンチャ~ン・・・♫
って歌っています。

「今日は、今日の料理は・・・」なんて軽い酔いも手伝って、
NHKの宣伝じゃないですけど楽しそうです。
私の子供のころは、NHKの料理番組とテキストが家庭に新鮮だった時代です。
母親が買っていた「きょうの料理」のテキストと洋裁のスタイルブックが私の絵本でした。
美味しそうなお料理と綺麗なお姉さんが沢山載っている洋裁の本。
織り込みの型紙は設計図のようで面白く、
「あぁ、この曲線がこっちと縫い合わされて袖がつくんだな」
「あれ?おしりの曲線はどれだ?」
なんて
型紙を眺めながら頭の中で洋服が立体になってゆく面白さ。(おっと脱線)

そのうちに、キューピーのテーマ曲、おもちゃの兵隊が聞かれるようになります。
「キユーピー3分クッキング」のはじまりです。
以前、キューピーの営業の方とお会いしていたら、突然、
♫ちゃかちゃちゃちゃ、♫ちゃかちゃっちゃちゃ・・・と携帯の着メロが!
もう、誰が聞いてもキューピーさんって分かってしまいますね。

ちょっと枕が長くなってしまいました。
パートナーさんが、ご機嫌な理由は今日の夕ご飯。
またしても、私の出番です。

今日の夕ご飯はお手軽ですけど、ちょっとえっへん!な自慢のご飯です。

DSCN2445_convert_20110610190620.jpg  DSCN2444_convert_20110610190537.jpg

新海苔のホワイトソース、エリンギ添へのパスタに
サーモンのソテー。

DSCN2443_convert_20110610190510.jpg

ワインはとってもお安いけれど、キャンティを用意しました。
パートナーさんが、「赤ワインの方が在庫が多いから赤で選んで」と言うから・・・

さて、今日のお料理のポイントなんですが、
新海苔のホワイトソース。
当地では新春から新海苔がとれます。海の筏が緑にそまる浮き浮きする季節。
一パック100グラムで90円から110円ぐらい。
新海苔は板海苔ではなく、養殖筏からとったそのまま。
それを、酢の物にしたり、お味噌汁に散らしたりして楽しみます。

当地に越して来て初めての春に知った新海苔に、私はぞっこん惚れ込みました。
東京に戻る時にはお土産にするくらいです。
新海苔大使になって全国に宣伝行脚してもいいくらいです。

それほど美味しい新海苔ですから、我が家では色々な使い方をするのですが、
私もパートナーさんも大好きなパスタのソースにするのが我が家の定番です。

パスタをアルデンテに茹で、ホワイトソースに新海苔を加えます。
海苔の磯の香りが華やかですから、余計な具は加えません。
ほんのひとつまみの塩で味を引き締めるだけです。
それだけで、もう本当に最高の新海苔パスタソースの完成です。

もう一品は、サーモンのソテー。
先日スーパーに買い物の行った際、パートナーさんの目に留まり我が家の買い物かごへ・・・
「美味しくしてあげるからね」 って私が心を込めてソテーします。
切り身魚のソテーは丁寧に片面を焼くこと。
ひっくり返して両面を焼こうとすると硬くなりますね。
皮目をパリっと焼いて、身はふっくらと仕上げます。

パスタにも使ったホワイトソース。こちらはサーモンのピンクを引き立てるために
敢えて新海苔は使わず白いまま。
でも、彩りに可愛いアスパラガスと人参を配しましょう。

こうゆうのを考えるのが楽しいですね。

キャンティは重すぎず、赤ワインですけど今日の料理にもぴったり。
チーズをおつまみにしながらいただきましょう。

いかがでしょう。
簡単手軽な料理ですけれど、一つ一つを確りみつめれば、
美味しい料理になって食卓が嬉しそうです。

かくして我が家の食卓は幸せの香りに包まれてゆくのです。
ちょっと酔ったかな?

スポンサーサイト



テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

記憶すること

お元気ですか?

西の方から雨がやってきます。
すでに九州四国地方は強い雨が降っているのかな?
当地は週末はしっかり雨の予報。弓の練習がしたいのにちょっと心配。


本を読んでいたパートナーさんが、ふっと顔をあげて話かけてきました。
「昨日、ジムでおばさん達が話しているのが聞こえてきたんだけど、
地震で浜岡原発が壊れても私達は大丈夫だよねって・・・」


ちょっと怒ったように言うパートナーさん。
もし、原発で事故が起こったら近隣に住む人達の被害は深刻なはずなのに、
他人ごとのように話す女性たちに憤慨しているのでしょう。
当地は海が近く風は西から吹きます。冬は遠い山からの北風が吹きますが、
東風が吹くことはまずありません。
当地より東に位置する浜岡原発。もし崩壊したとしても、放射能が当地に降ることはないだろう
というのが、女性達の安心の根拠なのです。

他人ごとの話。

「でもね、東名高速も東海道新幹線も浜岡から20㎞ぐらいのところでしょ。
ライフラインは寸断されるから影響が無いという訳はないね。」


とても他人ごとの話ではありません。

でも、女性たちの能天気な安心を笑うことは出来ません。
私だって心のどこかで「私は大丈夫」と思っていることを知っているからです。

私たちは自分に都合の良いように考えます。
心配や不安をいつも抱えていては健康を害し生命の危険さえ引き起こしますから、
実はとても大切なシステムで、
時には記憶を消したり、蓋をして思い出せないようにしたり、事実を変えて記憶したりもします。

能天気な会話をする女性たちは、実は自分達の生活を守るための正しい行動をしている
と考える事も出来るのです。

しかし、だからといって何時も大切な事から目を逸らしていていいものではありません。
困難な事、苦手な事、間違ってると思われる事、そういったことも確りと見定め、
せめてもですが、どう考えたかを記録しておくのも大切ではないでしょうか。

防災や原発問題のセミナーに参加するのもいいでしょう。
市民集会やデモに参加し自分の考えをまとめたり行動するのもいいでしょう。
日記、ブログに何をどう感じたかを書き留めておくこともとても良いことだと思います。

私達の記憶が緩くなり、書き換えられてしまわないうちに。


追記)

「東海地震はこの1年ぐらいのうちに起こってくれるといいね。」
「どうして?」
「だって、政府も中部電力も津波対策の防波堤で原発は守られると思っている。
でも、根拠も確証もどこにもないんだ。津波対策が効いたとして地震で建屋が壊れることだってある。
だったら運転停止している今のうちに地震が起こってくれたほうが被害は抑えられる可能性は高いよ。
防波堤が出来れば、これで安心だとまた声を大きくして言うのだろうし、油断するんだろうからね。」

「もともと人間が処理出来ない廃棄物を生み出す原発を作るという発想がおかしいし、
国策で原子力発電を進めて、安全は国が担保していたのに、電力会社にしてみたら、
今更なによって言いたいだろうね。」

「ドイツのメルケル首相みたいにもともと推進派だったのが、ガラっと方向転換する
勇気を持った政治家は見当たらないけど、国民が動かなければ政治は変わらないしなぁ」


当地、今日は穏やかな薄曇り。風もあまりありません。
メリー・ポピンズなら東風に乗ってやってきて西風に乗って去ってゆくのですが、
私達の風はどこへ吹くのでしょうね。



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google