FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

浜松劇突2012

お元気ですか?

今日二つ目の記事です。
先日弓道仲間の懇親会があり、駅近くのホテルに出かけました。銀行周りの用事でしか駅前には出かけないのですが、ちょうどその時は音楽祭なる模様しものが行われ賑やか。人だかりの向こうからは仮設ステージでaikoの「花火」を歌う地元バンドの声が聞こえています。

当地は楽器の町です。ジャズフェスタや国際ピアノコンクールなんかもあるのですがどのくらいの盛り上がりをみせるのでしょう。東京時代はクラシックのコンサートを専門にしてよく出かけていましたし、ジャズバーで一息つくのも楽しみでした。すっかりご無沙汰しています。

ホテルに向かう道すがらクラシックやジャズのポスターが張られていたので立ち止まって見ていると、中に演劇祭のポスターがありました。へぇ~、市民劇団の演劇や人形劇が8月からかかっていたようです。
もともとお芝居は大好きですから興味津々。懇親会が終わり家に帰って早速ネットで調べてみたところ、 はままつ演劇・人形劇フェスティバル2012「浜松ゲキトツ」というサイトがあります。色々な市民劇団が活躍しているんですね。嬉しくなってしまいました。
よく読んでみると、「お芝居を観て、ブログに書こう!」という企画があります。フェスティバルの様子やお芝居の感想を紹介して見ませんか?という企画。早速応募してみました。

hamageki_convert_20121019184452.jpg 

締め切り日の18日夜、市の文化振興財団さんからメールが届き、お芝居を自由に見に行けるフリーパスポートを頂けるとのこと。なんと私が応募第一号だったそうです。やったね。地域で活躍する劇団の様子を知り、お芝居を見、ブログに紹介する楽しみも・・・しかもフリーパスを頂いて無料で見られるんです。期待がたかまります。

hamageki2_convert_20121019184510.jpg
お芝居は10月21日のNPO法人シニア劇団浪漫座『ゴッホに恋して』から12月9日のM-Plant『時間魔人』までの7演目。楽しみです。

で、楽しみは楽しみなのですが、上演中の写真撮影は出来ません。会場の様子は撮れるとしてお芝居の様子は言葉によるご報告ご紹介になります。どこまで皆さんにお伝え出来るでしょうか?ちょっと不安もありますが、お楽しみにしてくださいね。

浜松市文化振興財団さん、フリーパスをありがとうございました。
パートナーさんと観て頑張って紹介させていただきますね。

追記)

浜松市文化振興財団さんからフリーチケットを頂きました。でもコンサートやお芝居って一人で観にいきませんよね。東京の独身時代、私はレコード会社や企画会社からコンサートのチケットを頂いては誰かを誘って東京文化会館やサントリーホール、カザルスホールなどによく出かけたものです。残念?なことにパートナーさんを誘った事は一度もありません。今でも時々「誰と行ったの?」とパートナーさんは私に落とし穴を用意することがありますが、おっとどっこい、毎回違う人だったので誰とと言うことが出来ないんです・・・なんて。

で、今回はパートナーさんにも「一緒に観に行くでしょう」と言うと「当然でしょう!」ですって。
パートナーさんのチケットを買うには前売り券が良いかな?って思いながらパンフレットを見ていたら、全6回公演の通しチケットがなんと3000円で売っていました。7回見に行くのですが、その内の1回は高校生の演劇でこれは無料なんです。でもパスポートも7回公演って書いてあげれば高校生も喜ぶのにと本気で思っています(これ文化財団さんへの注文です)。演じる事に違いはないのですからね。



パートナーさんのチケットを今日(20日)買ってきました。こちらにはお値段が印刷されています。

さぁてこれで準備ばんたん。後は確りお芝居を観て、出来たら劇団の人のお話も聞きたいななんてインタヴューのイメージを想像しながら・・・。

パートナーさんは、「チケット買いにいったらピアノコンクールのチケットを買いに来た人がいたよ。」なんて言っています。コンクールのチケットは本選当日が4000円で優勝者のお披露目チケットは2000円なんだそうです。まぁ学生さんですからね。でも、ホールで生の音を聴くということはとても大切なことです。行ってみましょうか。

文化の秋、芸術の秋・・・。当地の文化活動を少し体験してみましょう。
スポンサーサイト



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

ご利益を頂きます

お元気ですか?

豊川稲荷にお参りしてから小さなプレゼントが我が家にやってきます。
1回目はホテルの宿泊券、2回目は昨日紹介したご当地カレーの詰め合わせでした。
ちょと嬉しい小さな幸せ♪

パートナーさんは「応募する人が少ないのかな?」なんて言いながらも「今日のお昼はカレーにしよう」って朝からご飯を炊いています。分かりやすい性格ですね。

どれを食べようかとしばし迷って決めたのは「特選和牛静岡そだち」と「伊豆高原ケニーズハウスの白いカレー」の二つ。

2012101911580000_convert_20121019121508.jpg

昨日は分かりませんでしたが「特選和牛静岡そだち」のパッケージを開けると、具材へのこだわりが書かれていました。お肉はJA静岡経済連が高品質銘柄として認定した黒毛和牛ブランドで、生後30ヶ月齢ほどのメス。3等級以上の格付けを得たものだけを使っているそうです。じゃがいもは三方原の馬鈴薯で、三方原の赤いやせた土地が美味しいじゃがいもを作るのだそうです。北海道のじゃがいもを食べて育った私も美味しいと認める三方原のじゃがいもです。そして甘味の強い函南産の玉葱も入っているそうです。

実際、食べた感じはお肉は柔らかくじゃがいもも形食感を残しながらもバランスよく仕上がっています。癖のない優しい辛さはちょっと上品な感じ。美味しくいただきました。


2012101911590000_convert_20121019121526.jpg

もう一つは伊豆高原ですね。こちらは口に含んだ瞬間おっ辛い・・・と辛さのインパクトをまず感じます。きっとしょうがが入っているせいでしょうその辛さは後を引きずりません。そしてココナッツミルクの甘さが程よく辛さを包み込んで美味しさにつなげて行きます。小さくチキンのお肉が入っていますが、それ以外には具は見当たらなく「特選和牛静岡そだち」とは違って具の楽しみはありませんが、ルウの香り食感を楽しむといったカレーです。こちらも上手にまとめた商品です。


どちらが良いというわけではありませんが、「特選和牛静岡そだち」のほうが静岡産の具材にこだわった様子が皿に見て取れます。こっちが良いかな。

ご当地カレーはあと3種類あります。またご紹介しますね。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google