FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

やったね!遠軽高校

お元気ですか?

今日二回目のUPです。しかも私のブログでは珍しく野球の話題。
春のセンバツ甲子園の2日目、第一試合の遠軽高校対いわき海星高校の試合を見ました。といっても見始めた9時半にはすでに7回の表いわき海星の攻めている場面です。
え~?もうこんなに進んでるの?9時始りだと思っていたら8時半始まりだったのですね。それにしても1時間で7回は早いんじゃないの?

北海道函館市出身の私。実はオホーツクに面した湧別町やサロマ湖にも深いご縁があります。遠軽町は湧別のお隣の広い農地が広がる土地。鉄道が好きで北海道の汽車旅をされた方ならわかるでしょう。札幌・旭川方面からオホーツクを目指して来ると、湧別の方へ進む線路と北見網走方面に進む石北線との分岐する街でもあります。今は湧別や紋別に向かう線路が無くなってしまったので分岐の寂しさは列車の方向を変えることでかろうじて味わうことになるのですが・・・。
とちょっとマニアック?な話題に走ってしまいます。

ですから、遠軽高校が「21世紀枠」で出場が伝えられた時には「やった!」って喜んだのです。
遠軽高校出身の友人にも会って「甲子園楽しみだね」て言うと「おう、早速寄付金の手紙が来たよ」とまんざらでもありません。いぁやこんな楽しみを頂けるのなら寄付金ぐらい・・・なんて私の所には来ませんから気軽なものです。

さて、7回の表いわき海星高校の攻めを見ていると、なるほど遠軽のピッチャーもリズムにのって早い投球ですしいわき海星のバッターもバットをどんどん振っています。これは早く進むはずです。

点数を見ると3点を6回の裏に遠軽高校が入れたようですが、解説をよく聞くとそれまに4ヒットしかしていません。えぇ?そんなんで3点?点数は入ったもののいわき海星のピッチャーもいい投球を重ねて来たということでしょう。7回の裏の投球を見ると左腕から出るスライダーやカーブが遠軽のバッターを翻弄しているようです。

9回の表、最後のいわき海星高校の攻め。私は心の中でいわき海星を応援していました。第二バッターが力強いあたりで一塁線を抜きます。バッターは一塁を周り二塁に向かいますが送球でアウト。しかし遠軽高校の選手と交錯したことで走塁妨害を主張したのが認められて判定はセーフに。遠軽高校の生徒も意図的に走塁妨害をしたというわけではないのですが、いわき海星の生徒の抗議の勢いに審判も押されたといった形でしょう。次のバッターが打ち三塁に進みますが、最後はキャッチャーフライでお終い。

遠軽高校の校歌斉唱に瞰望岩(がんぼういわ)やオホーツクの言葉が聞かれたのが嬉しかったです。

10時には終わってしまった遠軽高校といわき海星高校の試合。日中何回かニュースを見ていましたがいわき海星を中心にしながらの報道が多いように感じます。遠軽高校だって雪の中で練習したりしているんですけどね。
夜、NHKのニュースを見ていたらいわき海星高校は水産高校なんですね。なるほどね、私が応援したくなったのも筋が通ります。(私は水産学校卒業ではありませんが水産学校や海洋学校の熱いファンです)

応援団では試合終了後お互いの健闘を讃えてエールの交換が行われます。試合が終われば一緒に戦った仲間なのです。そんな応援団長をしていた高校時代を思い出しながら遠軽高校の一勝を喜びましょう。相手を讃えることは勝利に一層の価値を産みます。

さぁ、遠軽高校!次の試合は28日木曜日9時からの第一試合で大阪桐蔭高校とあたります。よく名を聞く強豪校のようですが、精一杯頑張って欲しいですね。

遠軽高校を応援する「遠軽高校野球部甲子園出場後援会のホームページ」というのがありました。ガンダムの作者、安彦 良和さんも応援しています。

応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト



テーマ : 小さなしあわせ
ジャンル : 日記

『騎乗』

お元気ですか?

ディック・フランシスの『騎乗』を読みました。前回の『不屈』は面白かったもののその前の3作品が合わなかっただけにちょっと心配しながら読み始めたのですが、1頁目からそんな心配は飛んでいってしまいます。

お話は、17歳のアマチュア障害騎手ベネディクトが厩舎を首になるところからはじまります。彼の父親ジョージが下院議員選に出馬するため家族的要素をアピールしようとベネディクトを呼び寄せるためだったのです。子供の頃からジョッキーに夢を抱いていたベネディクトは強い挫折感と寂しさを感じながらも父親の選挙活動に加わることで大人の世界に踏み出してゆきます。そして、彼はこの選挙に不満を持つ誰かの妨害工作と闘うことに・・・。

これは大人の世界で闘う父親とそれを間近に見ながら大人になってゆく17歳の息子の闘いを描いた素晴らしい作品です。話が進む中で父親も息子を育てる為目指していた政治の世界を諦めた過去があることがわかります。実業界で成功をすることで実績を作ってきた父親は党から出馬指名を受けて自分の夢をつかもうとします。息子のベネディクトも選挙戦を終えると大学生活に進みますが同時にアマチュア騎手も再開し卒業すると競馬関係のレース資料や様々な事務業務を行うウェザビーに就職をします。自分の夢のために闘う親子が次第に分かり合ってゆく姿が丁寧に描かれています。

ディック・フランシスの作品では画家や銀行家、パイロットや会計士と様々な職業が登場します。今回は英国の下院議員とその選挙選が舞台。ボランティアの選挙活動や首相官邸でのパーティーの様子などが生き生きと描かれていてその点でも面白い作品でした。
高校生の男の子に是非読んでもらってお父さんと話をするきっかけにしてもらいたいと思います。


騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)騎乗 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(2003/01)
ディック フランシス

商品詳細を見る



さて、この『騎乗』は1997年36作目の作品です。私の机に置いてある作品リストに付けられた読了の印は34。2010年の11月に『反射』を Book Off で見つけてディックを読み始めてから2年半が過ぎました。共著も含めてあと10冊。今年中にゴールすることが出来るでしょうか?
先日からラジオドラマをきっかけに本を読んだ話を書いていますが、実はディック・フランシスもNHKのラジオドラマで名前を知ったのではないかと思っています。はっきりと確信を持っているわけではないのですが、そんな気をしているのです。それがどの作品であったかはもわかりませんが、NHKのアーカイブスに残っていないものでしょうか?どなたかご存知の方がいらしたら教えていただきたいと思っています。

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google