FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『拮抗』

お元気ですか?

ディック・フランシスの『拮抗』を読みました。次男フェリックスとの共作三冊目です。
主人公はネッド・タルボット。競馬専門のブックメーカーです。英国のブックメーカーは時々ニュースになるほど有名な存在で、村上春樹がノーベル賞を受賞するかどうかなんてオッズが話題になったくらいです。これまでもフランシスの作品にオッズが取り上げられたことはありましたが、ブックメーカーが主人公になったのははじめてでその仕事内容が詳しく書かれています。 

ストーリーは主人公ネッドの前に37年前に死んだと教えられていた自分の父親が現れます。ところが会ったばかりの父親が何者かによって刺殺され、僅かな手がかりからネッドは父親が偽名を使ってオーストラリアから英国に戻って来た事を知ります。しかも、父親の所持品には3万ポンドの現金とどう使うのか分からない電子機器が。ネッドは父親の姿を知ろうと危険な謎の中に入っていきます。

『拮抗』は幾重にもかさなった状況を楽しむ作品です。ネッドの家庭環境は決して良くありません。両親を失った彼を育てた祖母は認知症を患って施設にいます。妻も躁鬱病になっていてやはり入院治療を受けています。精一杯尽くそうとするネッドを動かしているのは家族を求める思いでしょう。しかし、突然現れた父親は警察によってネッドの母親を殺した殺人逃亡者だったと知らされます。父親の真実の姿を探らずにはいられません。
その父親が持っていた電子機器と現金には犯罪の匂いがします。競走馬の登録認証をするチップの偽造。馬をすり替える詐欺は関係者が多くなることから組織的犯罪です。電子機器を狙う者はどうゆう人達なのか。
一方ネッドのアシスタントでコンピューターに詳しいルカはウイルスソフトと携帯電話の妨害を駆使し大手ブックメーカーのオッズ操作や逆張りを妨害しますが、そのために怒りをかいます。
ネッドは幾つもの危機をどう解決しようとするのでしょうか。競馬界にあって最下層階級と言われるブックメーカーですが、ディック・フランシスは決して彼らの仕事を卑しめたりしません。直感的に働かせるオッズへの理解、勝っても負けても競馬ファンが賭けを楽しめるようにと心がけるサービス精神の機微。ブックメーカーが競馬を楽しむための重要な仕事であることを上手に描いています。そんなネッドのプロ意識が彼を窮地から脱するための大きな力となるようです。


拮抗〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 (競馬シリーズ)拮抗〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 (競馬シリーズ)
(2012/01/05)
ディック・フランシス、フェリックス・フランシス 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google