プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『凍原』

お元気ですか?

自衛隊が出動するほどの大雪が降ったかと思うと一転今日は4月並みの暖かさ。テレビのニュースでは雪山の注意と一緒に梅や桜の情報も伝えています。季節の変わり目は忙しいですね。
ここ数年定番となってしまった花粉症がひどくなったので病院に行くと、馴染みの看護婦さんが「また来たね」と笑いながら注射を打ちます。

図書館で本を借りるということを思い出し、連城三紀彦氏の『戻り川心中』を読みましたが、一緒に注文していた桜木紫乃さんの『凍源』を続けて読みました。去年『ホテルローヤル』で第149回直木賞を受賞されている作家ですが、その授賞式の様子を報道で見て北海道釧路の作家だと知ったぐらい。他のどんな作品を書かれているのかも分からないのでAmazonで見ると結構読者のコメントは好意的で評価が高く思えます。
『ホテルローヤル』を借りようと思ったらなんと570人が予約待ちをしているとのこと、貸出カウンターの女性が「お待ちになりますか?20冊ありますから」という。


『凍源』は釧路を舞台にしたミステリー仕立ての作品で、子供の頃弟を亡くした経験を持つ女性刑事が主人公のお話。札幌の車販売店の営業マンが納車に来た釧路で扼殺されて発見されたことから事件が始まる。彼の足取りを追ううちに次第に明らかになる土地の名士の過去。終戦間際、樺太からの引揚げという悲惨な歴史を現代につなげながらそれぞれの登場人物の心の重荷を上手く描いています。

読書の楽しみは文章の良さ、構成や主題、登場人物・・・など色々ありますが、舞台となる土地というのも重要な要素です。『凍源』で言えば釧路といういつもどんよりと冷たい霧に覆われた土地で何かに圧迫されながら暮らすイメージ、自然の宝庫というイメージの釧路湿原が持つ負の顔など釧路出身の作家ならではの筆が活きた作品です。そこに樺太引揚げと戦後の北海道開拓の歴史が作品に厚みをもたらします。
私個人としても、釧路は何回か訪れたことのある土地ですし、作品に出てくる塘路は釧路湿原のカヌー遊びの要所で私も利用した場所です。そんな馴染みの場所を思い浮かべながら読む楽しみは全く知らない土地の話を読むのとは違います。

作家個人の生い立ちからくる性愛への冷めた視点には好感を持てましたが、比喩的表現の多用がみられ少しわざとらしくうるさく感じる場面もあり全体的に作品の完成度に足踏みをしてしまったように思います。そうは言っても北海道のよしみ、作家の持つ硬質部分と文章には興味をそそられますから思い出したころまた別の作品を読んでみたいと感じます。



凍原凍原
(2009/10/14)
桜木 紫乃

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想
ジャンル : 小説・文学

『戻り川心中』

お元気ですか?

久しぶりにオーディオ店にパートナーさんと出かけた。店のブログでメーカーによるスピーカーの試聴が行われると知ったからなのだが、以前の様子をブログから見知っていたその通り、今回も20人程集まったお客さんは皆高齢の男性ばかり。楽器の町、技術者の町だから若い人の参加もあっていいと思うのだが、そうゆう私も若い人たちからみれば年配の部類に入っている。試聴会の様子はまた書くとして、今日は『戻り川心中』を読んだ話。

昨年、時々おじゃましては刺激をいただいているブログ「探偵小説三昧」のsugata様が10月に亡くなった連城三紀彦氏を悼み『戻り川心中』を再読したと感想を紹介されていた。連城氏は私には馴染みのない作家であったが、『戻り川心中』というタイトルには聞き覚えがあり、淀みや川底の地形などから川の流れが戻されてくるそんな現象をトリックに使った話ではなかったかと頭の隅に思い描きながら読みたいと思っていた。
ところが、利用する Book Off に連城氏の本は少なくなかなか近づくことが出来ない。ちょうど別な用事で図書館に行く事があったので検索をしてみたところ市内の図書館に有ることが分かり取り寄せてもらうことにした。

三鷹に住んでいた頃は図書館からの連絡は電話であったが今はメールで届く。早速受け取りに行った。
講談社の四六版ハードカバー、1980年9月20日 第一刷発行とある。表紙には図書館のバーコードとともに「汚損有り」「閉架」とシールが貼られているから、書架に並んでいるのではなく私のようにリクエストがあって貸し出される本になっているようだ。収録作品は講談社文庫と同じ「藤の香」「桔梗の宿」「桐の柩」「白蓮の寺」「戻り川心中」の短編5作品。男女の情をベースにしたミステリー仕立の作品である。作品一つ一つへの評は控えるが、文章、構成、展開とどれをとっても素晴らしい。ジョルジュ・シムノンに感じていることに共通するのだが、文学性とミステリーの融合が高く読んでいて古典を読むような安心感がある。表で語られる事件と裏に隠された事件の倒置も見事で作者の職人的仕事を読ませてもらっているようで読後には感心した気持ち良さが残る。
いつものことであるがsugata様には良い本を紹介していただいたとお礼申し上げたい。

さて、『戻り川心中』は角川のハルキ文庫版というのがあり、こちらには上記作品の他に『菊の塵』『花緋文字』『夕萩心中』の3作品が追加されているそうだ。『夕萩心中』講談社文庫で読むことが出来る。
これらは「花葬」連作と言い、『宵待草夜情』に収録の『能師の妻』、『幻影城の時代 完全版』(2008年)に書き下ろした『夜の自画像』を加えた10作品という考え方も出来るそうだが、これは全てブログから教えて頂いたこと。『夜の自画像』はちょっと分からないが、『夕萩心中』『宵待草夜情』と合わせて読んでいきたい。


おまけの話。

今回図書館で借りてきた本の中に誤植を発見した。

IMG_20140223_0001_convert_20140223134600.jpg

誤植は今ならミスタッチと言う方がふさわしいのかも知れないがタイピストではなく植字工が一字一字拾って組版をした時代の言葉の残り。手作業による仕事だから誤植は植字工さんの集中力が切れた時に起きやすく、ある間隔で起きるものである。今出版の世界で活字で本を組むのはどのくらいあるのだろうか。
特に上の誤植は今という字が横になってしまっていて、活字で組んだ本であることが分かる好例である。私なんかはこうゆうのを発見するとちょっと嬉しくなる。(印刷会社さん、ごめんなさい。)



戻り川心中 (講談社文庫)戻り川心中 (講談社文庫)
(1983/05)
連城 三紀彦

商品詳細を見る



テーマ : 読書感想
ジャンル : 小説・文学

『探偵はBARにいる』

お元気ですか?

東名高速が雪のため自動車が閉じ込められた状態になった。当地に雪は降らないが木曜日の夜から降り出した雨は強い風にあおられ勢いを増して雨戸に吹付け土曜日の昼すぎまで降り続けた。雪は無いけれどやはり寒い。その寒い中、友人と飲むため街に出る。駅の近く、チェーン店の居酒屋のドアには「雪のため鮮魚の入荷が出来ていません。お刺身のご注文は早めにお願いします。」といった内容の張り紙がなされている。まぁ今日は幹事さんがコース料理を頼んでくれているし、チェーン店で美味しいお刺身を頂くとも思っていないからいいのだが、天候が経済に及ぼす影響を久しぶりに間近に感じた。

子供の頃、毎日天候を気にする父の様子を見て、「人間ではどうすることも出来ない天気に気を使うなんて大変だ。大人になって仕事につく時には天候に左右されない仕事につきたいものだ。」と思った。無事大人になり仕事についた時、技術部門の上司から天気の影響について聞かされ、この仕事でもかと驚いた事があった。農業や漁業といった自然に直結した仕事の方はもちろん、道路や鉄道といった仕事、天候を関係ないと言える仕事は無いようだ。株価や為替だって天候によって上下している。


日曜日、昨日の酒が残っているほどではないが、久しぶりの楽しい飲み会の記憶を体に滲みらせながら寝坊をし、午後からは『探偵はBARにいる』を見る。一時期集中的に読んでいた東直己の俺シリーズ。札幌のススキノを舞台にしたハードボイルドといっていいだろう。その映画が作られたのを知ったのはもう3年前になる。劇場には行かないがいずれテレビでやるだろうと思っていたのでWOWOWの放送を知り早速録画した次第だ。

お話は、ススキノのバーにかかってくる電話で依頼を受けた探偵の“俺”はヤクザに襲われる。地上げに絡む放火殺人、それを暴こうとした男の死と次第に輪郭が見えてきた探偵であったが、依頼者の意図がつかめないでいるまま思わぬ方向に話は進んでゆく。

東さんの本を読んでいるし、冬の札幌も知っているからどうしても自分の頭の中の映像と比べながら映画を見てしまう。主人公の“俺”は大泉洋でこれは札幌の人気テレビ番組“水曜どうでしょう”での彼の活躍を知っていた身としては涙が出るほどに嬉しい。地方のテレビ局の番組が異例の人気を得、番組が終わった今でもDVDが売れ、番組ステッカーが売られている。そんな番組で成長した(大泉洋は当時まだ大学生の劇団員だった)彼が東さんの“俺”という役をするのはご褒美と言えなくもない。「いやぁ洋ちゃん、あんた出世したねぇ」とオバチャンならいうところだ。そこは私も賛成するが、私の頭の中にある“俺”は東さんのようにちょっと太めの一見頼りなさそうなオジサンといったほうが言い。実は本を読んでいる時には小樽に住む私の従兄弟を想像していた。体型は太めだが面倒見が良く頭も切れて話が面白いので男にも女にも人気のある従兄弟はちょっと自由人の空気を持っている・・・。
友人の高田もイメージは違ったが、松田龍平もなかなか良い。なによりもこの二人が東さんの原作にある人への優しさの部分を上手く演じている。時にグロいところもある東さんの本であるが、主人公達のハードボイルドの裏地である優しさが作品の救いとなっている。そこを役者も演じているし、監督もきちんと意識して表現している。

パートナーさんと見ていて、原作を読んでいないパートナーさんが「探偵には名前が無いの?」と訊いてくる。良い質問だ。“俺”シリーズだからね。依頼の電話をかけてきた女性も見ぬいたし、探偵が小樽に行った理由も見ぬいた。パートナーさんはなかなか探偵の素質がありそうだ。
そんな事を思っていたら、「日本の映画ってクラブのシーンなのに他のお客さんが居ないね。」ときた。海外のドラマをよく見ているから描き方の違いを言っているのだ。探偵だけでなく演出もやりそうなパートナーさんである。



探偵はBARにいる 通常版 [DVD]探偵はBARにいる 通常版 [DVD]
(2012/02/10)
大泉 洋、松田龍平 他

商品詳細を見る

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

ゲームの話

お元気ですか?

雪を伝えるニュースを見ながら、東京の友人に雪見舞いのメールをしました。ニュースでは年配の方が家の周りで滑って足を折る事故を伝えています。慣れない雪でしょうからどうぞお気をつけ下さい。
函館に暮らしていた頃、冬の時季は毎日雪かきです。朝、父が会社に出る前に玄関先から家の前の道路を雪かきします。学校の無い日には日に何回か雪かきをしますし、屋根に積もった雪も落としますから家の周りにたまった雪を広場に捨てに行ったりもします。空を見上げシュジュポスを思い起こしたりしながら、こうやって生きていくんだと心の中に降り積もるものの正体を見つめます。


今日はゲームのお話。
といっても私はゲームに興味を持っているわけでもありません。時々このブログにもオンラインゲームか何かなのでしょう、◯◯ゲームの攻略法を紹介していますといった内容の方がいらしていますが、さっさと削除しています。
子供の頃、ゲームを一緒に遊ぶ友人がいませんでした。父は将棋も碁もしませんでしたし何より一緒にいませんでしたから教えてもらうこともありません。クラスに将棋や碁をする子供がいるとちょっとうらやましかったものです。

中学生か高校生のころでしょうか?インベーダーゲームというのが流行りました。喫茶店には黒いガラス張りのテーブルが置かれブラウン管に映る画面を見ながらスティックを操ります。最初は二三台だったテーブルも次第に台数が増え、お店の中はピコピコガチャガチャした音で騒がしい事。これでは喫茶店で珈琲を飲むことも出来ません。あんなものに夢中になるなんて何が面白いんだろうと興味も無い私は結局インベーダーゲームというのを経験しませんでした。

パソコンが登場しWindowsが普及した頃、フリーセルがおまけで付いているのを知りました。トランプで馴染みのあるゲームです。何回かやりました。パートナーさんは今もやっていますが、私はやりません。何故なのでしょう。ぼんやり考えなら分かったのですが、パソコンと実際にカードを手にするゲームの決定的違いがあって自分でシャッフルすることが出来ないのです。カードゲームの楽しみはシャッフルする時とカードを配る時、めくる時にあります。イカサマもこの時に行われますが、人の手が関与するこの時こそがカードゲームの醍醐味なのです。それでもフリーセルは全部ひらく手順というのを楽しむ事ができますからまだ良い方でしょう。ブラックジャックこれは本当に確率のゲームです。ところがプレーヤーにはディーラーがカードセットをもとにゲームしているかどうかがわりません。ゲームの土台となるところが不明なのです。勝ち負けで金額が変わるのを眺めただけでつまらなくなりました。

パソコンで出来るゲームで楽しんだのはスクラブルでした。アルファベットを並べて単語をつくるゲームです。グーグルで見つけたこのゲームの良い所は相手にせかされる事の無いことでした。じっくり考えることも出来ますし、単語として成立しない時にはパソコンがダメですよって受け付けてくれません。逆にこんな単語あったような気がするけどといったうるおぼえで置いていっても成立する場合もあります。ですからスクラブルをやる時には英語の辞書を手元に置いておき出来た単語を後から辞書で引いて意味を確かめるといった事も出来るのです。何日か休んで思い出したように再開しても前回の続きから出来るのもいいところでした。

ところが、そのスクラブルがグーグルストアから無くなってしまいました。私はネット上での対戦はしていませんでしたがゲームを楽しんでいた方達からは惜しむ声が寄せられ、思いを共有したものです。

グーグルストアには同じようなゲームがいくつもあります。スクラブルもきっと出代ってくるのだろうと時々探すのですが同じようなものがありません。
先日スクラブルとタイトルのついたゲームがあったのでダウンロードしてみました。ところが、このゲームはパソコンが並べたアルファベットから単語を作るのは同じなのですが、1分間のうちにどれだけ単語を作れるかを競うゲームになっていて忙しいのです。アルファベットを見て瞬間的に思いついた単語を作らなければなりません。まぁそれはそれで頭の体操にはなるのですが、本来のスクラブルのように今置かれている単語を利用するということも出来ませんし、辞書で単語の意味を確認するという楽しみもありません。せっかく単語遊びのゲームなのにパソコンに急かされている感じばかりがして楽しい気持ちになれないのです。もうちょっと心に余裕のあるゲームづくりをして欲しいものです。

さて、パソコンとゲームの世界で昨年話題になったのは将棋の対局。人工知能の開発と相まって今ではプロ棋士との対局が話題になるほどに進化したのでしょう。私は将棋、碁、チェスなどはパソコンにさし方を教えてもらいながらやってみるというレベルなのですが、簡単なレベルですがチェスで勝ったりするとやっぱり嬉しいものです。
もう一つ、パソコンと相性の良いゲームは数独。数字を埋めるパズルで世界選手権もあるそうです。グーグルストアにも何種類ものゲームが紹介されていて、数学好きの私としてはチャレンジしてみたい気もあるのですが、実は数独はパートナーさんの方が得意です。少し短気な私は数字をじっくり考えて組み合わせるというのはイライラしてしまいます。アルファベットなら何でもないのに面白い事だと自己分析の参考に出来ないかと考えているところ。パートナーさんは長く経理の仕事をしていたこともあって数字を見ることに抵抗が無いのが良いのかも知れません。


如何です?パソコンのゲームといっても様々な物があります。そのつきあい方、得手不得手を見て自分の性質を知る手がかりになるかもしれません。最近は学習塾や学校教育の場でもゲーム感覚の教材が沢山出ています。ゲームばかりして少しは勉強しなさいなんて叱るのは遥か昔の話になってしまったようです。そのうちに、パソコンのゲームをしながら精神面を育てたり情操教育をするなんていう事になるのでしょう。



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

会話の話

お元気ですか?

先日はコートも要らないくらいに暖かかったのに、一転寒い日になりました。体調管理に気をつけたいですね。

テレビで記憶の話をしていました。記憶した事を思い出しにくいのは忘れているのでは無く思い出す力が弱まっているのだそうで、刺激を与えることで記憶力は良くなるのだそうです。その例として夫婦の会話を増やすことで記憶力を強くする例を紹介をしています。なるほど、確かにのんびり暮らしているとなんだかボケてしまうような気がします。忙しく動いたり会話をすることで何時も頭を働かせていれば少しは良いのかもしれません。外国語の習得も物忘れ防止には効果があるそうです。

会話の少ないご夫婦の映像を見て「ふぅ~ん、うちには考えられないね。」とパートナーさんが言います。
とは言ってもパートナーさんは決しておしゃべりな人ではありません。どちらかと言うと無口な方で黙っていればいつまでも黙って本を読んだりお料理を作ったりと自分の好きな事思いついた事をやっています。

そのパートナーさんがチベットのマニ車をテレビで見ながら「あの中にはどんなお経が入っているんだろう」と言ったり「禅宗のお坊さん以外の宗派でも座禅するのかな」なんて質問をします。極めつけは「写経ってどうして般若心経なんだろう」って。
そんな会話というか質問に答えたり調べたりと忙しい私。「写経は何も般若心経だけじゃないけど、短いから手頃なんじゃない」なんてのんきな返事をしてごまかします。

そこで思い出して本を出してきました。

生きて死ぬ智慧生きて死ぬ智慧
(2004/09/18)
柳澤 桂子

商品詳細を見る


生命科学者柳澤桂子さんが般若心経を現代詩の形に訳した本です。科学者らしい解釈が新鮮な感覚で響いてきますし堀文子さんという日本画家の絵も素敵です。

しばらくこの本を読んでいたパートナーさん、何を言うのかなと思っていたら「無って難しいね」と。
いきなり本題ですね。

色不異空 空不異色
色即是空 空即是色
受想行識 亦復如是

般若心経は無について丁寧に説かれたお経です。生老病死の不安や恐れから始まり縁起の法を説いた釈迦は無というものにたどり着きます。

「そうだね、無は難しいね。でも弓道をやっていて時々“えっ今のどうしたの”って感じで矢が飛んで行くことがあるけどその時は自分が何をしたのかわからないのだよ。その時は心にも体にも何も無いんだよ。」
「貴方は弓道でそうゆう体験をするからわかるのかも知れないけど、何時もあるの?」
「いや、一年に一回あるかどうかだね。」

無を体感するのは弓道だけではありません。スポーツでもいいでしょうし楽器の演奏でもいいかもしれません。何かをしている最中、突然無に包まれ自分すら無くなってゆくことがあります。写経で筆を持つのも、お経を写しとるという修行と同時にひたすら書くということを通じて無になることを経験するためなのかもしれません。

テレビで見たご夫婦は長年連れ添ううちに相手を空気のような存在だと言っていましたが、無になって自分と一緒になればそれはそれであたたかく慈しむ存在になることでしょう。夫婦の会話も無になるための修行なのかも知れません。

さてさて、私達はそれまでにどれ程の修行をしなければならないのでしょうね。

今日のおまけ)

パートナーさん手作りのケーキです。しっとりとしたりんごジャムを練り込んでいます。
パートナーさんのケーキ。むむむです。

DSCN6813_convert_20140206211215.jpg

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

『時間飛行士へのささやかな贈物』

お元気ですか?

当地の冬は明るい陽射しと強い風。お洗濯物を干すにはいいようでパートナーさんは朝干した洗濯物をお昼過ぎには取り込んでいます。雪の多い北国ではこうはいきませんね。

フィリップ・K・ディックの『時間飛行士へのささやかな贈物』を読みました。ハヤカワ文庫のディック傑作集②です。
自分の父親が宇宙人に乗っ取られるのを見てしまった子供の話『父さんににたもの』、機械が人間に必要なものをなんでも作ってくれるようになった世界が行き着く先はという『自動工場』、自分たちが見ている現実の世界はどこまでが自分の外にありどこまでが自分の頭の中で創造したものなのだろうという問題の『電気蟻』、そしてタイムトラベルを管理する世界を描いた『時間飛行士へのささやかな贈物』など色々なテーマが問題意識深く提示されていて面白い本です。

例へば自分の親が他人だったらと考えるのは例えそれが宇宙人ではなくても子供の頃きっと夢想することでしょう。現実の世界が実は自分の頭の中だけで創造されたものだとしたらと私も子供の頃に考えたものでした。認識や実存について考えるずっと昔の事です。そうゆうテーマをSFというジャンルで作品にするところに私は文学の力を感じます。
先日見た映画『最高の人生のはじめ方』の中でモーガン・フリーマン演じる作家が隣の家に住む少女に想像する素晴らしさを伝える話が出てきます。人間は想像する生き物です。想像することで街を作ったり、車を走らせたり、宇宙にだって出かけてゆくのです。
精神分析医が人間を研究するはるか以前から文学は人間の心を知り、科学者が理論を見つけるはるか以前からSF作家は未来の技術を知っていたのです。これは全て想像の力のたまものです。
子供の頃、自分の部屋が宇宙船になり窓の外に暗い宇宙と探検に向かう星々を想像した時の楽しかった事を私は今でも覚えています。宇宙船ではありませんが、今だってベランダの窓から外を見てはいろんな事を考えます。夜、布団の中で本を読むのに疲れれば、目を閉じて静かに物語を考えたりもします。

もし、そうゆう想像の一切を禁じられたり、出来なくなったらそれこそ私は頭がおかしくなるかもしれません。

そうならないためにも、次は何を読みましょうか。

IMG_20140201_0001_convert_20140201130629.jpg

テーマ : SF
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google