プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『死は誰も忘れない』ディディエ・デナンクス

お元気ですか?

『死は誰も忘れない』を読みました。『記憶のための殺人』に続くディディエ・デナンクスの2冊目です。

こんなお話です。
1963年、フランス北部ブラヴァンクールの町にある職業専門学校で一人の学生リュシアンが池で溺死した。ぬかるみの地面には《ぼくの父は人殺しではない》と文字が書かれていていたが、捜索にあたった教師はその文字を足で消し警察は事故死として処理した。それから25年ライターのマルクはジャン・リクアールを訪ね戦時下でのレジスタンス活動について取材をしている。ジャンはリュシアンの父親でドイツに協力した人物を殺害した罪に問われ戦後投獄された経験をもっていた。

インタビューによって語られるレジスタスの過去と過酷な経験はカミユの描く世界のように不条理だ。特別な政治意識もない若者が次第にレジスタンスの活動に組み込まれてゆくが末端の彼には自分がどのような組織に属し何の目的で行動しているのかさえ分からないまま事態が動いてゆく。それでも活動しているという気持ちの高揚は彼を支配してゆく。そして、戦後の裁判で殺人罪に問われたジャン・リクアールは「ぼくがレジスタンスの活動家だったのはたったの数週間だけなんです。」「命令に従っただけです。」と抗弁する。

ディディエ・デナンクスが掘り起こす歴史には目に見えるものの裏でうごめくものがあり『死は誰も忘れない』でも英雄的に語られるレジスタンスとは違い消耗品として使い捨てられてゆく人々が描かれる。使い捨てられる人々がいるという事は当然使う側の人間がいるわけで彼らは立場や情報を利用ししたたかに生きてゆく。ではデナンクスは告発の物語を書こうとしているのだろうか。私にはそうは思えない。
前作『記憶のための殺人』ではフランスに侵攻してきたナチスドイツに積極的に協力しユダヤ人移送に加担した事実が掘り起こされていたが、そこには自らの判断を持たず役人的に協力する人物が登場する。
以前見た映画『ハンナ・アーレント』ではアイヒマンの裁判を傍聴した彼女が、命令に忠実に従うだけのアイヒマンのような小役人が、思考を放棄し、官僚組織の歯車になってしまうことで、ホロコーストに加担してしまうということ、無思考と凡庸が悪の温床になって行くことを明らかにしていた。『記憶のための殺人』は正にフランス版のそれなのだが、『死は誰も忘れない』でもレジスタンス活動に加担してゆくなかで普通の人間が巻き込まれてゆく不幸を描いている。普通の人間が幸せに生きられない不幸であるが、無知の不幸、凡庸の不幸という事も出来る。そう思うとにわかに警戒しなければと思うようになる。私も無知で凡庸な人間だからだ。

パリではテロがあり今も厳戒態勢にある。オウム真理教による東京都庁爆破事件では幇助の罪に問われていた女性に無罪判決が下され裁判官が法的には無罪であるが結果に向き合うように被告に諭した。私たちは何を見て考え自分の行動を決めてゆくのだろう。悪しき心の入り込まないように、悪しき者に翻弄されることのないように警戒しなければならない。

151130.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

『記憶のための殺人』ディディエ・デナンクス

お元気ですか?

いつも参考にさせていただいている「探偵小説三昧」さん。今回もおもわずうなってしまう本をご紹介いただきました。ディディエ・デナンクスの『記憶のための殺人』です。訳者あとがきによるとデナンクスは1945年にパリ北部のサン=ドニという労働者の町で生まれ印刷工を経て作家になったといいます。両親はアルジェリア戦争反対の運動に参加し、祖父の一人は第一次世界大戦中に脱走するアナーキスト、もう一人はボルシェビィキで共産党員として市長を務める人だったといいますからから子供のころから政治意識の深い家庭環境で育ったことは想像できます。

小説は1961年10月17日パリで大規模なアルジェリア人によるデモが行われる場面から始まる。高校で歴史を教える教師ロジェ・ティロは身重の妻の待つ自宅に帰る途中デモに遭遇し家の前でその様子を見ているところを何者かに拳銃で殺される。そして20年後、ティロの息子ベルナールは恋人とスペインへ向かう旅行の途中トゥールーズに立ち寄り公文書館で調べものをするがその直後やはり何者かに射殺される。ベルナールの事件を調べる刑事カダンは20年前の父親ロジェ殺害に関連性を感じやがて捜査はフランスの隠された歴史に触れてゆく。

読んでいるうちにこれは良い本だという感触が体の中でざわざわとしてくる。史実をもとにした小説には作者による視点によってそれまであまり知られていなかった事が浮き出してくる作品がありそれが作品の力になる。時には一人の作者によって掘り起こされた史実が他の作家にも取り上げられブームのようにさえなることもあり『記憶のための殺人』は正にそういった力を持った作品でディディエ・デナンクスの方向を示す作品でもある。読み終わるとすぐにもう一度読み返したくなる本だった。

それにしてもフランスは政治史が面白い。王侯貴族の華やかな生活や文化、美術やファッション、グルメとワインといった観光メニューそのままに並べていっても必ず歴史的事件に引き寄せられてゆく。近代の外交政策をみてもフランスの中東やアフリカに対する独自の政策は他国とは一線を画したもので、対話の裏側で暗躍する様は正に政治的かけひきのドラマだ。今回『記憶のための殺人』はアルジェリア人デモやヴィシー政権下でのナチスドイツへの協力、ユダヤ人問題を浮き彫りにしているが、現在のフランスの状況の根底にあるものを考えるきっかけを与えてくれているようだ。ヴィシー政権によってイギリスに逃れレジスタントと活動をともにしたシャルル・ド・ゴールは戦後首相に返り咲き1959年に大統領になってアルジェリア問題に対応している。そしてシャルル・ド・ゴールの名を冠した空母が現在シリアでの攻撃に参加している。

さて、本書は訳者注記とあとがきが素晴らしい。フランスの歴史に詳しくない人も訳者注記を読んだあともう一度小説を読み直すと歴史の闇の暗さをより感じることが出来るだろう。そして訳者あとがきはデナンクスへの親愛を感じられるほど彼の作品を紹介してくれている。邦訳の出ているものそうでないものがあるが、Amazonで調べて手に入れることが可能だ。少しづつ読み進めてみたい。

151125.jpg

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

医療の学校

お元気ですか?

今日は今年最後の連休の中日。当地は幸いに天候もよく行楽日和です。私たちもイベントホールに出かけることにしました。実は「メディメッセージ2015医療の学校」という企画が開催されています。病院で働く医師や医療スタッフが最新の医療の現場の様子を伝えるもので、県の東部、中央、西部と三つのブロックに分けて毎年持ち回りで開催しているのだそうです。

201511221_convert_20151122095739.jpg  201511222_convert_20151122095758.jpg

会場に着くとパンフレットを渡され、見るとスタンプを押してもらいお土産がもらえるそうです。大人と子供とではスタンプの数が違うようですが、何がもらえるのでしょう。パネル展示に誘導されて進むと、当地は健康寿命日本一の都市だという事が紹介されています。男性72.98歳、女性75.94歳です。健康寿命というのは健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことで、平均寿命から介護(自立した生活ができない)期間を引いた数が健康寿命になります。
そして、なぜ当地が健康寿命で一位なのかというと、天候が温暖で日照時間が長い事、古くから街道が発達し人や物資の往来が盛んであったこと、製造業の企業が多く労働の機会に恵まれていることなどが挙げられ、それに加えて地域一体となった医療体制があるそうです。医療体制は分かりませんが確かに街が元気ならばそこに暮らす人も元気なはずです。

会場は子供連れの家族でいっぱいで、手術室の器具を紹介したり人工透析のコーナーなどに人が集まっていますし、救急車が展示され親子で乗って救急救命士が説明をしています。私たちは目的の一つ「ロボットとリハビリの新しい関係」という講演を聞きます。大学病院のリハビリの先生が歩行を助けるロボットを紹介します。ガンダムのように人の意思を電気信号として読み取り機械を動かすモビルスーツ型ロボットであることの説明があり、実際に装着した人が歩いて見せるのです。歩行や階段の上り下り、スクワットの動きなどを実演します。一通りの説明が終わり司会者から会場に「質問がありますか」と言われると子供たちが手を挙げています。男の子が「どんな動きが出来ますか」との質問に先生は「この機械は歩く用に作られていますが走ることが出来るようにもなるかもしれません」と答えると、実演者の方が小走りを見せてくれます。少し無理がありますが可能性は見えます。女の子は「幾らするのですか」と訊きます。メーカーの方が「リースやレンタルですが、月20万円です。」と。女の子は「高い」と驚いています。最後に手を挙げた男の子は「歩けるようになるんですか」という質問。これには先生も会場の大人たちもびっくりです。的を得た質問です。先生は「私たちもそのためにロボットを使い、リハビリの後はロボットが無くても歩けるようになるようにしているんです。」と答えています。私は神経のセンサーや制御の事を知りたかったのですが、会場でする質問ではありません。

そのほかにも画像診断技術を紹介するコーナー、ギブスカッターを体験するコーナー、脳卒中リハビリを体験するコーナーなどや検査技師の仕事を紹介するコーナーなどで子供たちが実際に顕微鏡を覗いたり、器具にふれたりしています。

201511231_convert_20151123064848.jpg  201511232_convert_20151123070927.jpg


物作りの街である当地らしい企業の展示もあります。ねじブロックというおもちゃですが、色々な形のボルトやナットを使って立体造形を作り、指先の動きや形を想像することで脳の働きを促します。子供の頃大工道具箱をごそごそやっていたことを医療の視点から見たおもちゃです。こうゆうの好きですね。

私たちは健康診断のコーナーに進み、体成分測定や動脈硬化測定、骨密度の測定などをしてもらいます。骨密度は良いのですが、私は血管が固いようです。ちょっと不安になりますし固い血管は柔らかくはならないと言われます。きっと体質のようなものもあるのでしょう。血圧も注意した生活をしていますし野菜も好きですからあまり神経質になることはないと思って自分を納得させます。後でネットを見たら動脈硬化はその原因にもよりますが自転車など有酸素運動が効果的で血管が若返るとも出ています。弓道は無酸素運動ですから練習を増やしてもだめでしょうか?自転車で道場に通うように出来ればいいのですが。

気が付くとあっという間に3時間ほどたっています。まだまだ見てても面白い「医療の学校」です。最新の医療や機器、実際に働く人の話を聴ける機会は貴重ですし、子供たちにとっては興味が広がる良いきっかけです。
スタンプを押してもらい、パートナーさんと二人で注射器のデザインをした蛍光ペンとBMIメジャーを頂戴して会場を離れました。




テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Cake salé ケークサレ

お元気ですか?

またパリでテロ事件が起こり120人を超す犠牲者が出たと報道されている。深く悲しく残念なことだ。テロリストは意見を行動に表すときに理屈ではなく感情によっているのだろう。哀れなことだ。私たち普通に生きる人間ですら暴走する感情に呑み込まれれば自らに不幸な結果を引き寄せる。ならばテロリストのように大きくうねる感情で悪をなす結果はどれほどの災いを招くのだろう。私たちは祈りとともにしっかりと見届けなければならない。


パートナーさんが「出来たから味見して。」といつもケーキやラザニヤを作る耐熱容器に入ったものを二つ持ってきた。ネットで最近よく出て来るケークサレというものなのだそうだ。ネットでは色々なレシピが紹介されているのだそうで、ケーキに練りこまれている具材も様々なのだという。最初パートナーさんはケークサクレと言うので、私は丸いケーキ?聖なるケーキ?と思っていたが、正しくはケークサレ、Cake salé 塩ケーキといってフランスの家庭料理お惣菜のようなものだ。



今回パートナーさんが作ったものは卵やオリーブオイルを調整したぐらいで具をあまり使わないシンプルなもの。ボリュームは無いがそのぶん気軽に食べることが出来る。

普通に家庭料理を食べ、生きることに感謝している。平らかな心を育て雑味のあるものを寄せ付けないよう心がける。そして他人のために祈る。我が家のケークサレがケークサクレであることを願おう。

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

『アミ 小さな宇宙人』エンリケ・バリオス

お元気ですか?

朝夕はすっかり寒くなり、スーパーには柿や林檎、みかんが並びます。当地の柿は次郎柿という四角くて甘い大きな柿、みかんはまだ早生ですが小粒の実のぷっくりとしたものが美味しく、少しドライブして直接農家さんに行ったり選果場の売店に買いに行くのです。当地に越して来たころはそうゆう買い方が珍しく思ったものですが、今では当たり前になっていて一冬に一二回は出かけてみるのです。


このブログによく来てくださる方がいます。スピリチャルをテーマにしたブログを書かれているのですが、当初はたまたま見てくださったのだとしか思わずにいたのですが、その方が来てくださるようになってからもう長くなっています。訪問者リストを見て来てくださったのが判ると私もどんな記事を書かれているのか見るようにしているのですが、私にはスピリチャルに関しての知識、誰がどうゆう本を書いているのか、スピリチャルの傾向、流れがどうゆうものなのかという知識がありませんので、正直なところきちんと理解してブログを読めているのかどうかが判りません。
もともとスピリチャルという言葉の意味も良くわかっていません。精神世界、霊的なもの、愛による宇宙の統一とか並べてみても基礎的な知識がないので言葉による理解には限界があると思っています。それに加えて時々テレビでタレント(この言葉も意味が不明です)がスピリチャルを唱え、雑誌や本が連動するように本屋の平台に並ぶのを見ると、何かまがい物っぽく映り近づきたくないと思ってしまうのです。

そんな私の処にその方が来てくださるのは何故なのか、楽しい疑問を持ちながら私も読ませていただいているのですが、先日その方のブログで本を紹介されていましたので読むことにしました。『アミ 小さな宇宙人』というチリ出身のエンリケ・バリオスという方が書いた本です。昔むかしオカルト系の本やエドガー・ケーシーの本、シャーリー・マクレーンの本を読んだ事はありましたが、スピリチャルの本というのは初めてです。

『アミ 小さな宇宙人』はこんなお話しです。
10歳の少年ペドロはある夕方海に落ちる飛行物体を目撃します。海に沈んだ飛行物体から子供の姿をした宇宙人が泳いでやってきてペドロ少年に宇宙人であることを明し「この宇宙は生命で満ち溢れている」と言います。宇宙人はペドロ少年をペドゥリートと親しみを込めて呼び、自分の事をアミーゴと呼んでくれと言います。アミはペドゥリートに宇宙には法がありその法に則って世界の統一をはかること、宇宙の基本法に基づいた組織づくりをすすることで文明世界と呼ばれ、地球はまだそれが出来ていないから未開世界だと伝えます。そしてペドゥリート少年を連れて宇宙に飛び出しオフィルという星で文明世界を見せるのです。そこは宇宙のいたるところから集まった人(アトランティス大陸崩壊から逃れてきた地球人もいます)が暮らす法に則った自由な世界です。はじめは戸惑うペドゥリート少年でしたがアミの導きによって次第に宇宙の法が愛であることを知り、自分の中の素質、役割にも気づいてゆきます。

なかなか面白い本です。例えば人間が行っている戦争や詐欺など悪い行いが地球の生命を傷つけているというのは良くわかります。愛が宇宙の基本法であり、科学と精神性(霊性)は同じものだというのもわかる気がします。でも本の話はこのぐらいにしておきましょう。なにせ私はスピリチャルの門外漢なのですから、間違った理解をひけらかしてしまうかもしれません。

実は私は少し不思議な経験をする体質のようでした。夢の中で二人の巫女を連れた男の人に出会い「ここに来るにはまだ早い」と言われたことがあります。その男の人は胸に金色に輝く大きくて丸いプレートを下げていましたが、私には太陽神のように思われます。男と巫女はそれぞれ尖がった山の頂上に立っているのですが、私は空中にいてその男と向き合っています。目覚めたとき私はとても嬉しい気持ちに包まれていました。
また、こんな夢を見た事もあります。薄明りの空間の中、壁も床もわからないのですが、一人の人が立っていて緑色に輝く輪がその人の上から下がってきます。ちょうど輝きながらフラフープの輪が降りてくるような感じなのですが、その輪が降りるにつれ、まるで服を脱いだように人の姿が変化し鮮明になってゆくのです。そんな夢を友人に話すと、それは私が宇宙人に会ったのだと言います。唐突にそんな夢を見るのです。

無くしたものを探すのも得意で頭の中にイメージが来てある場所が見えてくることも良くあります。近い未来が見えて来ることもありました。そんなちょっと不思議な体験は私には馴染みのあるものでしたから私の中では普通に受け入れられるものです。このような体験を通じて私は一つの考えを持つようになっています。それは物事は在るべきところに納まるように出来ているという事です。しかし自分の欲やエゴなど悪しき思いが邪魔をしてなかなか正しく在るべきところに在ることが出来ないでいます。そんなふうに思えるのです。
例えば私がやっている弓道では、基本にのっとって正しく引き正しく離れれば矢は自ずと的に中ると教えます。決して的を狙って中てるのではないのです。そこには作為的な心が存在します。そうゆう自分の心を排し正しい心と技で弓を引くことが肝心なのです。

私たちはともすれば自分の利益になることを中心に物事を判断します。しかし在るべきものがある世界から見れば個人の利益、国の利益といったものは全く重要なものではなく逆に邪魔なものなのだと思えてきます。
現実の世界では、私たちは様々な問題に出会います。仕事や家族の人間関係、経済的問題や健康の問題など沢山の問題が岩山を上るかのように転がっています。でもどうでしょう。少し立ち止まって自分の姿を見てみたとき、それらの問題はどうゆうふうに見えてくるのでしょうか。
宇宙船にでも乗った気持ちになって自分自身や私たちをとりまく世界、悩み多き問題の数々を見渡したとき以外と静かな気持ちで見てみるとあるべき姿が見えて来るのかもしれません。そしてその時、私たちの体と心の中にある残された力、種のようなものが何であるかを見てみたら私たちは何かに気が付くかもしれません。

出来る事なら、宇宙人に教えられる前に自分たちで気が付きたいと思うのですが。



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

『エージェント6』トム・ロブ・スミス

お元気ですか?

トム・ロブ・スミスの『エージェント6』を読みました。『チャイルド44』『グラーグ57』に続く三作目でソ連の秘密警察捜査官レオ・デミドフを主人公としたシーリーズの完結編です。

話は1950年レオと妻ライーサの出会いと共産主義に傾倒するアメリカの黒人歌手ジェシー・オースティンのモスクワ訪問の様子から始まります。そして15年後、つまりその15年の間に『チャイルド44』『グラーグ57』があるのですが、教育者として成功を収めたライーサは冷戦下にあるアメリカに国際親善団として学生を連れてNYの国連を訪れ、米ソの陰謀が絡み合う渦に巻き込まれて行きます。
ここで私は「ダイ・ハード」かな?と想像したのですが、レオは捜査官を辞め工場勤めの身になっていて国外に出ることができません。
15年後、アフガニスタンのカブールにレオは秘密警察に復職しソ連の軍事顧問として働いています。NYでライーサを亡くした後復讐に燃えながらも何もできないレオは自分を責めアヘン中毒になっているのです。

読んでいて作者は何を描きたいのかがよくわかりませんでした。前半は共産主義思想をもつアメリカ人がFBIの監視下におかれ生活を失ってゆく様子が描かれます。後半はアフガニスタンの中でソ連がどのような立場にあるのかが描かれます。もちろん読者はレオがライーサの死の真相に近づくことを期待し物語がどう動いていくかを楽しむのですしそれも確かに描かれているのですが、どうも私には違和感が残ります。作品としてのバランスの問題かもしれません。

そうはいってもアフガニスタンやパキスタンでの紛争の様子などはよく描かれていて興味をもって読めたことには違いありません。

ではまた。

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google