プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

クリスマス・イブに

お元気ですか?

今日はクリスマス・イブ。といっても我が家では子供のはしゃぐ声もプレゼントの交換もありません。朝のテレビではクリスマスを一人で過ごす人のことをクリぼっちと言い、最近はそうゆう人が増えていてケーキ屋さんや飲食店でもクリぼっちさんをターゲットにした商売があるのだそうです。私が二十代の頃はまだ景気がよくバブルと言われる時代でしたから間違ってレストランに行こうものならカップルですし詰めのお店で食事をさせられたものです。そんな失敗を体験した私たちはクリスマスシーズンは決してレストランにはいきません。仕事が忙しくて家で食事を作るもの億劫で寿司屋さんにいった事もありますが、忘年会なんかが入っていると馴染みの寿司屋さんもいつもとは空気が違うのであまり楽しめません。そんなこともありこの時期はすっかり家で過ごすことが多くなっています。

パートナーさんは子供の頃に家族で食べるチキンが印象に残っていて、私とのクリスマスにもチキンを食べることをお決まりにしています。何かの都合で買うことが出来なかったときなどは何軒もはしごしてようやく用意したこともあったくらい。
決して高級なチキンである必要はないのですが、やっぱり食べなければ収まらないようです。そういう訳で今では家でローストチキンを作ります。今日もレシピをもとにソースを作り漬けこんでおきました。夕ご飯はローストチキン、ムール貝のワイン蒸、サラダとチーズ、そしてフランスパン。シンプルで質素ですがそれぞれに思い入れのある料理です。

そして今日のもう一つのメインはワインです。
20161224.jpg

ルイ・ジャドーのCHABLIS FOURCHAUME の1996年。20年もののワインです。このワイン実は東京でマンションを買ったことを記念して買ったワインでいままで飲まずに持っていました。今年新たに家を建てることになったこともあり飲むことにしたのです。
決して望ましい状態で保管出来ていたわけではないので少々心配でした。ソムリエナイフを刺してみるとコルクもぼそぼそと崩れてしまいました。
でも一口口に含んでみるとなんということでしょう。琥珀色の液体がすーっと口の中に広がります。枯れてはいますがお酢のような酸味はなくしっかりとワインの力をもっています。良いものは枯れても一級なのです。

私たちの静かなクリスマス・イブ。素敵なワインのおかげで思い出深いものとなりました。
皆さんはいかがお楽しみでしょうか。


スポンサーサイト

地盤調査

お元気ですか?

父の故郷糸魚川で大変な火事がありました。私も良く知る町が無残な姿です。140軒の家が火災に遭われたようですが中には老舗酒蔵さんや料亭があります。一般の住宅も集まるところですから被災された方のこれからの生活を思うと胸がいたみます。

そんな大事件をしらず、私は朝9時に昨日お支払いをして自分たちの土地になったところに出かけます。地盤調査が行われ建築会社さんから立ち会って欲しいと言われたのです。
現場につくと大型のバンの横に体格の良いお兄さんが図版をもって立っています。近寄り挨拶をすると調査会社の方です。

メジャーを伸ばし家の形をもとに調査する地点を決め、先端にドリルのついた棒を差し込んでいき土地の硬さを調べます。もともとこの付近は川があった土地で長い年月で土や石が運ばれてきて出来た場所です。畑だった場所ですから柔らかいのではないかと心配しながら見守ります。
調査会社の男性は地盤が柔らかいのではないかという私の心配に対して廻りの家や電信柱の様子を見ておおよその様子が分かるのだと言います。土台にひびが入ったり電信柱がかしいだりしている所もあるのだそうです。素人では気づかないような話ですね。
そして立ち会う事で邪魔になるのではという問いには、地盤が柔らかい場合に施主が不安に思ったり杭打ちの費用を請求するためにわざと悪いデータを出すのではないかと疑ったりすることもあるので、施主さんに立ち会って調査の様子を見てもらう方が良いのだと言います。実際には調査会社は調査するだけでそのデータを評価するのはまた別のところだと言います。
そんな話を伺いながらそばにいてドリルがうち込まれてゆくのを見ていますと、なかなか入っていきません。「入っていきませんね」と言って最初の地点を終了します。しかし次の地点では2~3mの所で一旦固い場所があるのですがその先になると6mぐらいまで入っていきます。抜き出したドリルの先端には水分を含んだ粘土がついています。ここは少し柔らかいようです。男性は全く入らないより入ってくれた方が地盤の様子が分かると言います。ドリルが回りながら入っている状態の地盤は木造二階舘の住宅が建つと判断出来る硬さなのだそうで、これが自沈する(50㎏の重さで回転せずに入っていく)ようだと改良が必要かもしれないと教えてくれます。
同様の作業を繰り返し家の土台となるところの四隅とセンターを調査しました。隅の一か所とセンターはドリルが入っていきますので柔らかいようですが、三隅は1mぐらいしかドリルが入っていきません。岩などにあたって入らない場合もあるのでさらに入らなかった三隅については1m内側で再調査します。しかし結果は同じで三隅とも硬いところにあたりドリルが入りませんでした。これを良しとみるかどうか私には判断できません。三隅は硬かったのですが、一か所は少し柔らかいのすから家を建てた時にバランスがとれるのでしょうか。

調査のボーリングが済んだので私は男性にお礼を言い現場を離れます。男性は写真を撮ったりして帰るのだそうです。手慣れた仕事を手順通りやっている感じで好感の持てる仕事ぶりでした。調査の結果はどうであれ良い人に調査してもらったと思うと嬉しくなります。
一つ一つこうして家が建ってゆくのでしょうね。

ではまた。

おまけ)

地盤調査から三日後の25日。建築会社の工事責任者さんからメールが届きました。地盤改良の必要はないとの判定だということです。地盤改良をすると150万円から200万円くらいはかかるとの話も聞いていましたので、正直なところ金銭的には助かります。ただ春に別な調査会社では柔らかい地盤だとの評価もありましたし、今回の調査でも硬いところと柔らかいとことがあることが判っています。建築会社さんがどう判断したのか説明を聞いてみなければなりません。その上で私たちが納得できるようにしたいと思います。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

土地購入

お元気ですか?

今日は朝からパートナーさんと厳しい顔つきです。いよいよ土地の購入が出来る段取りとなり、不動産業者さんから労働金庫に来てくださいと連絡があったのです。どうやら今回私たちと一緒に土地を買う人の誰かが労働金庫でローンの設定でもしているのでしょうか。先日から不動産業者さんと書類やメールのやり取りをし、手付金以降一切支払いをしていませんでしたが、一気に金額の連絡がきました。いわく、土地の残金、仲介手数料、印紙代、登記手数料などです。銀行へ行きお札を数えてそれぞれ封筒に小分けにして用意します。

労働金庫の開く時間9:00の少し前に着くよう家を出ます。

私たちとほぼ同時に売主さんや銀行の方、私たちと同じ買い手の方が駐車場に集まります。パートナーさんは東京時代にマンションを買った時のことを思い出しています。やはり銀行でやったのでした。

時間になり店内に入り、労金の個別カウンターでそれぞれの手続きをします。

私から不動産業者さんに「今後の事もありますから他の買い手さんと挨拶をさせてください。」と提案し連絡先や建築業者さんの紹介をし、家の建築作業のスケジュール調整などをしてもらうよう話を進めます。他の二軒さんは小さなお子さんのいる若いご夫婦です。これから楽しい生活が待っているのでしょうね。明るい顔をしています。お話をすると三軒ともほとんど同じタイミングで建設が進むようです。工事車両などお互い融通し合い協力して作業することもあるでしょう。仲良くしなければなりません。

ではまた。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

9年目の検診

お元気ですか?

今日はパートナーさんの検診の日。仕事を午前中で終わり私が迎えに行ってそのまま医療センターに向かいます。乳癌の検診なのです。

医療センターへ向かう途中お蕎麦屋さんでお昼をし、終えると1時。ちょうど良い時間です。
病院に着き、まずは二階でマンモグラフィーを撮りますが、以前にくらべて時間も短くあっというまにパートナーさんが戻ってきました。慣れたものです。
そして一階の診察室へ。受付で予約票を渡し椅子に座ってまっていると20分ほどで呼ばれます。毎年の事ですが私も一緒に診察室に入ります。
T先生は「ん。問題ないね。」と言いながら「見せて」とパートナーさんの手術の跡を確認します。
そして、「今年で9年目だけどもう大丈夫だね。来年の予約はどうする。実は私はいないんだけど・・・」と。先生は故郷に帰るのだそうです。
私たちは少し寂しい気持ちになります。東京の三鷹に住んでいた時にパートナーさんの乳癌が見つかりました。検診を受けた病院の先生は私たちが引っ越すことを知ると、「乳癌でこの先生を知らなかったらモグリだよ。」と紹介状を書いてくださり、私たちはオンコロジー病院を訪ねその先生のつながりで医療センターのT先生に手術をしていただきました。以来9年。毎回診察を受けるたびに色々と不安な事や疑問に思った事を質問させていただきました。幸い術後の経過は全く問題もなかったこともあり、この9年間を安心して過ごしてきました。
T先生は「来年の予約はどうします?医療センターの隣にある検診センターで受けてもらえばいいよ」と言うので今回は予約をせずに終えることとしました。来年はドックに入って検診を受けることとしましょう。

パートナーさんが乳癌であることが判って書いたこの記録。9年目の検診でひとまず終了です。
この間同じように乳癌で治療をされている方、乳癌が見つかって不安に思っている方、色々な方に見て頂きました。コメント欄でのやり取りもうれしく、考えさせられることも多くありました。
以前検診を受けた時に抗癌治療による脱毛にかつらを安く提供しているパンフレットを見つけたことがあります。高いかつらでは患者さんの負担が大きいと安く提供できる工夫が生まれたのです。今日診察室の壁には乳房再建は保険が適用されるとポスターが貼ってありました。手術も薬も9年前からづいぶん進歩しています。癌は決して死を恐れる病気ではなくなってきています。でもそのためには早期発見早期治療が欠かせません。
癌に限らずどんな病気も患者さんや家族の人格や尊厳を損なうものではありません。勇気と希望をもって立ち向かい、時には共存し付き合うくらいの気持ちで向き合えば少しは気も楽になります。
幸いパートナーさんの癌は早期発見と良いお医者様に恵まれ軽く済みました。癌に限らず病気に患うすべての人に希望があることを私たちは信じています。

私とパートナーさんの今日の喜びを少しばかりお裾分けさせていただき、感謝を込めてこの項を終えます。
有難うございました。

テーマ : 乳がん
ジャンル : 心と身体

熊と猪の夕べ

お元気ですか?

師走になりました。いよいよ今年の総決算。私は仕事と弓道を私の生活の両輪と考えていますがその一つ弓道では先日審査を受けて昇段することが出来ました。長いトンネルを抜けての昇段だったので非常に喜びが深いのですが、いよいよもう一つの仕事の成果を出さなければという気持ちが高まっています。

そんな緊張の毎日を送る12月なのですが、久しぶりにお馴染みのレストラン、ラ・サリーブで夕食を楽しんできました。従妹から送っていただいた熊と猪をシェフに預け美味しい料理に大変身です。
私たちだけで食べるのはもったいないので、仲の良いソムリエさんを誘います。

201612701.jpg

まずはワインを選びましょう。熊や猪という獣の料理ですからボルドーの重いワインが合うのではと思いシェフに伝えると三本のワインをもってきます。ソムリエさんと相談しシャトーラグランジュに決めます。

201612702.jpg  201612703.jpg

最初は猪のハムと雷鳥のコロッケ。雷鳥といっても立山にいるような天然記念物ではありません。雷鳥は独特の獣臭さをもっていますが、ジビエ好きには人気の鳥です。
もう一皿は鴨のコンフィー、ロニョンコンフィーです。左に小さく乗っているのはハクビシンのソーセージ。ハクビシンが食べられるとは知りませんでしたがシェフの話ではこのハクビシンは果物を食べていて全く臭みがないのだそうです。私はハクビシンは狸と同じ仲間かなと思っていてシェフにもそう話ていたのですが、ジャコウネコ科なんですね。間違ったことを言ってしまった。

201612705.jpg  201612706.jpg  201612707.jpg

続く料理は鴨脂のレバー、ミルフィーユ仕立て、ブータンノアールです。血を使った料理ですね。
そして熊!熊のアンフルート赤ワイン風味です。赤ワインと野菜で煮込みパイ生地で蓋をしています。軽い酸味と熊の味が野性味を残しながらも上品に仕上げられ感動的です。肉はほろほろと柔らかく口の中でほどけてゆきます。

201612708.jpg

最後に猪の赤ワイン煮込み。こちらもたっぷりと盛られた肉を楽しみます。

そしてデザート。チーズも出ましたが、美味しいワインをいただきましたのでもう追加のワインはよしにしておきます。

201612709.jpg

デザートはクリームとアイス。アイスはシャンピニオンのアイスなのです。

美味しかった。

料理の合間にシェフや新しく入った若い人と話をします。レストランの楽しみ方をどうやったら今の人たちに伝えられるのか。
最近色々な方から今の若い人たちはレストランの使い方、楽しみ方をよく知らないのではないかという声を聴きます。食事しながら会話が無くスマホをいじっていたり、料理への反応もあまりなくシェフやスタッフへの話かけもない。
私はレストランはじめ寿司屋や蕎麦やさんに行くことで大人にさせて頂いたと思っています。プロの方たちが心を込めて作る料理を味わうには相応の作法が必要ですが、それが分かれば自由で豊かな世界が待っています。
食事を楽しむことは素晴らしいことです。どうか一人でも多くの人にレストランの楽しみ方を知っていただき生活を豊かなものにしていただきたいと思います。

さぁて従妹にも美味しかったよって報告しましょう。ではまた。




杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google