プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

日本の力

お元気ですか?

花散らしの雨が降って今週は曇り空が続いています。薄着に替えたいのですが肌寒いくらいです。

昨日、ドラッグストアに寄ったらレジの近くでナビスコのリッツを100円で売っていました。普段お菓子を買うことはあまりないのですがふっと買ってみます。

アメリカのナビスコ製品を日本で販売していたのはヤマザキナビスコという会社でした。山崎製パンとニチメンという穀物商社が合弁企業を作り製造販売していたのです。それが去年の8月31日でライセンスが切れて販売を終了。ナビスコの商品はどうなるのだろうと興味を持っていました。
結果はモンデリーズ・ジャパンという会社が引き継いで販売をすることとなり、今回買ったリッツはインドネシアで作られ同じナビスコのオレオは中国で作られています。

今回その新しいリッツを買ってみた訳ですが、箱が小さくなって値段が100円というのは買い易くて良いと思います。でも中身の商品はクラッカーが少しぱさぱさしていますし焼きかたにむらがあるのでしょう、表面がでこぼこして歪んでいます。塩味が薄くなったのは時代の流れでしょうが、全体に食感が安っぽく感じられます。ちょっと悲しいと同時に日本の技術力、品質へのこだわりの強さを感じました。




スポンサーサイト

『駆け出し探偵フランシス・べアードの冒険』レジナルド・ライト・カウフマン

お元気ですか?

週末の雨で当地の桜もすっかり散ってしまいました。パートナーさんの希望で近くの山間の町に出かけ桜堤をドライブし小さなダム湖の桜を楽しんだのが今年の私たちのお花見でした。来年はどんなお花見が出来るのでしょうか。

『駆け出し探偵フランシス・べアードの冒険』を読みました。しばらく弓道関係の本を調べ読むことをしていたのですが一段落し、何か読みたいと頼りにしたのがお馴染みの「探偵小説三昧」さん。そしてタイミングよく紹介いただいていたのが本書です。「シャーロック・ホームズの姉妹たち」という19世紀末から20世紀初めの時代に女性探偵の活躍というテーマはピンカートン探偵社を思い出させますから、これは読んでみなくてはと即決。
もともとサラ・パレツキーの V・I・ウォーショースキーのような女探偵は好きですから期待を持って読み始めます。

主人公のベアード嬢は探偵事務所で働く若い女性、そこそこの活躍もしたようだが最近はあまり成果があがらずクビも覚悟と言う状態だ。所長の言葉は「ネズミを恐れない。頭の回転が速い。上流階級のあいだでもどう振る舞うかわかっている。若いし、かわいらしい。」と好意的のようだが最後のチャンスに富豪の家で行われる結婚パーティーでダイヤモンドの監視の仕事を命じられる。
しかし同僚のケンプと屋敷に行ったベアードは僅かな隙にダイヤモンドを盗まれ結婚を目前にした富豪の息子を殺されてしまう。

読み始めてベアード嬢の人物設定に謎が含まれているのが面白い。上流階級に混ざっても大丈夫な教養を持ちながら探偵社という職業を選んでいるのがまずもって謎。若くてかわいらしいが決してそれを武器にしたお嬢様ではなく仕事への意欲があり同僚のケンプに対して嘘や隠し事をしながらも自分の視点で事件を解こうとする勝気なところは愛嬌すら感じられる。
これは著者カウフマンが映画作家でもあることから映画的ヒロインがイメージされているのだと推察する。実際彼女は良く動き回り人に会い、馬車に飛び乗ったりとアクションシーンも多い。
物語の方も登場人物それぞれに秘密が有りなかなか事件の真相は見えてこない。読みながら謎解きをする楽しみは十分にある本格派(私がいうのはおこがましい)だ。物語の骨がしっかりしているので読んでいて安定感がある。

またしても「探偵小説三昧」さんにお世話になりましたが、今回も楽しませていただきました。
ということで、次は『質屋探偵ヘイガー・スタンリーの事件簿』を読ませていただきます。

ではまた。

テーマ : 推理小説
ジャンル : 小説・文学

ご冥福をお祈りします

昨日、4月5日詩人の大岡信さんが亡くなりました。ここ何年か活動の様子を知ることがなかったのですが、数年前に脳梗塞を患い療養の日々だったそうです。

大岡信さんといえば朝日新聞に「折々のうた」を連載され多くの読者に親しまれたイメージがあると思いますが、私との出会いは高校の教科書でした。若々しく爽やかな詩が気に入り神田に出た折に何冊も詩集を買い求めたりして詩の世界を楽しみました。ちょうど谷川俊太郎さんとコラボする活動もされていてお二人の詩集や活動は私を日本語の発見に導いてくださったものです。

大岡信さんのご自宅は当時三鷹にあり散歩の気持ちでご自宅の辺りを歩いたこともありました。私には珍しくちょっとミーハーな行動ですが、そのくらい好きだったのです。
全集を求めたり新刊を求めたりして親しんだ大岡信さんは私にとって日本文学の先生といって良いかもしれません。
いまそれらの本は納戸に仕舞われてすぐ読むことが出来ないでいるのですが、そのうちに本棚に並べ直し気の向いた時にふと手に取って読むことが出来るようにしたいものです。私にとって詩の本はそうゆう付き合いです。

ご出身地でもある三島市の駅すぐのところに大岡信ことば館という施設があります。企画展示やイベントなども行われて精力的な活動をされている施設のようですが、私はこれまで行ったことがありません。三島は富士山からの伏流水が湧き出るとても静かな気の流れる町です。お散歩も楽しいでしょうから陽気が良くなったら訪ねてみたいですね。

私の親しんだ詩人大岡信先生を偲び、改めて御礼申し上げます。



杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google