FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

久しぶりの名古屋

お元気ですか?

弓道の用事で名古屋に出かけてきました。何年かぶりの名古屋だったので、パートナーさんは名古屋の美味しいものを食べたいとサイトを見ています。でも、朝はゆっくりできないので喫茶店のモーニングで小倉トーストとはいかず、お昼も会場から離れることが出来ないので味噌煮込みうどんやあんかけスパゲッティを試すわけにもいきません。せっかくなのに選択肢はあまりないのです。それでも夜は居酒屋さんで名古屋らしいものでもいただきましょう。

前回は世界のやまちゃんという手羽先が名物の居酒屋さんに入りました。知り合いが教えてくれた風来坊というやはり手羽先で有名なお店をホテルのフロントで聞くと少し歩くとあるようです。どうやら手羽先ではやまちゃんと双璧をなすお店なようです。
ホテルを出て駅の方へ歩いてゆくと気持ちは次第に繁華街をぶらついてみたくなります。夜の街をお散歩するのはしばらくしていません。

a18291.jpg

途中でこんなマンホールを見つけているうちにすっかり風来坊が消えて駅に来てしまいました。
そこでホテル備え付けのチラシにあった居酒屋に入ります。鶴八というこちらも2015年の第2回手羽先サミットで金賞をとったお店だそうです。

お店はごく普通の居酒屋さんで一階は二人で座れるちいさなテーブルやカウンターがあり、団体さんは上の階に案内されるようです。私たちはエル字に曲がったカウンター。

b19293.jpg  d18294.jpg

お刺身と焼き鳥。

c18292.jpg  e18295.jpg

スパイシーな手羽先とみそ味のホルモン。ビールが進む料理ですね。
金曜日の夜だったのでサラリーマンや若い女性でにぎわう店内。久しぶりの雰囲気にちょっと現役時代を懐かしく思い出します。

食事の後は地下街を歩きながら帰ろうと少し迷子になります。でも探検気分で歩いてゆくといつも買っている鎌倉シャツのお店を発見。パートナーさんは迷うことなくお店に入りシャツを選びだしました。何枚か気に入ったものを見つけ試着したりしている間、私も白いシャツを買うことにします。そんな思いがけない買い物も楽しんだ名古屋の夜です。

今回私たちが泊まったのはBooking.com という検索予約サイトで見つけたホテルでした。インターネットが出来てから国内外問わずホテルや乗り物の予約は便利になりました。サイトにはホテルの感想や旅行地に関するアンケートも書き込めますから情報はどんどん増えてゆくのでしょう。
私は名古屋には仕事か今回のように弓道の用事でしか来たことがないのですが、いろいろな文化施設もありますし目的を絞って遊びに来てみてもよいでしょうね。
ところで、名古屋の名物料理のことを名古屋めしというのはどうしてでしょう。東京めしとか金沢めしとは言わないですよね。手羽先のようにどこかB級グルメのイメージがついているのは私の勝手な感想でしょうか。

ではまた。
スポンサーサイト



『傷だらけのカミーユ』

お元気ですか?

日本中の寒波や降雪、相撲界の得体のしれない呆れ話、核兵器使用を持ち出す大統領・・・。「とかくこの世は住みにくい」と言ったのは夏目漱石だが、今彼がテレビのニュースを見たらどんな苦い顔をするだろうか。

ピエール・ルメートルの『傷だらけのカミーユ』を読みました。原題はSACRIFICESとあるから犠牲とか生贄という意味だ。では誰が生贄になるのか・・・。
本作は『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』に続く三作目。解説によると三部作の完結編ということだが、主人公のカミーユの存在感や周りの人たちの描き方を思うとこのまま完結とするのはどうだろうかと思う。

こんなお話。
妻イレーヌを惨殺されてから5年。パリ警視庁犯罪捜査部班長で警部のカミーユは職場に復帰し最近アンヌという恋人も出来た。ところがそのアンヌがショッピングアーケードで宝石店を襲った強盗団に偶然遭遇し瀕死の怪我を負う。カミーユはアンヌとの関係を上司に秘したまま捜査を開始するのだが、それは犯人の罠に絡まれてゆく始まりに過ぎなかった。

シリーズの前二作と『死のドレスを花婿に』が展開に緊張をもって読め面白かったのですっかり虜になっていたが、本作『傷だらけのカミーユ』が出ているのは気が付かなかった。まぁ日頃本屋さんに行かなくなったのだから仕方ないのだが、だとするとこれからの時代、読者はどのようにして新刊情報を得るのだろうか。

さて、本作の面白さはどこにあるのだろうか。カミーユが一人で捜査の糸を手繰るのは助ける事の出来なかった妻イレーヌへの思いを抱いているからというのは分かる。だから犯人を目撃した恋人アンヌを守りたいと奔走する姿は痛々しい。しかし捜査が進むうちにカミーユは自分が身動き取れない状況にはまっていることを自覚している。どこかの段階で親友の警視長グエンや部下のルイに協力を求めることが出来なかったのだろうか。出来ないのが人間の業なのだろうか。

犯罪発生から事件の解決までは三日間。その短い時間をカミーユ、アンヌ、犯人とそれぞれの視点で描かれ織りなされてゆく構成は見事な緊張感をもって進んでゆく。ところどころ真実への糸口を隠しながら進んでゆくから読者は真相を伏せられたまま読み進むしかない。いつも後手に回る読者はカミーユの動きを追いかけるしかないのだ。だから読者はカミーユが自らに課した幕にも従わざるを得ない。

カミーユの描くスケッチに関する表現や宝石強盗アフネルの姿など重たい事件の中でも感じさせるものがある小説だ。しかしアンヌの姿は痛々しい。

完結と言わず、カミーユのその後も読みたくなった。

テーマ : 推理小説
ジャンル : 小説・文学

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google