FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

子供の頃、全て決まっていた。

お元気ですか?

小学生の頃、学校帰りの道で同級生の女の子が三人、誰かの噂話をしていた。離れて歩いていた私に聞こえてきたその人物評を聞いて私は思った。自分の知らないところで誰かに批評されるのは嫌だな。もし私が誰かの批評を他人としていたら当然私も誰かにその何倍も批評されているんだろうなと。その時から、私は誰かの批評を他人とした事はない。もちろん人間関係の中で人を観察し評価することはある。良い事なら他の人と話しても良いだろうが、そうでないなら口は閉じておこう。
ところが、先日ある人に誰誰さんの事は注意しておいた方がいいよという話をした。これは本当に注意が必要だったのでしたのだが、聞くと他の人からも言われた事があったそうだ。これはこれで仕方の無い事でその人が傷つかないために注意をしたのだが、私は家に帰ってからも気持ち悪さを胸に抱えた。人の事は批評したくない。小学生の頃に心に決めたことを少し曲げた自分が苦しかった。

小学一年生になった春、新学期の二日目に担任の女の先生から注意事項が言い渡された。その中に学校の廊下は走らない、手をつないで歩いてはいけない。というのがあった。休み時間になりトイレから戻った私を先生は教壇の所に呼び、いきなり平手でびんたを喰らわした。何が起こったのか分からなかった私は目を丸くするばかりだったのだが、先生は私が誰かの手を握って廊下を走ったと同級生の男の子から聞いたというのだった。全く身に覚えのない話だ。
小学一年生二日目の私は、先生といえども間違った事をするのだとその瞬間に分った。私はびんたをはられた頬っぺたの痛みよりもその事の方が印象に残った。何故なら私の祖父は教育者で父はその事を誇りに思い事あるごとに私に祖父の話をしてくれていたからだ。父の中で教育者は立派な人格者であった。
更に悪い事に、同級生がざわめく中女の子が「杣人さんはそんな事してません」と言い、嘘の告げ口だったと分かったにも関わらず先生は自分が間違った事を私に謝らなかった。告げ口をした男の子の事も注意しなかった。
これは決定的な出来事だった。私は先生といえども間違いをする。しかも間違った事を謝らず、都合の悪い事に蓋をするのだという事を知った。

それ以来、教育者で人格者であるべき先生と、立場を守り自分の間違いをぬぐう人間が先生と呼ばれている事に辛い思いを抱えている。父の理想を傷つけている気がするからだ。願わくば父と同じように先生は人格者であると信じていたかった。

小学校一年生からそんな経験をしてしまった私は学校の先生を慕ったり尊敬するという事が出来なかった。もちろん立派な先生もいたのだが、それでも一度心に刻み込まれた思いは変わらなかった。
加えて、学校の先生というのは職業上学生を評価しなければならない。私はこれを不幸な事だと思っている。先生という権威を与えられて人を評価するという立場に置かれるのはつらい事だ。先生は沢山の鎧を着せられている。そしていつしかそれに慣れてしまっている。

中学時代、三年間担任を務めて下さった先生は私の事をよく気にかけてくれて、音楽の道にすすむのだろうかとか、先生になると良いのになどと親に話していた。懐かしく思う先生だが早く亡くなって卒業以来会う事もなかった。
そして、その頃将来の事を思い、私は先生と呼ばれる職業にはなりたくないと思うようになっていた。医者も弁護士ももちろん学校の先生もだが、今思うと少し短絡的でもったいない事をしてしまったと思うのだが、まぁそれは人生の笑い話だ。


私がやっている弓道で、私には先生が二人いる。一人は現道場でご一緒している先生で下手な私をいつも見守ってくださって「杣人はコツコツ真面目にやっているんだ」とだけ仰ってくださる。もう一人は私が入門した道場の先生で最初の先生。最近はあまりお会い出来ないのだが、最近古い仲間と会ったら私の事を話題にしてくださっているのを知った。有り難く、また習いに伺いたくなっている。私も一応だが称号をもっているので世間的には先生と呼ばれる身ではあるのだが、そんなのは全く鎧の紐だ。ほどけば裸の身。二人の先生と先生の意味が違う。だから私は弓の仲間にはどうか私を先生と呼ばないでくれとお願いしている。先生と呼ばれる程に恥ずかしくて辛くなるからだ。分かってくれる人は少ないのだが。


最近、国会で大臣の資質を問う質問を野党の議員がしていてニュースにもなっている。国民のために働く国会議員であり大臣であるからそれなりの人格者であったり資質を備えた人間であって欲しいのだが、見ていて苦しい。
先生と呼ばれる人たちが人のあら探しの批評を繰り返しているように思えて、寒々しい。
小学生の時に知った人の批評の虚しさや先生と呼ばれる人の嘘。なんだ国会でもやっているんだと悲しくなってしまう。

ではまた。




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google