FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

赤鼻のトナカイ(再録2018)  

お元気ですか?

いよいよクリスマス
先日から私の頭の中では、クリスマスソングが色々流れています

ウインター・ワンダーランド、ホワイト・クリスマス、サンタが街にやって来る・・・
そして、赤鼻のトナカイ

日本語の歌詞ではわからないのですが、このトナカイ、ルドルフって名前なんです。
なんたって、原題は Rudolph the Red-nosed Reindeer

イントロでは他の8頭のトナカイもちゃんと名前を紹介されています。

You know Dasher and Dancer and Prancer and Vixen,
Comet and Cupid And Donner and Blitzen.
But do you recall
The most famous reindeer of all?

Rudolph, the red-nosed reindeer
had a very shiny nose
and if you ever saw it
you would even say it glows.

All of the other reindeer
used to laugh and call him names
they never let poor Rudolph
join in any reindeer games.

Then one foggy Christmas eve
Santa came to say:
"Rudolph with your nose so bright
won't you guide my sleigh tonight?"

Then how the reindeer loved him
as they shouted out with glee (yippee)
"Rudolph, the red-nosed reindeer you'll go down in history."





リズミックバージョンもいいですよ




この素敵なクリスマスのお話は、1938年に通販会社モンゴメリー・ウォードのコピーライターロバート・メイによって書かれました。
ロバートは癌で伏している妻エヴリンと寂しい思いの娘バーバラのために、「人と違っていても、大丈夫。それは素晴らしいことなんだ」と伝えます。

素晴らしいお話なので販促用の小冊子としても使われますが、絵本は600万部を超える大ベストセラーに。
1948年、義理の弟ジョニー・マックスによって歌詞と曲がつけられジーン・オートリーの歌でレコードが200万枚を売り上げてビルボードチャートで1位。
そして、1964年にTV用アニメーションとして作られたのが、ごらんのビデオなんです。

このアニメーション、アーサー・ランキン.Jrという名プロデューサーによるものですが製作は日本の人形アニメーションの草分、持永只仁さん。
1コマづつ人形を動かして撮影する大変な作業を重ね、1年半かかって完成したそうです。

ちょっとうれしいお話ですね。

クリスマス みなさんも、赤鼻のトナカイを歌って暖ったかくなりませんか
私も車の中で、口ずさみながらうきうきしちゃいます

ルドルフ 赤鼻のトナカイ【絵本付きDVD】ルドルフ 赤鼻のトナカイ【絵本付きDVD】
(2008/11/05)
アーサー・ランキン

商品詳細を見る


スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

インスタグラム 2

お元気ですか?

インスタグラムをやるようになって半年がたちました。切っ掛けはNHKのニュースの中で“インスタ映え”という言葉が何回も出てくるので市民権を得たのかなと思ったからで、どんな世界なのか試してみようという軽い気持ちでした。
ちょうど京都に行ったので偶然知った神社の写真からスタートし、どうゆう写真が興味を持たれるのかと私の身近な弓道、食べ物、風景とテーマを探りながら投稿します。
すると、海外の方がご覧になったり、知り合いがインスタグラムをやっているのを知ったりとちょっとした楽しみが生まれました。特にレストラン関係の知り合いの投稿には季節の食材や料理が載っているので、シェフがどんな話をしながら料理を作っているのか想像が膨らんで嬉しくなります。
一方で、同じ知り合いでも閉じているインスタグラムもあります。申請をしてOKを貰わないと見られないものです。人それぞれの利用の仕方がありますのでいいのですが、私の考えとは違うのでそうゆう方のインスタグラムにはお仲間になろうとは考えず、フォロアーになる事はありません。

私はインスタグラムを“ご自由にご覧下さい”というスタンスで投稿しています。タグは写真に連携した言葉ですから本や映画のタイトルと一緒で作品の一部と思いますが、タグを工夫することで見る人を増やしたりしようという気持ちはあまりもっていません。最近キーワードとしてのタグと一緒に短い文を載せる事が出来るのに思い至り、メッセージ性を強める事が出来るのだと分かりました。そんな程度です。
写真だって普通の写真でインスタ映えを狙ってなんてこれっぽっちも考えていません。

数日前、インスタグラムの会社の責任者が来日しビジネス利用の可能性を強化してゆくという発表をしました。
すると突然インスタグラムの中に企業広告が頻繁に出てくるようになりました。化粧品やサプリメント、野菜の宅配などご商売の広告が頻繁ですし、中には医療活動のものもあります。
正直インスタグラムがつまらなくなりました。もちろんこれまでもレストランや個人や小規模なお店の方が商品を載せて宣伝しているケースはありました。でもつつましやかなものです。
SNSの良さ、興味深さは個人の感覚がストレートに発信できるところにあると思っています。個どうしだからお互いに距離をはかりながらも近づいたり繋がったりすることが出来るし、個の多様性、意外性に惹かれ楽しむのだと思っています。

静かな住宅地で自分の家の庭を手入れしながら垣根越しに眺めたり挨拶したりしていた生活が、いきなり巨大なテーマパークが周りに出来たら息苦しくて生活できなくなってしまう。そんな違和感をインスタグラムの広告に感じています。

せっかくインスタグラムにも慣れて、信頼できる方や好きな人の投稿を楽しんだり、「いいね!」を貰って喜んだりしていたのに、なんかつまんない。

ではまた。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google