FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

正月、当地は穏やかな元旦を迎え、私は朝お雑煮をいただいてから射会に出かけるという幸せな時間を過ごしていました。
二日はのんびり家で過ごし、三日ようやく近所の神社にお参りに伺う呑気な生活。さて、今年はどんな年になるのやら。

昨年は月に一二回しか記事を書かないほとんど休眠状態のブログでした。本を読んだり映画やお芝居の感想を書いたりとごく個人的なブログなのですが、それでも訪れて下さる方がいらっしゃることを思うと申し訳ない気持ちです。
本を読んでないわけでもないのですが、それでもぐっと減ってしまったのは、弓道の生活が非常に濃くなっていたからで去年は節目の年だったようです。今年もそれは続くのですが、もう少しこちらのブログも大切にしますね。

去年、マイクル・コナリーを少しお休みして読んでいたのが夏目漱石の『それから』でした。以前『三四郎』を食べ物を中心に読んでみるという試みをしてとても面白かったので、『それから』でもやってみようと思ったのでした。ところが『三四郎』では汽車の中のお弁当に始まって、神田や小石川あたりの食べ物屋さんが沢山登場しますし福神漬の缶詰なども出てきて興味を惹かれること忙しく文庫本に付箋がいっぱい貼られ鉛筆で印がつけられとしたのですが、『それから』には食べ物の話は皆無なのです。それでも「西洋料理屋にあがった」という記述や、氷水、アイスクリームという言葉を発見します。「金杉橋の袂にある鰻屋」というのもあります。「誠太郎、チョコレートを飲むかい」なんて会話もあります。「葡萄酒の瓶を持ってふってみせた」り「ウェーファーが菓子皿にあった。」りします。「ミルクセークのごとく回転させるために」などという記述もあります。
どうやら『それから』では具体的な場所とお店を登場させるのは控えて一般的な記述に抑えている気がします。明治四十一年の『三四郎』と翌年の『それから』の間に何があったのでしょう。こんな読み解きを楽しむのは少し個人趣味に過ぎるのですが、楽しみというのはあくまでも個人のもので、これをもって文学論を語りたいわけでもありません。
そんな『それから』ですこし肩透かしを喰らってしまったのですが、充電期間を経て『こころ』に進まなくては思っています。

先日、NHKの「100分de名著」という番組で『フランケンシュタイン』を取り上げていました。イギリスの女性小説家メアリー・シェリーの作品です。時代的に女性作家というのが珍しい時代200年前の作品で文学サロンからの誕生という面も持つこの作品の魅力に改めて気づかされたのですが、そこで思い出したのが、パトリシア・ハイスミスです。
女性作家と言えば私の好きなサラ・パレツキーがすぐ浮かび、女探偵 V・I・ウォーショースキーの活躍が思い出されます。少し前にはテリー・ホワイトの『真夜中の相棒』を知り、すっかり酔ってしまいました。今回そういえば『太陽がいっぱい』のパトリシア・ハイスミスは女性ではないかと気が付いて、本棚から出して読み直しているのです。
私の年代では『太陽がいっぱい』はアラン・ドロン主演の映画という決定的作品があるのですが、実は主人公トム・リプリーを主人公にした映画は他にもあります。最近そんな映画の何本かを見た事も私に再読をうながすきっかけになっていたのでしょう。
読み出してみると、とても繊細な描写が続き感心します。今までは映画のイメージが強かったのですが再読ではそんな事もなく楽しめています。

そうゆう近況ですので、今年もゆっくりとしたブログになるかと思いますが、ご訪問くださる方に飽きられないよう続けてゆきますので、よろしくお付き合いのほどお願いいたします。

今年も皆さまにとって良い年になりますよう。
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google