プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

身近な歴史「鎧橋」

お元気ですか?

梅雨に入ったというのに各地に夏日が訪れているそうです。当地も朝からいい天気。パートナーさんはお洗濯ものが干せると喜んでいます。
日の照りもおちついたころを見計らって道場にでかけましょう。

道場に行く途中、ちょっと立ち寄ります。車の中から「鎧橋」って文字が見えたので気になっていたのです。当地は城下町。武士や戦に関係した地名が所々にみられるのです。

DSCN5877_convert_20130604191817.jpg    DSCN5880_convert_20130604191909.jpg

橋じたいはコンクリートで出来た数歩で渡れる小さなものです。欄干も無骨と言っていいほどです。

DSCN5879_convert_20130604191840.jpg

でも、橋の上から見た川はやけに真っ直ぐで、曰くがありそうな空気を水面に写しています。
後で地元の人に伺ったのですが、この川には船が行き交い物資を運んでいたのだそうです。今はその風景を想像できませんが、活気のある処だったのでしょうね。

DSCN5876_convert_20130604191759.jpg

橋の横に説明書きが掲示されていました。
戦国時代の名残りかと思っていたらなんと平安時代に遡るお話のようです。
“戒壇設置”とあります。これはおもしろそうですね。

日本の仏教は飛鳥時代に伝来し蘇我氏や聖徳太子の働きを得て国家鎮護の法として為政者により定着していきます。でも仏教は発展途上の新宗教です。あれを学んだこれを学んだと言う仏教徒は増えてきますが、体系的に整っていませんから混乱も生じています。そこで奈良時代、聖武天皇の時代に鑑真を招聘し東大寺で授戒を行なうことによってようやく日本の仏教は一つの形を取るようになります。即ち仏教を学び授戒した者が正式な意味で僧侶となることが出来たのです。この授戒する場所を戒壇と言います。
東大寺の戒壇院が最初ですが、その後大宰府の観世音寺、栃木県の薬師寺に戒壇を築いていき(天下の三戒壇)国家宗教として立場を強めていきます。

時代が進み、平安時代最澄が亡くなってから延暦寺も授戒の出来る寺として認められます。この頃になると授戒が出来る戒壇のある寺というのは権威ある存在であり、地域の寺のリーダーとなっています。つまり権力を持っているのです。その中には自ら戒壇を作り授戒をしだす寺もあったことでしょう。
当地にある鴨江寺というお寺も300からある寺のリーダー的存在だったようです。そこへ延暦寺の僧兵がやってきて自分たちの傘下に入るように求めたのでしょう。仏法に仕える僧侶といえども人間の営み。力づくでの抗争になって行きます。

その歴史を名前に残したのが「鎧橋」なのです。他にも戒壇塚とか血塚といった名を残す場所もあるそうです。

いかがですか?たまたま気になって立ち寄ったことから当地の平安時代の一コマを知ることができました。宗教をたてまえにした対立は今も昔も過激です。寛容の心の無い宗教者ほど恐ろしいものはありません。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google