プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『拮抗』

お元気ですか?

ディック・フランシスの『拮抗』を読みました。次男フェリックスとの共作三冊目です。
主人公はネッド・タルボット。競馬専門のブックメーカーです。英国のブックメーカーは時々ニュースになるほど有名な存在で、村上春樹がノーベル賞を受賞するかどうかなんてオッズが話題になったくらいです。これまでもフランシスの作品にオッズが取り上げられたことはありましたが、ブックメーカーが主人公になったのははじめてでその仕事内容が詳しく書かれています。 

ストーリーは主人公ネッドの前に37年前に死んだと教えられていた自分の父親が現れます。ところが会ったばかりの父親が何者かによって刺殺され、僅かな手がかりからネッドは父親が偽名を使ってオーストラリアから英国に戻って来た事を知ります。しかも、父親の所持品には3万ポンドの現金とどう使うのか分からない電子機器が。ネッドは父親の姿を知ろうと危険な謎の中に入っていきます。

『拮抗』は幾重にもかさなった状況を楽しむ作品です。ネッドの家庭環境は決して良くありません。両親を失った彼を育てた祖母は認知症を患って施設にいます。妻も躁鬱病になっていてやはり入院治療を受けています。精一杯尽くそうとするネッドを動かしているのは家族を求める思いでしょう。しかし、突然現れた父親は警察によってネッドの母親を殺した殺人逃亡者だったと知らされます。父親の真実の姿を探らずにはいられません。
その父親が持っていた電子機器と現金には犯罪の匂いがします。競走馬の登録認証をするチップの偽造。馬をすり替える詐欺は関係者が多くなることから組織的犯罪です。電子機器を狙う者はどうゆう人達なのか。
一方ネッドのアシスタントでコンピューターに詳しいルカはウイルスソフトと携帯電話の妨害を駆使し大手ブックメーカーのオッズ操作や逆張りを妨害しますが、そのために怒りをかいます。
ネッドは幾つもの危機をどう解決しようとするのでしょうか。競馬界にあって最下層階級と言われるブックメーカーですが、ディック・フランシスは決して彼らの仕事を卑しめたりしません。直感的に働かせるオッズへの理解、勝っても負けても競馬ファンが賭けを楽しめるようにと心がけるサービス精神の機微。ブックメーカーが競馬を楽しむための重要な仕事であることを上手に描いています。そんなネッドのプロ意識が彼を窮地から脱するための大きな力となるようです。


拮抗〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 (競馬シリーズ)拮抗〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕 (競馬シリーズ)
(2012/01/05)
ディック・フランシス、フェリックス・フランシス 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

こんにちは。

ご無沙汰しております。
ぼんくらな私のために、懇切丁寧に「文章講座」を2度にわたって書いていただいたにもかかわらず、なんのお返事も出来なくて、さぞ無礼なヤツとお思いでしょう。
お返事を書こうにも、どう書いていいのか判らないというのが、正直なところでした(汗。
それにどうも敷居が高いというか、先生のブログは教育テレビのようで、非常に構えてしまうのです。
拝見してますとご幼少のころからオペラを鑑賞し、
文学に親しまれた先生と、
幼くして家族を失くし鉄屑拾いなどやらされた私とは、
そもそもからして大きな差があるのは当たり前。
先生はこういう話をご存じでしょうか。
生活保護の家庭に育ったものは、
ほぼ七割が生活保護受給者になるという統計を。
家庭環境と満足できる教育がいかに大切か、
このことが如実に示している例だと思います。
私は幸いにも生保のお世話にならなくて済みましたが、
先生のブログにお邪魔するたびに、
このような家庭環境で育ったらなあ、と想うことがあります。
様々な文学、音楽 演劇のことなど、
お話しできない無知が残念です。

お礼のつもりが、またつまらぬことを書いてしまいました。

これに懲りず今後ともよろしくお導きください。
また拙記事のおかしなところ、
忌憚なくご指摘いただければ幸甚です。


風に吹かれて

南亭様、先日師匠(皆さん師匠と呼ばれていますので私も仲間にさせてください。)のブログにコメントをしようとした処、何回いれてもはねられてしまいました。fc2の問題ですがそれ以来読みっぱなしのようになってこちらこそ困ったなと思っていたところです。
仰るようにオペラも読書も子供の頃から好きなのですが、本当にただ好きというだけで、誰がどうしたどの演奏がどうだと言える程の知識も見識も持ちあわせてはいないので、南亭師匠に「敷居が高い」などとおっしゃられるとどうも困っちゃったなと苦笑いをしてしまうのです。もっともただ好き、あっこれいいねって思えるだけで私は充分満足で殊更勉強してオペラを極めようとか読書術を磨こうなんて思っていない怠け者ですから、きっと既に着ぐるみの下の素性なんてお見通しですね。

コメントを頂いたお礼に次のブログ記事を書こうとおもいます。お笑いください。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google