プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

キャビアのお話2

お元気ですか?

暑い日が続きますが、突風が吹いたり鉄砲水が出たりと
思わぬ事故もおこっています。
思いっきり遊びたい気持の片隅でちょっと気をつけてくださいね。

さて、昨日につづきキャビアのお話です。

先ずは、写真から

chozame2.jpg

この写真は戦前の満州での水産事業でチョウザメを獲ってた貴重な記録です。
大きいチョウザメですね。2メートル以上あります
写真には「興農合作社中央会三江省支部」とあります。

そして、こちらは、最近・・・といっても10年ほど前の写真ですが
やはり中国でチョウザメ(中国では皇魚って言います)を獲っている写真です。

chozame1.jpg

こうして獲ったチョウザメから卵を取り出し、人口孵化させ
養殖したりもしています。
昨日のキャビアもこうして作られたものなんですね。

戦前からの技術の蓄積が中国にはあって
今では貴重な産業へと育っているのです。
北京オリンピックの選手たちもキャビアやチョウザメの料理を食べるのかな?

日本でも各地でチョウザメの養殖事業は盛んです

北海道の美深町にはチョウザメ館があります。

釜石でも地域産業の開発としてチョウザメの養殖とキャビアの製造を行っています。
10年以上も前になりますが、わたしは釜石でチョウザメの肉を買って食べたことがあります。
産業として継続発展しているのは嬉しいですね。

また。兵庫県の香美町では子供達が給食で食べたり
岡山県の新見漁協では新しい食材として開発に取り組んでいます。

このほか、宮崎県でも養殖しているようですから
本当に全国でチョウザメの養殖が盛んなんですね。

チョウザメは魚体の大きさから、食用としてとても期待できます。
味も白身の淡白な感じ、お刺身やから揚げなど色んな料理が楽しめます。
ただ、ちょっと神経質な魚ですから養殖にもこつがいるようです。

キャビアも含めてよい商品が開発されて、
スーパーなどで普通に買うことが出来るようになるといいですね。

ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google