プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

二番煎じ

お元気ですか?

当地本格的夏がやってきて、夜になると何処かであげる花火の音が聞こえてきます。

アレックス・カーヴァという女性作家の『悪魔の眼』という作品を読みました。パートナーさんからの紹介の本で「FBIのプロファイラーが主人公の作品だよ」というので、そうですか、と読んでみたのです。

ストーリーはネブラスカ州の田舎町で少年の遺体が発見されFBIの特別捜査官のマギーが派遣されますがその田舎町には父親の威光を受けて地盤を引き継いだニックという若い保安官が就任したばかり。ニックの姉クリスティンは地元の新聞社の記者で事件を追っています。捜査が進む中、少年を狙った第二第三の誘拐が・・・。

私はパートナーさんがどんな本を読んでいるのかあまり知りません。ですが時々面白い本を紹介してくれるのです。隆慶一郎を会社の先輩から教えてもらったと私にも薦めてくれましたし、エリザベス・コストヴァの『ヒストリアン』を図書館で見つけたのも、ジャン フランソワ パロの『ニコラ警視の事件』シリーズを紹介してくれたのもパートナーさんです。ですからパートナーさんが私に紹介してくれる本には期待をしているのです。

ですが・・・どうしようもなくドボンな作品も中にはあります。
今回読んだ『悪魔の眼』はその典型的な作品でしょう。

まず登場人物が一人として特徴のない人物たちです。
主人公のマギーはFBIの捜査官でプロファイラーという設定。仕事に理解のない夫との間で関係も冷めてきています。保安官のニックは学生時代にフットボールの花型選手でロースクール時代に検事局で働いたこともある秀才ですが女性には手の早いプレイボーイとしての一面が強調されています。作者はこの二人をハーレクイーンばりに接近させ読んでいても欠伸が出るくらい。男と女がいるとこんな書き方しか出来ないの?と作者の想像力の無さに疲れてしまいます。
ニックの姉のクリスティンは地元新聞社で家庭欄を担当しながらなんとかしてトップ記事を書こうと狙っていますが、事件の発生に男性の気をひきながら取材をすすめます。
犯人が誰なのかはかなり後半になってこないとヒントらしいものも出てこないのはマギーやニック、クリスティンのドタバタが作品を進めているからです。ですから犯人の心理なんてこれっぽっちも描かれることはありません。
そして尤も大切なのは主人公の捜査官マギーがプロファイラーであるにもかかわらず、具体的事実の積み重ねからプロファイリングがなされていない事。事件の経過から犯人を絞り込んでゆく事がきちんと書かれていないのです。ですからニックや地元警察と犯人特定で齟齬が生じてもそこに何もドラマが生まれません。
FBIのプロファイラーを主人公にした作品ですが、作者は心理分析や心理描写といったものがまったく出来ていないのです。

私は中学生の時にフロイトの『精神分析入門』と『夢判断』をよく分からないながらも読みましたが、同時に夏目漱石を読んだことでその登場人物の心理描写、心への理解に感動し、精神分析医より作家の方がよほど人間に理解があると思いました。作家は人間の諸相を作品のなかに表現して私達に示してくれる素晴らしい人達だと思っています。
ですが、時にこのアレックス・カーヴァのように、形骸化したイメージをなぞるだけ、どこかで読んだか見聞きしたものを組み上げ直すだけで自分は作家だと思っている人がいるのも確かでしょう。
本書最後のエピローグに至っては、逃亡先の海岸で少年たちに声をかける犯人の姿はまるでレクター博士です。アレックス・カーヴァのような人は書いていて自分でつまらなくならないのでしょうか?そんな羞恥心はどこかに置き忘れた人なのでしょうか?

訳者によると「情況や心理を詳細に描写する手法は、パトリシア・コーンウェルの影響を受けているのだと作者自身が語っている。」のだそうです。パトリシア・コーンウェルは読んだ事がありませんが、BOOKOFFの棚には沢山並んでいますね。私がコーンウェルだったらため息をついてうなだれてしまいそうです。

人の心理を書けない作家はプロファイラーを主人公にした推理小説など書かないのが良いというお話でした。

悪魔の眼 (MIRA文庫)悪魔の眼 (MIRA文庫)
(2002/09)
アレックス カーヴァ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google