プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『屍鬼』三巻目

お元気ですか?

小野不由美さんの『屍鬼』も三巻目に入りました。
土葬の習慣があり死者がよみがえる「起き上がり」と云う言い伝えが残っている外場村では死者が続いています。医者の尾崎はその異常な広がりから原因を「屍鬼」であると確信し、友人の僧侶室井を連れて土葬された人の墓を掘り起こしそこに遺体が無い事を突き止めます。
子供たちの中にも真実に気付き確かめようとするものが出てきます。高校生の結城夏野は屍鬼の犠牲になった恵の墓を暴きに恵と親しかった姉弟とともに墓地にいきますが、そこで屍鬼に襲われます。

物語は一気に村の人間と屍鬼の対峙という姿に進みます。

人間の血を吸い死に至らしめた屍鬼は蘇ったものを仲間として組織を作っています。日の光にあたることは出来ず香や祈祷には弱そうです。その屍鬼は真相に近づいてきた尾崎や室井、高校生の結城らを“狩りをする者”だから見過ごせないと反撃する計画をたてます。
一方、村の老人の中には「起き上がり」に気づくものも出てきますが・・・。

『屍鬼』二巻目では次々と死者が増えたり突如不可解な失踪をする家があったりと物語のスピードが読む者にも圧迫感を与えていました。三巻目では屍鬼と気付き墓を暴こうとする大人と子供の二つの存在と気づきながらそれがどう動いてゆくのかまだわからない老人の姿が並行的に描かれています。読者は接点を持たないグループを見ながらもどかしさを感じます。
さらに、医者尾崎が屍鬼と確信する姿とそれを理解しながら受け入れることが出来ない僧侶室井の心の様子、高校生の結城夏野が友人が屍鬼になったのを知りながら自分の未来を予感している様子など、屍鬼と対峙した時の人間の心理の多様が描かれ物語に襞を作っています。

『屍鬼』の特徴の一つは意思をもった死者という点でしょう。吸血鬼・バンパイアでありゾンビでもあるのですが、これまで映画や本に登場する吸血鬼は過去の悲惨な出来事から吸血鬼になったりその記憶を抱えて転生を繰り返します。ゾンビはもっと単純で何らかの事情で死者がゾンビとして復活するのですがゾンビに目的や意思はありません。ただ人を襲うだけです。
私は吸血鬼の映画や本が好きですが、そこには吸血鬼のドラマがあり悩みがあります。カトリーヌ・ドヌーブとデビット・ボーイが演じた『ハンガー』という映画は長い転生を繰り返すうちに弱くなった血が吸血鬼を悩まします。生き続ける苦しみを重ねながら血の劣化にも焦りを持つ吸血鬼のドヌーブは悲しく美しく描かれています。
最近人気の『トワイライト』のシリーズなどは吸血鬼族と狼族の対立が描かれていますが、なぜ吸血鬼なのかなぜ狼男なのかは問われていませんしそれぞれの事情や苦悩は描かれていないように思います。その意味では超人に憧れるお子様物語というレベルなのでしょう。

さて、吸血鬼ものを見たり読んだりする時、いつも考えさせらる事が二つあります。一つは人間は食物連鎖として人間以上のものを持っていないということ。自然界では弱いものはより強いものに食べられるという運命を背負っています。しかし人間は普段生活しているなかで誰かに襲われて喰われるという事はありません。ですからせめて物語のうえだけでも吸血鬼に襲われることを感じるのは自然界の摂理を知るには良いことなのかもしれません。人間が生物の頂点だというのはもう過去の言葉かもしれませんが、吸血鬼を思うことですこしばかり謙虚になることが出来るかもしれません。
もう一つは、吸血鬼が人間の血を吸い尽くして世界が吸血鬼であふれたらどうなるのだろうということ。もちろん吸血鬼に血を吸われた人間がすべて吸血鬼に生まれ変わる訳ではありません。『屍鬼』でも墓の中で朽ちて起き上がれないものがでてきます。でも、餌となる人間の血を吸い尽くしたら・・・。私達がそうしているように海の魚の数を数えて獲り過ぎないように漁を調整したり牛や鶏のように人間を家畜のように飼育するのでしょうか?そうなると美味しい血をもったブランド人間が出来て・・・と思うとちょっとブラックな喜劇に思えて来たりもします。

『屍鬼』の吸血鬼は意思をもって行動しますが目的は何なのでしょうか?小野不由美さんは屍鬼をどのように描いて行くのでしょう。
物語は四巻目に進みます。



屍鬼〈3〉 (新潮文庫)屍鬼〈3〉 (新潮文庫)
(2002/02/28)
小野 不由美

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google