プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

春の鳥たち・・・

お元気ですか?

今日は憲法記念日。この国では集団的自衛権行使のために憲法の解釈を変更するとかいう小手先の話がある一方、戦争放棄を謳った憲法九条をもってノーベル平和賞授与をという働きかけをしている団体があり、審査候補になることを認められたそうですが、こうゆうバランスを私は幸せに感じます。
今朝、早く起きたのでNHKのBSでワールドニュースを見ていたのですが、なるほどロシアの放送局が流しているニュースは西側の動きを全く敵対的に報道していますし、国際通貨基金によるウクライナ支援ですら嫌味たっぷり、まるで役立っていないかのような報道です。立場見方が違うとこうゆうことなのだという事が良く分かります。ただ、NHKの放送そのものはどの国のニュースなのかがちょっと分かりにくいので改良の余地大のように感じました。

さて、ノーベル平和賞が良いかどうかは別として私は戦争放棄を明確にした憲法は誇れるものと考えています。戦争は外交による問題解決に自ら諦めた結果ですからこれはちょっと情けない。なにより国の利益と言いながら人の命を失い、文化歴史を傷つける行為です。戦争による利益というのは何処にも無いのではないでしょうか。経済的にみても、賠償、国土の修復、取り返せない人命と教育など将来的に渡る損失の方がはるかに大きいのですから、そこはぐっと大人になって戦争にならないように話し合いをしたほうがどちらにも良いのですが。人間はまだまだ愚かな生き物だということなのでしょう。
せっかく掲げた戦争放棄。憲法は理念ですから、これを現実に合わせるという発想も可笑しいですね。理念というのは社会の変化に関わらず生き続けるものです。もしその理念(憲法)が間違っているというのなら解釈の変更なんてゆうご都合主義の言い訳をするのではなく、堂々と新しい憲法、この国の理念を作りたいとやってみればいいのです。そんな腹もない政治家が国政を預かっているというのもこの国の現状なのでしょう。もちろん選んだ国民の責任でもあります。


ちょっと真面目な話を書いてしまったのは、春の陽気にあてられたせいです。
北海道は桜が満開。しかも、桜以外にも色々な花が一斉に咲き出します。オホーツク沿岸に近い湧別町ではチューリップフェアーが始まりました。(チューリップ公園←こちらを御覧ください。)縁のある地なのでご紹介しますね。
その他にも、札幌大通公園の花壇では花時計が動き出しました。(冬の間雪の重みで針が痛むので外してあったのです。)札幌から旭川に向かう途中に滝川という町がありますが、こちらはオープンガーデンが盛んです。家々で趣向を凝らした庭造りをしていますので、覗かしていただいてはいかがでしょう。

山肌にまだ雪も残り、春スキーも楽しめる北海道ですが、一斉に咲き出した花に誘われ北海道は賑ます。

そんな陽気に助けられて、私は朝から庭の草取りをしています。函館の家は玉砂利や苔庭があり、茶室はありませんが石が敷かれています。先日冬の間の枯れ枝や雪囲いの撤去をしたのですが、今日は庭に生え出した草をむしります。ずっとやっていると腰が痛くなりますから、時々背伸びをしたり庭の様子を眺めて気分転換をします。以前父が鳥の巣箱をかけたり餌台を置いたりしていたので、今でも鳥達が集まり、私が作業をしている時は遠目に見ているのですが、ちょっと離れるとチチチチと呼び合っています。すずめは軒下に巣作りをしています。
父は「立つ鳥跡を濁さずとはよく言ったものだ。子育ての終わった巣箱の中は藁一つなく綺麗だよ。」なんて言って私の報告を喜んで聴いてくれます。

さぁ、昼食の後はまた作業再開です。今晩はパートナーさんが来るので、それまでに終わらせたいのです。

憲法記念日。こんなのどかな日常を失うことのないような国を国民の努力で築かなければいけませんね。平和は与えられるものではないのですから、庭の草取りと一緒、日々の努力が大切です。


今日は函館の庭からのご報告でした。ではまた。



スポンサーサイト

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google