プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

桜木紫乃・・・続き

お元気ですか?

毎日豪雨による災害や事故、繰り返される殺人事件ばかりでニュースを見るのが辛くなります。身内に事件事故に遭った者が居ない私でさえ辛く思うのですから、もし同様の事件が身近にあった人でしたらどれほど苦しいことかといたたまれない思いになります。ニュースだけではありません、たまたま見たドラマなどでフラッシュバックするのではと思うとテレビをつけることも不安になるのではないでしょうか。
8月です。テレビでは戦争をテーマにした番組が多く放送されています。若い頃は両親の生きた時代、祖父母の時代を理解したいと思い番組表をチェックしては録画し見ていたものですが、最近はほとんど見ることがありません。後世に伝える意味、新しい事実の発掘という点ではそうした番組を見て記憶し考える事が大切だと思ってはいますが、少し疲れました。戦争の世紀と言われた20世紀、第一次世界大戦から東西冷戦、イデオロギーによる国家の戦争、経済的利権争い、地域紛争・・・。人間は殺し合いの好きな生き物なのでしょうか。
私達は24時間あれば地球を一周出来ます。宇宙ステーションを作り太陽系の外にまで衛星を飛ばせられる技術も得ました。しかし隣の国と資源争いをしたり、言いがかりをつけて他所の国に入り歴史文化や言葉を蹂躙します。飢餓や病気で死んでゆく子どもたち。こんな小さな地球の中でこれは俺のものだ、あいつは憎いとやっているのがどれほどつまらないことか、人間が高等生物だというのは大きな間違いでしょう。

桜木紫乃さんの本を読みました。前回の2冊に続け、『蛇行する月』『氷平線』の短編2冊、長編の『風葬』です。
『蛇行する月』は高校時代に図書部で仲間だった女性達のそれぞれの生き方が描かれています。短編ですから一人一人を深く描いているわけではありませんが、縒られた作品は幸せという糸になります。私は女性の幸せと男性の幸せとに大きな違いがあるとは考えていません。その程度にしか女性を理解していないと言われるかも知れませんが、仕方がありません。それでもこれまで知り合った女性が今どうしているのか彼女たちの幸せはどんな形なんだろうと思ってしまいます。
『氷平線』はオホーツク沿岸の酪農の町を舞台にした男女の性愛を描いた作品。桜木さんの単行本初作品で北海道の土地の臭いを文章の中にしっかりと描きその土の上に抑えた心理描写が活きています。ただ、やはり初期作品ですから文章のこなれ感はありませんし同じような言い回しが気になる処もあります。それでも作者の世界がきちんと出ているのを知るのは嬉しいです。
そして初長編の『風葬』。ともに担任の生徒を亡くした経験をもつ根室の教師親子と自分の出生を知らない釧路の書道家の女性が主人公のミステリー。やはり作者独特の土地の事情を織り込みながらのスケール大きな作品です。話のほとんどが二つの土地だけで展開するのですが、女性を東京に行かせ空間の広がりを持たせる技もちゃんとあります。長編といっても200頁ほどです。登場人物の起伏も抑え気味に進むのは作者の特徴ですから物語の展開もこのぐらいの長さがちょうど良いでしょう。

桜木紫乃の作品を読む時に、土地の臭いをどう感じるかに読み手の事情が関係してしまうように思う。浜の昆布や潮風に乗ってくる魚の臭い、防波堤の上でカモメに食べ散らかされた魚。牧草の臭いや雪の臭いなど想像出来るものと経験として知っているものの違いは大きい。有名作家の作品でも情景は描けていても臭いを感じさせないものが多いのを思い出しながら桜木紫乃の魅力の一つと感心している。

もう一つ、オホーツク沿岸の酪農村や根室のように人口3万人にも満たない街を舞台にしながら物語が生まれる時、そうゆう所に人間が生活をしている事をあらためて思う。そして函館の街が寂れていく現実、今私が住んでいる人口80万の街に見られる空洞化を考えてゆくと街の作り方がこの国では出来ていないのが痛ましい。

蛇行する月蛇行する月
(2013/10/16)
桜木 紫乃

商品詳細を見る


氷平線氷平線
(2007/11)
桜木 紫乃

商品詳細を見る


風葬風葬
(2008/10)
桜木 紫乃

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google