プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

雨の函館 続きの続き

お元気ですか?

函館から帰ってきました。当地秋の風が吹き始めコウロギが鳴き始めていますが、じとっとした暑さは函館には無いもの。荷物を持って家に帰る道で汗がこぼれ落ちます。

函館のドライブの話を続けましょう。
今回南茅部から市内に帰ってくるのに川汲峠という道を走ってみました。2008年に新川汲トンネルが開通して古い道は閉鎖されましたから厳密には違うのですが、函館戦争の時に森町に上陸した旧幕府軍が函館を目指して進み新政府軍と戦った道です。また谷村志穂さんの『海猫』という小説では主人公の女性が南茅部の昆布漁師のもとへ嫁ぐためバスに乗って行くシーンを演出しています。南茅部は昆布が有名ですが、美味しい魚がとれますから魚の行商人も通った道。そうゆう道に敬意を払って私も走ってみたかったのです。

20148225.jpg

南茅部から山に少し入るとすぐ川汲温泉があります。古くからの温泉で昔は美味しい食事も出る温泉旅館だったのですが今はお風呂だけの利用です。アルカリ泉の柔らかい温泉につかり雨のドライブの疲れを癒します。
私達がお風呂からあがり帰ろうとすると地元の人がお風呂道具を持ってやってきました。店主は「暇だぁ」と挨拶を返しながらも雨の日の馴染客に嬉しそうです。

川汲遠を走り続けると、トラピスチヌ修道院を経て湯川に着きます。太平洋側の南茅部から峠を越えて市内に入るのです。

これで、今回のドライブはお仕舞い。
トラピスト、森(もしくは大沼公園)、函館市縄文文化交流センター、川汲温泉、トラピスチヌ修道院、と函館周辺のスポットを巡るドライブですが、一日で回る事が出来ます。レンタカーを借りてガソリン代をいれても7000円ぐらいですから観光ドライブとしてはお得ではないでしょうか。ご興味のあるかたは是非お試しください。

おまけ)

20148221.jpg DSCN7050_convert_20140826102148.jpg


十字街の角に建っているアクロス十字街。この建物には水道局が入っていて屋上にマンホールが展示されています。日本各地にあるマンホールは地域のデザインが施されていて人気があります。パートナーさんも旅先で見つけると写真を撮っていますので、今回一緒に屋上に行ってみました。四つのマンホールが展示されベンチになっています。函館山の方を見るとハリストス正教会や元町教会もかすかに見えます。屋上に上がるのは無料ですからこちらもお楽しみください。

ではまた。
スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google