プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

国分寺を訪ねる

お元気ですか?

雨が心配された日曜日ですが、強い日差しの暖かい日になりました。

NHKのニュースで国分寺の史跡調査の公開説明が行われると知り、パートナーさんと2人で出かけました。特別な知識や経験はありませんが、史跡を訪ねるのは好きで、これまでも旅先で立ち寄ったり、住んでいた三鷹の発掘調査があると知ってお散歩がてら出かけたりと好奇心を満たしてきました。今回も隣町磐田の国分寺では木による基礎が行われていて全国的に珍しいとの報道だったので、これは見てみようと出かけたのですが、これがどうやら誤報でした。でも、そのおかげで貴重な説明を聴くことが出来たのですから結果満足ですが、最近の報道機関の取材力の低下には危惧を感じます。

国分寺は聖武天皇が天平13年(741)に国分寺建立の勅を発し全国で建築が始まりました。当地遠江では国府のあった現在の磐田で建てられるのですが、すぐに作られた訳ではなく、16年後には督促の命令が出ているくらいです。正確に何時完成したとは分かっていませんが、それでも全国の国分寺としては早く建てられた方で、技術者や資材の調達など苦労も多い事業ですが、天皇からの勅令ですから高さ66mと推定される七重塔など難しい建物も正直に作られたそうです。

90149218.jpg

上の写真はその七重塔の中心の柱を建てた礎石(心礎)ですが、66mの塔というのは史跡の隣にあるNTTの建物の上に建つアンテナ塔よりも高いのだそうです。

20149217.jpg  20149215.jpg

出土品も少し紹介されていますが、今回の説明のメインは土の中にあります。昭和26年に初めて行われた国分寺の調査ですが、昭和42~45年度には全国の国分寺跡の中で最初に史跡公園として整備が行われています。しかし研究の進歩により再調査の必要が生じたことなどもあり平成18年度から再整備に伴う発掘調査を行います。

20149213.jpg  20149212.jpg

これにより、全国の古代寺院跡でも初めてと言われる「木装基壇」であることがわかりました。「木装基壇」というのは玉石を敷いた上に土を盛り固めその周りを厚い木の板で囲い土台とする工法です。基礎に水が滲み込まないようにすることで建物の木の腐食を防いだのですが、囲い板の方は何年かごとに交換が必要だったようで、どうしてこうゆう工法が取られたのかは分かっていません。塔の礎石は三河から運ばれていますし、良い石が採れなかったのでしょうか。

ところで、この木で土台を囲う工法をテレビの紹介では木を土台にすると伝え間違っていました。私はそれを聞いて珍しいと興味をもったのですから、何が幸いするかわかりません。

20149211.jpg

さて、今回の調査で金堂や講堂のほか塔や僧房の基壇も「木装基壇」であることが分かりました。またその大きさも拡大し修正されています。その調査の助けとなっているのが火災です。平安時代の記録『類聚国史』には弘仁10年8月(819)に国分寺焼失の記載がありますが、この火事によって焼けた木材が炭化したため腐らず残り建造物の跡を示す証拠となっています。木の種類や切り方など建築の技術も分かるのです。
これまでの調査で塔や金堂、回廊で焼土や炭化物が見つかっていますが、再建された様子はありません。一方僧房や講堂は火災にあった痕が無く、平安時代半ばまで使われていたことが分かっています。

説明にあたってくれた研究者の方の話はとても分かりやすく想像を掻き立てるものです。建物が正確に作られている事に誇りを感じているようですし、一方、僧房から硯が出土しないのはあまり勉強熱心でなかったのかなといった話も混ざります。聞く私達の頭の中に当時の情景が浮かび史跡が活き活きとしてきます。
特別史跡である国分寺跡を再調査し整備し直していますが、復元した建物を建てるような事をしないのは、研究が進んでいるものの想像の粋を超えない部分が多く、正確さを確保できないからでもあるそうです。史跡の在り方として研究者の思いの伝わる話です。

予定を超える1時間以上の説明に満足を得て解散します。平成18年から始まった今回の調査は今年が最後で今日のような説明会も今後は無いとのことでしたから、とても幸運な時間をた楽しんだ事になります。
身近な所に歴史を知る貴重な資料があり、それを研究している人のいることを知りました。心地の良い日曜日です。

ではまた。





スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google