プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『バーニー みんなが愛した殺人者』

お元気ですか?

これまで多くの劇作家が悲劇や喜劇を書いてきました。
「しばしば、とんでもない悲劇がかえって笑いの精神を刺激してくれる。」と言ったのはチャールズ・チャップッリンですが、劇場でまたは映画館でどんな悲しい作品を見ても私たちは落ち込んで立ち上がれなくなることはありません。それは私たちが今見た悲劇を自分自身に照らして納得し乗り越えてゆく力に希望を見るからなのかも知れません。


『バーニー みんなが愛した殺人者』という映画をWOWOWで観ました。リチャード・リンクレイター監督による2011年のアメリカ映画で、主演は『スクール・オブ・ロック』でも一緒だったジャック・ブラック。芸達者な役者さんですね。
何の前情報もなく観はじめましたが、1996年にテキサス州の町で実際に起きた話を元に作られた映画だそうで、画面は住民へのインタビューという形で進んでいきます。
こんなお話です。
テキサスの田舎町カーセージに葬儀屋として勤めるバーニーは丁寧な仕事ぶりと人柄で町の誰からも愛される人気者。その彼が町一番の富豪ドゥエイン・ニュージェントの葬儀を行い、未亡人マージョリーと知り合います。高慢な彼女は町の一番の嫌われ者で息子夫婦からも裁判を起こされて家族とも疎遠になっています。そんな彼女を気使うバーニーは次第に彼女に気に入られ、食事や旅行を共にするようになり、数年後には銀行預金の管理を任されるほどに信頼されます。良い関係に見えた二人ですが、バーニーは彼女の我侭に振り回され、支配欲がエスカレートした彼女はバーニーが他の町の人と交流するのさえ禁じるようになります。ある日、マージョリーの理不尽な振る舞いに我を忘れたバーニーは彼女をアルマジロ撃退用の銃で撃ち殺害、ガレージの冷凍庫に遺体を隠します。9ヵ月後事件は発覚しますが、町の人はバーニーの無実を信じて疑わず、たとえ事実だとしても悪いのはマージョリーの方だと言います。裁判を担当した検事は裁判が公正に行われるために地区を変えて行うことを求める事態に・・・。

殺人は犯罪ですし殺した方殺された方双方に悲劇です。しかし、バーニーは愛すべき人であって憎むべき犯罪者ではないという思いが事実を前に人々を混乱させます。さらに嫌われ者の未亡人が殺されたところで住民にはなんら不都合が無い事が事実を希薄にさせます。殺されても仕方が無いと思わせるくらいに未亡人は住民に嫌われていたのでしょう。住民は自分たちに都合の良い解釈でバーニーを無罪だと思います。こうして悲劇は喜劇に転換してゆきます。

映画は喜劇です。でも内容は悲劇で、同じようなことは私たちの日常に良く見られることです。

さて、ジャック・ブラックに惹かれてこの映画を見たのですが、DVDに録画して保存する事にしました。未亡人マージョリーの役をやっているのがシャーリー・マクレーンだったからです。思わず「まだ映画に出ていたんだ」と心の中で拍手喝采。実は私はシャーリー・マクレーンのファンなのです。『アパートの鍵貸します』をテレビで見たのはいつだったでしょうか。ミュージカル『スイート・チャリティー』はボブ・フォッシーの作品です。長年の彼女の功績に敬意をはらってDVDに焼いて大切に置いておきましょう。

バーニー みんなが愛した殺人者 [DVD]バーニー みんなが愛した殺人者 [DVD]
(2014/02/07)
ジャック・ブラック、シャーリー・マクレーン 他

商品詳細を見る


チャップリンは「人生はクローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇」とも言っています。私なんかも右往左往しながら生活していますから本人は結構しんどい時もあるのですが、傍目から見ればお笑いのような生活かも知れません。日常を笑い飛ばしてなんとか生きているといった方がいいかも知れません。
人間のやることの何処が悲劇で何処が喜劇かではなく、全部ひっくるめて可笑しいのです。だから目先の一つ一つに悲しまないようにしたいですし、笑うことが出来ないほどに心が壊れることのないようにしておかなければなりませんね。

おまけ)
シャーリー・マクレーンは1934年4月24日生まれで現在80歳。16歳でデービューしていますから、舞台・人生ともに悲劇も喜劇もいっぱい経験していることでしょうね。大企業の会長夫人の役かなんかで本社ビルのエレベーターガールと会話するシーンなんて映画で撮ってくれないでしょうかね。


スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google