プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

審査への旅 2

お元気ですか?

昨日から、新潟市に来ています。
新津の弓道場ついたのが12時20分、皆さんお昼休みの最中。
緊張の中にもちょっと和んだ空気が流れています。

nigata1.jpg

控え室になっている体育館に入り、
立ち順を確認。
今まで、明治神宮や京都で受審していたので
大勢の受審者がいらしていたのですが、
今回は180人ぐらい、
学科審査と実技審査を受けて、発表があるのが2時半ぐらい・・・

いつも、実技審査を3時過ぎに受けていたので
待ちくたびれていましたが、
今回はそんなことも無いようです。

道場の様子を確認しにいって広さを見ていたら、
東京でお世話になっていたS範士にお会いしたのでご挨拶し、
外に回って観覧場所を確認していたら、
範士の先生がたが、ご歓談されています。

やはり東京でお世話になっていたI範士とも目があったので
遠くからでした、ご挨拶・・・

せっかくなので、巻藁を10射ほどさせていただいて
会場を後にしました。

nigata2.jpg


と、此処までが昨日(13日)の話です。

今日は、朝しっかりと食事をとり(ホテルでおにぎり三個も食べました)、
8時15分に控え室にはいりましたが、大勢の方が既に来ています。
巻藁引いている人も・・・

受付を済ませ、弓を張り、着物に着替えて・・・
う~ん、私も巻藁引こう!
審査への緊張は全くないし、チェックポイントは出来ているし
弓は軽く、弦音も良い・・・
本当に弓を引くのが楽しく気持が良い・・・

4射ほど引いて確認が済んだので、澄ましの確認をしていたら、
9時前に皆さん道場へ集合 開会式です。

I範士のご挨拶をいただいた後、矢渡し。
Is範士とT範士による演武を拝見。

いよいよ審査のスタートです。

私は、10時から学科
今回の学科は
①息合いについて述べよ
②弓道の理念について述べよ の2問でした

学科を40分ほどで仕上げ、戻ると
私の立ちまで4グループほどに迫っています。
控え近くにきてあわてないようにします。

そうこうしていると、いよいよ呼び出し・・・
同じ立ちの方と挨拶を交わし、椅子に座ります。

控え室から射場の控えに移動し、いよいよ立ち。
前回、京都では大前で入場のタイミングを躊躇してご迷惑をかけたのですが、
今回は2番立ち、ちょっと気楽です。

入場し、所作を行い射位に入り、気持ちはとても静か。
胴造りをし打起しても、静か・・・
甲矢は星に中ります。

続いて、乙矢。
甲矢が中っただけに、頭の中に中てなくてはという気持ちがあります。
打起しまでは良かったのですが、引き分けがちょっと小さい(本当に微妙な感覚程度です)
しかし、その分体が弓に紙一枚入ってこない。

中てなくては・・・

3時に中ります。
でも、弓が半返り・・・

退場を気を抜かず、足さばきも確認しながら退場すると、
進行係りの女性が
「今日は皆中がいないから大丈夫、でも私は範士じゃないから・・・」って

あとは、結果を待つのみです。
お弁当を食べ、会場向かいにある、新津の鉄道博物館を見学して発表を待ちます。

結果はだめでした。
1部2部合わせて、5名が合格・・・おめでとうございます

私は、次回の明治神宮で再度見ていただくこととなります。

悔しい気持を抑えて、燕三条に向かい産業プラザを見学。
その後ホテルに帰り、全身から疲れが流れ出るにまかせて
ベッドに横になっていました。


スポンサーサイト

テーマ : 弓道
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

今頃は新潟観光でしょうか??
結果はいかがでした??

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google