プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

夏の野菜

お元気ですか?

夏は野菜の季節というのは私の素直な感想で、子供のころ庭に茂ったトウモロコシを林に見立ててくぐって遊んだからかもしれない。家には小さなぶどう棚もあったが、家庭菜園をやっていた訳ではないのでこれと言って野菜を育てたり収穫した記憶はない。それでも夏と野菜が結びつくのは父の実家で過ごすとスイカやオクラ、胡瓜や茄子にトマトと食卓にならぶ野菜はみな家から海へ続く畑で収穫することが出来たからだろう。テレビで故郷から戻る子供たちの満足気な顔を見ると、きっとこの子たちもそんな経験をしたのだろうと我が事に重ね合わせて幸せのおすそ分けを頂戴している。

函館の伯父は畑をやっていて今回はジャガイモをお土産にいただいた。故郷に帰るといっぱいに詰め込んだ荷物があるにも関わらず、これもあれもとお土産が増えてゆく。そんな事はもう見越したことで、お土産用に段ボールを用意して宅急便で送りもするのだが、それでもやはり重たい思いをしながら列車や飛行機に乗る事になるが、故郷のお土産は一向に気にならないのは家に帰ってからも故郷を味わえる喜びがそこにあるからだろう。

伯父から頂いたジャガイモを早速食べているのだが、これが素人が作ったとは思えないほど美味しい。なぜ北海道のジャガイモを美味しいとあらためて書くのかというと、当地でも三方原のジャガイモというのが作られていてこれが驚くほどの旨さでありここしばらく私は少し悔しい思いをしていたからだ。そして追い打ちをかけるように、当地スーパーで売られている北海道のジャガイモはあまり美味しいとは思えない。正直なところ生きがよくないのだ。
当地に越してきて新玉ねぎの美味しさ、三方原のジャガイモの美味しさに北海道出身の私は感心すると同時に悔しさも味わってきた。農家の友人が玉ねぎの自慢をし、ジャガイモの自慢をするのに笑顔で賛成しながらお腹の中で北海道のジャガイモの美味しさはまた違うんだけどなと自分に言っていた。

今回伯父のジャガイモを食べてまず気が付いたことは、鮮度の良いジャガイモは美味しいという当たり前のようなことだった。澱粉質の甘い香りが上品に口の中に広がる。土の匂いを思わせるジャガイモもよいが今回のは優しい甘さだ。三方原のふわっとした美味しさとは別の力強さを持った美味しさだ。これまでジャガイモの美味しさはどちらかと言えば武骨で不器用な感じにあると思ってきたが、いやいやどうしてなかなか繊細である。



北海道のジャガイモ万歳! 

ジャガイモが夏の野菜かどうか知らないが、久しぶりの美味しいジャガイモに自信を取り戻した次第だ。
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google