プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

Mr.サマータイム

お元気ですか?

初秋を迎え暑さの中にも涼しげな風を感じるようになってきました。トンボが飛んだり虫の声も聞こえています。皆さまの周りはいかがでしょうか。

パートナーさんの職場は国の機関でもありまして、国が掲げるこれしようという事は一応取り組むことを求められます。サマータイムの実施もその一つで、とりあえず可能な部署でやることになりました。

ある日先輩女史がパートナーさんに愚痴ったお話です。
「家の旦那の部署がサマータイムになって一時間早く出勤することになったの。だから私も一時間早起きして朝ごはんを一緒にするんだけど、私は今までと変わらない出勤だから早起きさせられたって感じなの。」

先輩女史さんの旦那様は同じ職場ですが部署が違い旦那様のところだけサマータイムが導入されたのです。

「でも一時間早く帰っているんだから家の事してくれるんじゃないの?」とパートナーさんがかえすと「それが、何処かに行っちゃって家に居ないのよ」と。

むむむ、これはまずい。家庭内問題に踏み込む訳にはいきません。

私が勤め人時代は遅~い帰宅が当たり前でしたからサマータイムがあったとしても大して変わりはなかったでしょうが、何せ国の機関はやることが四角いのでしょう、ちゃんと一時間早く仕事を終えるのだそうです。

「僕だったら道場に行くけど、旦那さん弓道やってないよね。」
「東京だったら皆でさっさと飲みに行くという形だろうけど、旦那さん何処に行っちゃうんだろうね。」

当地は車社会ですから居酒屋にちょっと寄り道というわけにはいきません。だとすると本屋さんやショッピングモールでぶらぶらでしょうか。でも男一人で目的もなくぶらぶらというのも想像がつきませんね。旦那様は何処に行っちゃうんでしょう。

何処に行かれているにしろ国が掲げるサマータイムの導入で家庭内がヒートアップしないようお願いしましょう。





スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google