プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

辞書で遊ぼう

お元気ですか?

台風による被害の放送を見ていたら、パートナーさん「あっ、出張だ・・・」と言います。上司の方が会議で出張なのだそうですが、行先がまさに台風の目のある山口。新幹線などは走っているのでしょうか?テレビ画面を見る限りではとても人が集まって会議が出来る天気には思えません。パートナーさんもすっかり仕事モードの顔になって出かけてゆきます。



先日 Book off で三省堂の『新明解国語辞典第六版』を見つけたので買ってきました。これまでも漢和辞典や英和辞典を買って楽しんでいたのですが、国語辞典はなかなか出てきません。5月ごろ参考書や受験問題集と一緒に辞書も沢山並ぶようになったので、時々覗いては気に入ったのが並ぶのを待っていたのです。『新明解国語辞典』は今第七版が新しく出ています。少し前に第七版の革装版が2500円であったのですが、手に取って頻繁に使う辞書に革装は使いにくいのでパス。気持ちに合うものが出てくるまでじっと待っていました。今回欲しと思うようになってから半年、Amazonで買おうかしらという誘惑もぐっと抑えて待った甲斐があったというものです。

『新明解国語辞典第六版』は二冊ありました。一冊はポケット版で箱も本も綺麗で1200円、ポケット版は私には小さいので普通版を買います。こちらも箱と破れていますが帯もあり、本もビニールカバーがついています。お値段は980円。お値ごろだと思いますが、どうしてポケット版より安いのだろうと何回もページをパラパラしてみると、後ろの「世界の主要地名一覧」というところに一頁だけよれがが見つかります。ほかの頁にはよれは見つかりませんので製本なのか箱に出し入れしているときなのかははっきりしませんが、他には問題になりそうな箇所は見当たりません。問題の頁もよく見てみると、よれて皺になっていますが紙は切れていないのがわかりました。アイロンで修復可能です。
古本屋さんで本を買うときは出会った本を逃がさない事が秘訣です。神保町を歩いて他も見てから後で買おうと思って戻ったら無かったなんていう失敗を何度もしています。買うのを躊躇して後で悔やむこともいけません。本を探して買うというのは本との縁、出会いを楽しむ買い物ですから買うか買わないかその場で判断する、買い手の心意気が本に試されているのだと思います。

ということで、私は中を確認した辞書を箱に戻し大切に手に持って、この時私はきっと愛おしい本を誰にも渡すもんかといった空気を発しているのですが、パートナーさんのところに行きます。パートナーさんも読みたい本を探していますから、私は心の中で「何か見つかるといいな」と念じます。自分一人が買うのは少し気が引けますからパートナーさんにも何か買ってもらいたいのです。幸いパートナーさんも文庫本を見つけたようです。しかも天井のスピーカーから20%オフと聞こえてくるではありませんか。これは追い風です。

こうして『新明解国語辞典第六版』は私の机にやってきました。

私の机にはよく使う辞典が数冊並んでいます。その中には岩波の『国語辞典第三版』もありますので、奥付を見てみると第三版は1979年12月4日一刷、私のは1981年9月10日の三刷りであることがわかりました。35年前の辞書です。
『新明解国語辞典第六版』の奥付けを見ると1972年1月24日に初版が出て第六版は2005年1月10日第一刷となっています。10年前に出た辞書なのですね。私は辞書マニアではありませんから、第七版を買って比べてみるという事はしませんが、せっかくですから岩波と比べることはするでしょう。ちなみに岩波で収録語彙は58600、本体頁数1216、三省堂で収録語彙は76500、1651頁です。

新明解国語辞典に「久助」という語彙が収録されていて「吉野葛の異名」とあり美的表現とあります。ちょっとこの美的表現という解釈は?ですが、同時に「ビスケット・煎餅などのブランド製品の傷物で、値引きして売りに出されるもの」ともあります。以前私が久助という言葉を知ったきっかけになった使い方です。でもブランド製品とまで言うほどではないような気がしますが。そしてこの「久助」は岩波には収録されていませんでした。
もう一つ。新明解国語辞典で「矢」を調べてみると、数え方の説明で「①②とも一本。①は昔、二本で一手と言った。」とあります。①は弓矢の矢で②には矢じりを説明しています。弓道をやっている私は今も私たちは一手って言っているんだけどね。と心中で反論します。岩波には数え方は出ていませんでした。

辞書はいつも手元に置いておきます。大きい辞書は本棚ですが、基本は机の上や自分がすぐ手に取りやすいところに置いておきます。本を読みながら知らない言葉が出てきたり読めない漢字が出てきた時にはすぐ辞書を引いて確認しましょう。分かったような気になっているのは一番よくありません。私は海外ドラマを見ていて画面に映る英語やフランス語の言葉を調べたりもします。自分の語彙の不足を少しでも良くしたいと思うからです。学生時代不勉強だったつけが回ってきたと言ってもその通りなのですが、けっこう楽しんでいます。
出版社の方や編者の方には申し訳ない気もしますが、古書店で安く買った辞書で遊べるなんて、しかも10年でも20年でも使えるのですからとってもお得な辞書遊びなのです。

ではまた。

ことの顛末)

パートナーさんの上司は広島で新幹線が止まり駅構内で3時間待たされたのち動き出した新幹線に乗ることが出来ました。でも接続する在来線が運休したためバスで1時間以上乗って目的地に着いて会議に出たそうです。無事着くことが出来てなによりでした。そんな大変は出張でしたが上司の方からのお土産がこちら。

1508292.jpg  1508291.jpg

いつもお気遣いありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google