プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

糸魚川探訪

お元気ですか?

父の四十九日も終り糸魚川の親戚にお礼に行ってきました。今まで連休に遠出をすることはなかったのですが、新幹線効果もあり金沢や富山へゆく東海北陸自動車道は混んでいるかもしれません。朝6時、お握りを持って車で出発です。
東名を西に行き愛知県、岐阜県、石川県、富山県と北上して行くのですが、心配するほどは車が出ていません。それでも飛騨高山の手前で少し渋滞になりひるがの高原SAは混雑しています。そんな行楽の車は白河のあたりで下りてゆきます。
富山県に入ると立山連峰を右手に見ながら海へ向かってまっしぐら。私はこの道が好きで、此処までくると帰ってきたぞという気持ちになるのです。

糸魚川に着き、駅前を回ると街の様子はすっかり変わっていました。
1592119.jpg  1592120.jpg

新幹線の駅舎は大きく在来線は見えません。駅前の古くからあった旅館は無くなり、以前紹介したことのある夫婦釜めしの駅弁屋さんも見えなくなりました(これはショックです)。駅前から海沿いの国道に出る道には様々な石がならび、説明が添えられています。フォッサマグナを中心としてジオパークの街であることを意識したものです。これは好感がもてるのですが、気が付く人がどれだけいるでしょう。

1592112.jpg  1592106.jpg

駅の南側には大糸線で活躍したキハが展示されています。車体の色は市民にアンケートをとり決めたのだそうですが、皆さん自分の思い出と重ねたのでしょうね。大糸線は松本から中央線で新宿につながります。登山をする方は新宿駅にアルプス広場があるのをご存知だと思います。私は新宿駅を利用していましたから夜のアルプス広場に集まる登山家たちを見ていつも羨ましく思っていました。

1592108.jpg  1592107.jpg

新しくなった糸魚川駅にはキハと共に楽しい広場が出来ました。子供のおもちゃプラレールを市民の方から集め飾ったのです。駅がぐっと身近になりますね。

1592109.jpg  1592102.jpg

プラレールだけではなく、糸魚川の駅前や東京の街をジオラマで作り模型の汽車を走らせています。ジオラマを走る汽車は子供たちが親と一緒に運転することもできますし、自分の模型を持ち込んで動かすことも出来るようです。連休で賑わっていましたが、普段はもっと空いているでしょうから趣味をお持ちの方は是非糸魚川駅にお出かけください。

1592116.jpg  1592117.jpg

糸魚川駅から歩いて行けるところに、相馬御風の暮らした家が記念館として残っています。早稲田大学の校歌や「春よ来い」などの歌、良寛の研究家として知られる相馬御風です。私の伯父は御風の息子さんと同級生でよくこの家に遊びに行ったと言っていました。そんな事を思い出しながらお散歩を続けると郷土の食品、車麩の老舗などもあります。古い建物ですが趣を感じます。

1592115.jpg

さて、糸魚川を紹介するときにどうしても宣伝したいフォッサマグナミュージアムという処があります。フォッサマグナというのは日本列島を横断している深さ6000mにもなるもので列島誕生の成り立ちと関係し、西側が糸魚川‐静岡構造線と呼ばれています。ナウマン象で名を残しているナウマン博士が発見したことでも有名です。糸魚川はヒスイが採れることでも有名ですが、これはフォッサマグナに大きく関係しています。そのミュージアムが今年の3月にリニューアルしました。以前は地球規模の地質学的展示がありそれはダイナミックで私は大好きでした。今回のリニューアルではヒスイの種類や出来方、そしてフォッサマグナの成り立ちに焦点が当てられ糸魚川にある意味がより明確になった感じです。私の糸魚川お勧めの第一位ですから是非楽しんで頂きたいと思います。

ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

No title

杣人さん、こんにちは。
大変ご無沙汰申し上げております。
お父様のこと、大変ご愁傷様に存じます。四十九日を終えられたとのこと、また新たなお寂しさもおありのことと拝察申し上げます。
遅ればせながらお悔やみを申し上げます。

大切な出来事の中にあられて、それでもいろいろのことを文章にしてお伝え下さいましたこと、とても感謝しております。
私は時々、その方の「本当」ということを考えます。お話全体に、杣人さま、お父様の「本当」が、しみじみと伝わってきて、誤解を恐れず申し上げますと、これからを誠実に生きていくための元気をいただいたような気がいたしました。大変ありがとうございました。

朝晩冷えるようになりました。どうぞお気をつけてお過ごし下さいますよう。

Re: No title

ここ様、大切な言葉を有難うございます。ここ様が言われるように父の「本当」を知ることが私の子供としての役割でした。そうゆう視点で父を見ていると父がどれほど興味深く愉快な人間であったのかと思います。故郷や人を大切にし真面目に向き合うことで全てを切り開いて生きてきた父です。素直な性格は私たち家族が心配になるくらいでしたが、天はそんな父を活かし導いたと私は確信しています。そうゆう父の姿生き方に興味は尽きませんし、私も勇気をもらっています。自分の都合や利することを考えず、真面目で正直な生き方を貫いて周りの世界が動いていくのですからそこには何か真理があるのでしょう。
確かに亡くなった寂しさはあるのですが、実は今とても父を近く感じていて私をどんどん素直にしてくれているように思っています。つまらないことに思い悩まず、私の中にある種の芯のところで生きてゆく、そんな生活に父が導いてくれているような気がしているのです。
ここ様はそれを「本当」と言い、「誠実に生きてゆくための元気」と言ってくださいました。有難うございます。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google