プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『グッド・バイ』

お元気ですか?

今日は5年前に東日本大震災が発生した日。数日前から各テレビ局で特集番組が用意されている旨伝えられています。私はNHKのスペシャル番組を何本か見て今日を迎えましたが、原発に関する番組と「風の電話」という番組を見てテレビを消しました。「風の電話」は岩手県大槌町の海を見下ろす丘に置かれた電話ボックスに震災で家族を亡くした方々が来て思いを伝える様子を描いているのですが、番組の間中泣かずには見ることはできませんでした。「風の電話」はもともと親友を亡くした方が自宅の庭に作ってあったところ次の年に震災が起き、「電話」を一般の方にも開放したのだというのです。設置した方のヒューマニティーに驚くとともに、そこに訪れて心の声を受話器を通して吐き出す被災者の痛みを深く感じるばかりです。

5年前の今日、私は道場で弓の練習をしていました。ちょうど弓を引こうと立っていた時に揺れを感じ、弓仲間と一緒に管理人室のテレビを見、携帯のテレビでニュースを見たりして大変な事態が起こったことを知ります。東北に親戚もいますし知人もいます。プライベートでも何回も訪れた地域が想像も出来ない震災に巻き込まれこれから何が起きるのかまったく想像もできないでいました。
翌日私は四国へ向かうのですが、自衛隊の救援部隊が東名高速を走ってゆくのとすれ違いながら無事を祈っていました。

あれから5年、変わったこと変わらないこと、世界中に影響を与えながら時は過ぎてきました。同時代に生きるものとして何を見て何を考え、どう行動するのか。私たちは常に考えながら決断をしてゆかなければなりません。

******

『グッド・バイ』という芝居を見ました。太宰治の新聞小説が原作ですが、連載途中で入水自殺をしたため絶筆となった作品です。
脚本・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ、出演は仲村トオル 小池栄子、水野美紀、夏帆、門脇麦、町田マリー、緒川たまき、萩原聖人、池谷のぶえ、野間口徹、山崎一といった人たちで全く素晴らしい舞台でした。
実は私は太宰治を読んだことがありません。せいぜい小学校の教科書で『走れメロス』を読んだだけです。そんな私ですが、東京の家は太宰の墓のある禅林寺の近くで道場は隣でした。桜桃忌になるとファンの方が行列を作ってお寺にお参りに来るのをよく知っています。青森に旅行に行った時には太宰治記念館 「斜陽館」に行って三鷹の古い写真を見てはおもしろがって来たこともあります。
そこで図書館で太宰治の本を借りて読むことにします。『グッド・バイ』でけではなく『人間失格』『ヴィヨンの妻』『桜桃』『トカトントン』が収録された本です。

芝居を見ることによって出合う太宰治。さてさてどんな出合いでしょうか。生きていてこその出合いです。心して太宰を読むことにしましょう。

スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google