プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

花に誘われ

お元気ですか?

昨日、今日と強い風が吹いています。パートナーさんの希望で近くの行興寺に藤の花を見に出かけました。行興寺には、謡曲「熊野(ゆや)」で知られる熊野御前が植えたと伝えられる藤が境内に572平方メートル渡って枝を張っていて樹齢約800年の国指定天然記念物1本と樹齢約400年の県指定天然記念物5本の他多数の藤が植えられています。

熊野御前のお話というのは、平安時代、見付の国府に赴任していた平宗盛が美しい娘熊野を見染めて都に連れ帰るのですがある日母親が病との知らせが届きます。故郷池田に母を見舞いたいと願う熊野ですが宗盛は聞き入れません。熊野は「いかにせん、都の春も惜しけれど、なれしあずまの花やちるらん」(都も離れがたいが、故郷で命を散らそうとしている母が心配です)と歌を詠み、ついに宗盛は熊野が故郷に帰ることを許すのでした。
熊野は母との再会を果たしますがほどなく母は亡くなり、宗盛の戦死と平家滅亡を聞いた熊野は尼となり母のために植えた藤を愛でながら生涯を終えます。

パートナーさんに誘われるままに藤を見に来たのですが、思わぬ歴史話に出合います。

天竜川の河原に設けられた駐車場に車を停め、歩いてお寺に向かいますが、道すがら船着き場の跡が石柱や看板で紹介されています。小さな建物もあり渡し舟の写真や通行証が飾られ江戸時代天竜川の渡し場として栄えた記録が紹介されています。
ちょっとした散歩で地域の歴史に触れるのは楽しいものですし、土地の人が歴史を大切にしているのは嬉しいものです。

藤の花を見てご機嫌なパートナーさんは柏もちを買ってさらに上機嫌です。

ではまた。

スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google