プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

6月のラ・サリーブ

お元気ですか?

各地で梅雨入りしたと伝えられていますが、当地はとても爽やかなお天気です。久しぶりにフランス料理をいただきにラ・サリーブに出かけてみました。二日前に予約をしていますから、シェフがどんな材料でどうゆう料理を出してくださるか、それを楽しみにします。
仕事を終えお風呂に入ってさっぱりして夕涼みをたのしみながら歩いて行くと水をはった田んぼのせいか何時もの風景とは違った感じ。家庭菜園ではきゅりや茄子が葉を広げ支柱に張られたネットに弦が巻き付き始めています。

お店に近づくと半田山の木々の間に白いものが見えます。鷺が巣に帰り休んでいるのです。しかも集団でいますから木々の間に白いものが沢山見えていたのです。この時期日中は家の周りの田んぼに鷺が一羽づーっと立っています。不思議なことに鷺はいつも単独行動のようです。この鷺はどこからくるのだろうと疑問に思っていたのですが、なるほど近くの森の木に巣をつくっているのだと判明。でも日中の鷺は餌を運んでいる様子が見られません。子育てはどうしているのでしょう。日中は単独行動なのに巣は集団で作っているのはどうしてでしょう。
お散歩をすると色々な発見があります。

お店に着き、席に案内されます。
最初のアミューズは最近シェフが見つけた地域の陶芸家のお皿に乗せられてでてきました。
地域再発見で話題が進みます。私たちも遠州木綿紬のテーブルセンターを楽しんでいます。
201606101.jpg

ワインはムスカデ。
 
 201606102.jpg

二つめのアミューズは一口ラタトゥーユがトマトのムースに包まれています。
レタスの粉末が器に添えられてお抹茶のようで和テイスト。
201606103.jpg  201606104.jpg

春野菜とラングスティーヌのパリソワールはシェフがパリの夕暮れをイメージしたと言います。見るとラングスティーヌにビーツのペーストが添えられています。そこにシェフがビシソワーズを注いでくれますので、スプーンで少しづつと溶いてゆくとご覧のように夕暮れが広がるという趣向。ベランダから見える風景は薄く暮れつつあって、パリの夕暮れってちょうどこんな感じですよねって。

201606105.jpg 201606106.jpg 201606107.jpg

お魚料理は舞阪漁港であがったヒラメとグジのポアレ。舞阪漁港はしらすやアサリで賑わう漁港ですが、グジもあがるんですねとちょっと見直します。わたしはグジの上品な味が大好きですし、ヤングコーンも好き。うれしいお皿です。
201606108.jpg

シャーベットをいただいてお口直し。
201606109.jpg

ワインを選びましょう。最近二本飲むのを警戒するようになりました。シェフはハーフボトルもありますよと出してくださいますが、ハーフだと一人一杯半ぐらいですのでそれでは少し物足りない。
やはりボトルでいただくことにしました。
ボルドーのコート・ド・カスティヨン シャトー・デグイユ しっかりした良いワインです。
マノン・レスコーの青年、デグリューに名前の似たワインにパートナーさんも喜んでいます。

2016061010.jpg 2016061011.jpg

お肉のメインは猪です。ジビエ料理の得意なシェフと鹿や猪、兎などの話で盛り上がりますが、今日の猪は獣臭さもなく肉質も柔らかい素晴らしい猪です。フランス料理のジビエと日本の山郷での料理との違いなど私の自説を酔った勢いで話たりします。シェフも料理す立場でのジビエの事情など色々なことを教えてくださいます。

2016061013

さあ、チーズとゴルゴンゾーラのアイスクリームでお仕舞。 
2016061014   2016061015.jpg

私より少し年上のシェフですが、とても気さくに色々なことをお話しくださいます。その正直で素直な人柄が料理に出ているのですが、とても遊び心がある料理です。確りした土台があるからこそのオシャレな料理。こうゆうお店とシェフは地域の財産です。

ごちそうさま、ラ・サリーブ。

スポンサーサイト

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google