プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

good good

お元気ですか?

バングラディシュの首都ダッカでまたテロがあり日本人を含む多くの方が死傷した。イスラム国の関与が伝えられているがテロ行為が行きつくところに何があるのだろうか。イギリスのEU離脱を問う国民投票は接戦の末離脱派がわずかに上回った。情動が冷静な判断を押しやったと言えるだろうが、驚くのは離脱を叫んでいたいた政治家が公約を翻したり首相への出馬をしないと言い出したことだ。さんざん旗を振っていたのに責任を担うことはせずさっさと戦線離脱したということだ。踊らされた国民も情けないが詐欺師のような政治家にはあきれ果てるばかり。議会制民主主義の生まれた英国で議員がこんなレベルだったのかと思うとイギリス国民だけではなく世界中で多くの人に失望を与えているだろう。離脱派ばかりではなく存続を主張した現首相もまるであとは勝手にやってくれと言わんばかりの態度をとっているが、リーダーの仕事はどのような状況にあっても国民のために最善を尽くすことであり、たとえ国民投票で敗れたとはいえもし本気で存続が正しいと考えるなら離脱派が上回ったことによる経済損失を反省材料に存続を訴え直して巻き返しても良いのではないか。国民投票をまたやることは無いだろうしやってはいけないが、議会でEU存続を討議し直すことは可能だろう。もっとも存続になったとしてもEU加盟各国からもイギリス国民からもリーダーとしての信頼は失っているのだからさっさと政治家から身を引くべきだ。だいたい中国にイギリスを安く売っている反逆者なのだから離脱を叫んだ詐欺師と一緒に強く糾弾されるべきだ。

7月2日、久しぶりに友人に電話をした。久しぶりというのは少し違う。去年の8月にメールをしただけで年賀は欠礼だったから電話で話したのも2年ぶりぐらいだ。友人というのも少し違うかもしれない。もともとはパートナーさんの会社の先輩なのだが会社での付き合いは2年ほど。彼女は退職し別な仕事に変わったがなぜかパートナーさんとの付き合いは続いた。東京時代は思い出したように連絡をして歌舞伎を見てご飯を食べるといったお付き合いで、私はまぁ刺身のつまのような存在だ。
それでも30年から続いているのだからお互いどこか居心地がいいのだろう。

その彼女、どこか愛すべきところがあって横浜の高層マンションを買ったときにIHのキッチンだったのでメーカーの使い方教室みたいのに参加した。「チャーハン作ったんだよ」と楽しそうに言い、中華街を一緒に散歩すると調味料の「味覇(ウェイパー)」を見つけて「これ便利なんだよ」と明るい。頭脳も優秀で経済力もある彼女の気取らない天然さ加減は私たちにとっていつも明るい笑いのもとだ。

彼女はなぜかパソコンが苦手だ。仕事でも使っているから本当に苦手かどうかは不明だが少なくともネット環境を整えるのは苦手のようである。高層マンションを買ったときに通販でパソコンを買ったが設定は業者にやってもらったという。私の感覚では通販での購入も業者による設定サービスもちょっと考え物だ。しかも買って半年ほどしてもまだ使い勝手になじめていない様子。「困ったら教えるよ」と言っても「使えなくてもさして困らないから」と頓着無い。半日ネットが使えないと困る私とは正反対だ。 

今回もパートナーさんがメールをしたら宛先不明で跳ね返ってきた。私の携帯からパソコンのメールに送ってもやはりだめで、これはキャリアーを変えたかなと想像したが2年も連絡をしていないとやはり少し気になる。「死んでなければいいけどね」と少し物騒なことを言ったが、海外旅行の好きな彼女の事だから事件に巻き込まれていないとも限らない。パートナーさんは少し心配しながら携帯に電話をした。電話の向こうで彼女は落ち着いた声で話している。私たちと同じお父様を亡くしお母さまの介護を施設を利用しながら続けているという。携帯はヤフーモバイルに変えたのでメールアドレスが変わったが、インターネット回線もヤフーにしたので(TVコマーシャルしている1980円らしい)パソコンのメールも変わった。落ち着いたら知らせるつもりだという。きっと彼女からメールアドレスが知らされるのは1年後ぐらいだろう。だいたい今時YahooメールやGメールといったWebメールを使うほうが便利だろに彼女にはそうゆう発想は無いようだ。ここは彼女の世界を尊重し見守ってゆこう。

WOWOWで「グーグーだって猫である」を見た。今朝は「グーグーだって猫である2」。漫画家の大島弓子の作品を原作にしたドラマだが、舞台が吉祥寺なので楽しく見ている。25年暮らした町がドラマの舞台として見られるのは嬉しい。先日小泉京子と上野樹里が出演している映画版を見たがいきなり「ドスガトスで打ち上げしよう」とセリフがあり驚いた。ドスガトスは吉祥寺では有名なスペイン料理の店で私がオープン当初から付き合っている店だ。シェフや奥様とも仲が良い。それだけでDVDに焼いて保存することにしてしまった。  

WOWOWのTV版ではもっと色々な店が登場する。井之頭公園では名物といっていい焼き鳥のいせや、小笹の羊羹は定番で出てくる。今日はおしゃれな和食の店金の猿がおいしそうな料理と一緒に出ていた。どのお店、どの風景も私が馴染んだもので画面のあちらこちらに自分の姿を見つけることが出来る。高校生の時にふらっと上京し遊び歩いた時から私は吉祥寺と近かった。いや上京する前、映画『伽倻子のために』を見てそのシーンに井之頭公園の林が登場し、東京でもこうゆう木々のある公園の傍で暮らしたいなと思ったのが最初だった。私は公園の弁財天様に好かれていたのかもしれない。 

人は色々なところに自分の居所を見つける。仕事であったり、趣味であったり、住んでいるところも文字通り居場所だ。離れていても思いを通じ合える友人も居場所だろう。そうゆう居場所をいくつも大切に育てる。
この文書を書いている間にバングラディシュのテロで7人の日本人がなくなったと伝えられた。悔しいばかりだ。 テロリストはどんな居場所を探しているのだろうか。無差別な殺人を繰り返して安然な居場所が得られると思っているのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google