プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

小樽からのプレゼント

お元気ですか?

週末を弓三昧で過ごし、気持ち良い疲れを残したまま月曜日を迎えた。先週、先々週とお盆の時期もありほとんど仕事にならなかったが今週は少し仕事にも力を入れなければならない。
関東に台風が上陸し、暴風雨が人々の生活を狂わせている日、当地では心配していた雨も降らず私が自宅で仕事をしていると宅急便が荷物を届けてくれた。

16082201.jpg

先日従兄から電話があり、楽しみにまっているようにと言われた品物だ。もちろん私は従兄が何を送ってくれるのか承知している。彼は少しばかり名の知れたシェフで彼の作るベーコンはデパートの北海道物産展などでとても人気があるのだ。パートナーさんは私が「なんか送ってくれるって」と電話のあったことを言うと、「冷蔵庫を開けておかなくっちゃ」と目をキラキラさせながらよだれを垂らさんばかりの顔をする。
従兄は私と同じで子供の頃から料理をするのが好きで、剣道部の練習が終わると後輩や仲間を家に連れてきてはご飯を作って食べさせていた。
だから、結婚し奥さんとレストランを始めたと聞いたとき、「好きな事が出来てよかったね」と素直に納得し祝福したものだ。私が東京から遊びに行って家に泊めてもらうとレストランの個室で食べきれないほどのごちそうをしてくれるし、フェリーで食べるものを何か作ってというと抱えるほどの発泡スチロールにキッシュやベーコン、鰊のマリネなど広げればパーティーが出来るくらいの食材を詰めて持たせてくれた。
長男の彼は根っからの兄貴気質で面倒見が良いのだ。

レストランはベーコンを中心にした惣菜の人気が出ると営業が厳しくなった。下火になったのではなくレストラン事業に手が回らなくなったのだ。もともと自分で楽しんで作るのが好きなのだから事業が拡大してゆけばどこかを抑えなければならない。ちょうど時代は不況の長いトンネルに入ったころだ。客待ちのレストランは東京でも厳しい時代でそんな時代に販売の仕事が伸びたのは従兄にとって良かった。これは夫婦の人柄もあって多くの取引先に可愛がられたことも大きく影響している。
ネットにはいつオープンしているのか分らない店と書かれていたりして知らない人が見ると心配なことのように思われるが事情を知るものにとっては、忙しさで体を壊すのではないかと心配なほどだった。従兄は企業経営者として成功した。

そんな従兄が昨年店を建て直した。予約だけの店をするのだという。原点に戻るのだろう。もともと自由な人間だから好きなことを好きなようにしたいのだろう。身体のこともある。私は賛成だ。
私の友人のシェフはみんな30年からのキャリアを持ち今後の方向を考えている。店の名を残しスタッフに任せる方法もある。店を閉じるという選択もある。大きく展開していると企業としてかじ取りが難しい場面もある。従兄がどう考えているのかは知らないが、販売をしながら予約だけの小さな店でやりたいようにやる。ちょっといいじゃないか。

さて、従兄が送ってくれたベーコンやキッシュをいただきながらどんなワインを飲もう。シャブリもあるしアリゴテも良いのが冷蔵庫で冷えている。従兄が人生を楽しみ成功したその料理をいただきながら私も人生の自由を楽しもう。

スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google