プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『駆け出し探偵フランシス・べアードの冒険』レジナルド・ライト・カウフマン

お元気ですか?

週末の雨で当地の桜もすっかり散ってしまいました。パートナーさんの希望で近くの山間の町に出かけ桜堤をドライブし小さなダム湖の桜を楽しんだのが今年の私たちのお花見でした。来年はどんなお花見が出来るのでしょうか。

『駆け出し探偵フランシス・べアードの冒険』を読みました。しばらく弓道関係の本を調べ読むことをしていたのですが一段落し、何か読みたいと頼りにしたのがお馴染みの「探偵小説三昧」さん。そしてタイミングよく紹介いただいていたのが本書です。「シャーロック・ホームズの姉妹たち」という19世紀末から20世紀初めの時代に女性探偵の活躍というテーマはピンカートン探偵社を思い出させますから、これは読んでみなくてはと即決。
もともとサラ・パレツキーの V・I・ウォーショースキーのような女探偵は好きですから期待を持って読み始めます。

主人公のベアード嬢は探偵事務所で働く若い女性、そこそこの活躍もしたようだが最近はあまり成果があがらずクビも覚悟と言う状態だ。所長の言葉は「ネズミを恐れない。頭の回転が速い。上流階級のあいだでもどう振る舞うかわかっている。若いし、かわいらしい。」と好意的のようだが最後のチャンスに富豪の家で行われる結婚パーティーでダイヤモンドの監視の仕事を命じられる。
しかし同僚のケンプと屋敷に行ったベアードは僅かな隙にダイヤモンドを盗まれ結婚を目前にした富豪の息子を殺されてしまう。

読み始めてベアード嬢の人物設定に謎が含まれているのが面白い。上流階級に混ざっても大丈夫な教養を持ちながら探偵社という職業を選んでいるのがまずもって謎。若くてかわいらしいが決してそれを武器にしたお嬢様ではなく仕事への意欲があり同僚のケンプに対して嘘や隠し事をしながらも自分の視点で事件を解こうとする勝気なところは愛嬌すら感じられる。
これは著者カウフマンが映画作家でもあることから映画的ヒロインがイメージされているのだと推察する。実際彼女は良く動き回り人に会い、馬車に飛び乗ったりとアクションシーンも多い。
物語の方も登場人物それぞれに秘密が有りなかなか事件の真相は見えてこない。読みながら謎解きをする楽しみは十分にある本格派(私がいうのはおこがましい)だ。物語の骨がしっかりしているので読んでいて安定感がある。

またしても「探偵小説三昧」さんにお世話になりましたが、今回も楽しませていただきました。
ということで、次は『質屋探偵ヘイガー・スタンリーの事件簿』を読ませていただきます。

ではまた。

スポンサーサイト

テーマ : 推理小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

No title

あ、読まれたんですね。さすがに読む人を選ぶ小説かとは思いましたが、いざ読んでみるとけっこう現代的というか、男子の好みは古今東西それほど変わらないのだなぁと思った次第です(苦笑)

Re: No title

sugata様、お早うございます。”男の子の好み”全くそうですね。男女のコンビというのもアメリカものの定番?と笑いながら楽しみました。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google