FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『ブラック・ハート』 マイクル・コナリー

お元気ですか?

一雨ごとに秋が深まってゆく・・・そんな季節の記憶は何処へ行ったのか。今朝は激しい雨に目が覚めるほどだったのだが、お昼には青空に刺すような太陽。もちろん気温も三十度近くあって汗ばむくらい。秋の味覚さんまが獲れないのは何処かの国の節操のない漁のせいとテレビのニュースでは伝えているが、素人にはそれだけではないように思える。日本海の冬の味覚、松葉蟹や寒ブリ、このわたやくちこが食べられなくなったら冬の楽しみはどうしたらよいのかしらと今から悲しくなってしまう。

マイクル・コナリーの『ブラック・ハート』を読みました。『ナイトホークス』から順番に読んで三冊目です。

こんなお話。
ハリウッド署殺人課の刑事、ハリー・ボッシュはブロンド女性が11人も惨殺された“ドールメイカー事件”で犯人を撃ち殺していたが、事件から4年後、犯人の妻から訴えられ裁判に臨んでいる。そんな折真犯人と名乗る男からメモが送られ、コンクリート詰めされた女性の死体が発見される。殺害の手口や女性の特徴、メモの内容から“ドールメイカー事件”の犯人の特徴と一致するのだが、はたしてハリーは犯人を間違って殺していたのだろうか。裁判を抱えながらハリーは真実を探る捜査を開始する。

上巻はリーガル・サスペンスの様相の作品で私はこうゆうタイプの作品を本で読むのは初めて。原告側弁護士、被告側ハリーの弁護士、そして判事とのやり取りなど立場の違いや人物の特徴の出し方などが面白い。
一方ハリーは裁判を気にしながらも新たに浮かび上がった新犯人を名乗る男の事件の真相を明らかにすることに集中しようとする。ドールメイカー事件で射殺したノーマン・チャーチが真犯人であることに疑いを持っていないボッシュとロス市警だが、なぜ新たな犯人は細部まで詳しく知っているのか。心理学者のジョン・ロックやハリウッド署風紀課刑事レイ・モーラと作者は怪しい人間を登場させて読者を飽きさせない。

本作で私が関心を持ったのは本筋ばかりではなくボッシュの恋人シルヴィア・ムーアとの関係の描き方だ。前作で魅かれた二人は恋人としての関係を築こうとしているがお互いに辛い過去をもっているため簡単にはいかない。ボッシュの全てを知りたいと思うシルヴィアだが、ボッシュは自分の過去と心情を開くことをしない。それほどに重たくキツイ経験をボッシュは背負っているということなのだが、シルヴィアは知ることが二人には必要だと思っている。しかしそのシルヴィアも刑事であるボッシュの生き方が難しいものであることは理解していて受け止めることが困難だと分かっていて関係を進めることが出来ないでいる。
痛々しい恋愛関係だが、大人の恋愛には当然起こり得ることで、二人がそれにどう対処するのか興味の湧くところだ。

真犯人へ迫るところは少し薄い感じもしたし、別な謎も残るラストだが、堪能できた一冊だった。

ハリー・ボッシュシリーズは第一作の『ナイトホークス』でベトナム戦争を、二作の『ブラック・アイス』では親子関係を事件と絡めながらボッシュ刑事の抱えているものを読者に明らかにしてきた。今回はボッシュがロス市警からハリウッド署に左遷されるきっかけとなった“ドールメイカー事件”がテーマだった訳だが、次回作品『ラストコヨーテ』は何をテーマにしているのか、今から楽しみだ。

ではまた。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

コメントありがとうございました。
杣人さんが住まわれている場所がどこなのかよく分かりませんが、いつかお近くにお邪魔するときがあるだろうと思います。
日本の都道府県各地でライブをするつもりでおりますので。
お気軽にご来場くださいませ。

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google