FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

気分はバル

お元気ですか?

今年の春から見ていたNHKの語学テレビ、旅する○○語。フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語と見ていて、最近の語学講座はこうなんだと面白がっていました。
私は語学は耳から覚えるのが好きで、自分で「オウム返し学習法」なんで適当に名付けて笑っています。赤ちゃんが聞いた音を繰り返すように大人の語学学習だって真似て繰り返していればそのうちになんとかなるという勝手な理屈なんですが、これって実際に海外旅行をした際にやってみると(ちょっと勇気と恥ずかしさはありますが)けっこう役に立つものです。

そうは言っても、ある程度の単語や慣用句のようなものは知っておくと会話はググッと幅を広げます。

第一シーズンが終わるころになって、納戸からドイツ語やイタリア語の辞書を引っ張り出し、第二シーズンに備えてみましたが10月から始まった第二シーズンではまだ辞書を引くほどの会話は登場していません。
それでも、第一シーズンでは聞き流していた番組も、今回は会話を書き写してノートをとるようにしてみました。耳と一緒に手で覚える作戦です。文字は鉛筆で書いて覚えるのが一番。音は耳で覚えますが、文字は手で覚えます。
一度番組を見て流れをつかんだらもう一度録画を再生しながら画面に出てきた会話の文字を書き写していきます。あとでそのノートを見るとそれは見事に番組が頭の中で再生されるのです。
まぁ三日坊主にならないように頑張りますね。

さて、旅する○○語という番組ですから、旅行者を意識した構成になっていてきっと行くであろう所を紹介しています。
ドイツ語講座では立喰いのケバブスタンド、確かにベルリンは東欧からの移入者が多く○○街といった場所も見られます。私も旅行した時にいわゆる民泊をした家はそんな家でした。
イタリア語講座はナポリが舞台です。私がナポリを訪れたのはもう何十年も昔のことで学生時代に勉強していた哲学者の家を訪ねてプレートを見上げて感慨にふけったものです。不覚にもその時はピザも食べなければアマルフィに足を延ばすこともしませんでした。そこで今回は反省の思いを込めて、先日紹介したようにレモンチェッロを作って慰めているのです。
フランス語はまぁこれは馴染みですから今更なのですが、第二シーズンはニースのジャン・コクトー。晩年のジャン・コクトーはあまり知られることはないので私も楽しく見ています。高校生の頃、神保町の田村書店でジャン・コクトーの本が1万円であったのに買う事が出来なかった幼さをちょっと懐かしく思っています。
そしてスペイン語。実は私はスペインに行ったことがありません。友人の多くが行っているのになぜか行っていないのです。それでもカザルスを聴き、ヘミングウェイを読み、ロバート・キャパに心惹かれたものです。ファルーカだって大好きです。

家でだってアヒージョは我が家の定番料理。番組を見ていたらバル巡りをしてながら料理の注文をしています。本当語学講座も変わりましたね。そんなバルの一軒はエビのアヒージョが定番の老舗。100年以上の古さを誇る店は赤い壁が目印だそうです。
見ながら、なんだこれなら私もいつも作っている。とちょっと自慢気に思ってしまいます。

20171026.jpg

エビと玉ねぎのみじん切りを入れたアヒージョ。今日はイワシの切り身も入れてみました。我が家の場合はエビは殻をつけたままです。そのほうがエビの風味がしっかりオリーブオイルに移って美味しいとおもうのですが、まぁ家庭料理ですからね。

語学講座。見て覚えるだけではなく料理のバリエーションも増えるお得な番組です。バルをはしごしてアヒージョやピンチョスをつまみ食いしながら飲むように、いろんな言葉をめぐっていったらこの世界はもっと楽しくなると思うのですが。

ではまた。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google