FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

『至福の味』 ミュリエル・バルベリ

お元気ですか?

関東に大雪をもたらした寒波は当地にも強い風と寒さを連れてきて、今日は朝から風が荒れています。東京の友人を心配しながら当地が風だけで済んでいることに感謝しています。

ミュルエル・バルベリの『至福の味』を読みました。年末に『優雅なハリネズミ』を興味深く読んだので彼女のデヴュー作である『至福の味』も読みたいと思ったのでした。『至福の味』はちょっと変わった本です。臨終の床にある主人公がかつて味わった「至福の味」を思い出したいと必死に自分の記憶をたどる話です。体を動かすこともできない主人公がひたすら自分の過去を振り返りながら自分にとっての魂の味を思い出そうとする姿は壮絶な観すらあり、角度を変えた言い方をすれば誰も助けに来ない地下牢で必死に救いを求めるような感覚もあります。
この『至福の味』がそうゆう恐怖にならなかったのは、彼を取り巻く人々が深い愛憎で彼を語っているからでしょう。

主人公は高名な料理評論家です。若い頃から料理の世界に身を置き評論家として生きてきた彼はその独裁者のような生き方ゆえ名声とともに多くの敵を作ってきました。そんな彼を取り巻く人たちが、彼の記憶のひだのなかから彼への思いを率直に語るのです。読者は愛人や家族、料理人やホームレスといった人たちが語る彼への思いを通じて主人公の姿を組み立ててゆきます。なかなか面白い構成と言えるでしょう。
主人公が記憶を探りながら魂の味を確認しようとする姿はプルーストの『失われた時を求めて』を思い出させますが、その対比はここでは触れないでおきましょう。それよりも主人公は肉料理、野菜料理、日本料理、パンやハム・・・と次から次へと記憶を絞り、読者はその食べ物に惹きつけられます。本書は2000年度の「最優秀料理小説賞」を受賞したそうですが、料理評論家を主人公にした小説ですから食べ物が沢山出てくるのは当たり前のことです。大切なのはその食べ物の描き方でしょう。私はこの本の作者が本に登場させた食べ物を実際に食べたのか、または、レストランに出かけたのかは知りません。でもきっと本書を書くにあたっての資料作成の際に、自分でマーケットに行って野菜を手に取ったり、レストランにある料理を写真に撮ったりして様々な想像を膨らませていったであろうことは分かります。本書は2000年にガリマールから出版されていますから名の知れたレストランのHPを見て興味を引く料理を参考にしたのかもしれません。そんなことを思っていると作者の執筆風景が私の頭の中に浮かんでくるようです。

実は私は料理の本を読むのが好きです。人類はギリシャ時代から自分たちの食べるものを文字に書き残してきました。私たちは何千年も前の食べ物を書物で読むことが出来るのです。様々な本に書かれた食べ物はその時代と時代に生きた人を生き生きとさせてくれます。

以前夏目漱石の『三四郎』を食べ物を切り口に読んでみたことを書いたことがあります。塩野七海を色々と読んでいたころに彼女の本の中に食べ物が出てこないのに気付いてすっかり興味を失ったこともあります。どうやら私は食べ物に興味を持っている人間が好きなようです。
最初に感動した食べ物に関係する本はモーパッサンの『脂肪の塊』でした。普仏戦争のプロイセン軍から逃れるため乗合馬車に乗った人々、その中に脂肪の塊と呼ばれる娼婦が持っていたバスケッの食べ物。不安と空腹の中にあって彼女がすすめてくれた煮凝りによって乗合馬車の人たちはどれほどほっとしたことでしょう。しかし一旦空腹が満たされると人々はまた偽善の顔に戻ってゆきます。私は食べ物を通じて人間の姿を浮き彫りにするモーパッサンの短編に深く感動したものでした。

さて、魂の味を思い出そうとする主人公とともに読者は自分にとっての「至福の味」を思い出そうとします。この本を読みながらそれをしようとしない読者はいないはずですし、もしそうだとしたらその読者はこの本を何も楽しんでいないのです。
私は当たり前のように同時進行的に自分の子供の頃からの食べ物の記憶を蘇らせていきました。夏のトマトやアスパラガス、塩じゃけやハタハタ、テールシチューやカレーライス。家庭で食べたものばかりではありません。家族で行った寿司屋や西洋料理のレストラン。黄金に輝くコンソメスープは確実に私を大人に近づけてくれたのです。
でも、『至福の味』を読みながら私の脳裏に浮かんでいたのは子供の頃母が作ってくれた甘いみそ味のスクランブルエッグなのです。とろとろのお粥の上に乗せた甘みそ味のスクランブルエッグは今でも私を布団の中でぐずっている子供にしてくれます。ようやく起きだして食べたお粥は忘れられないものになったのです。
もう母は作ってくれませんし、かといって私も自分で作ろうとはしません。それは記憶にあるものを作ることで記憶が変化してしまう事を恐れているのかもしれません。たとえ自分で上手に作ることが出来たとしても、それはやはり記憶にある甘みそ味のスクランブルエッグとは違うものなのでしょう。

いかがですか。皆さんの魂の味、至福の味は何でしょう。『至福の味』を読んでいただき思い出してみてはいかがでしょう。そして思い出したら私にそっと教えてくれないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google