FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

引っ越し2 ガスコンロは火力が強い!

お元気ですか?

引っ越しの片付けも落ち着き日常を取り戻しています。本やCD、DVDといったものの整理は私がやりましたが、キッチン周りはパートナーさんが使い易いようにやりますので私がさわるわけにはいきません。見ているとダンボール箱を開けながら一つ一つ懐かしむように取り出しています。
金沢で求めた九谷焼の皿はお寿司屋さんで気に入った作家さん。お店を教えてもらって買いに行きました。漆塗りの老舗能作さんで買ったサラダボールはパートナーさんのお気に入りです。私は好きな酒器を並べて楽しみます。

お皿や酒器が出揃うとそのお皿で何を食べようかと想像が湧いてきます。九谷の皿にはお刺身を盛りましょう。中鉢には焼き茄子を盛りつけてたっぷりの削り節をかけて。萩焼の酒器に日本酒をうつしやはり萩焼のぐい呑。パートナーさんはたっぷり入る切子のお猪口です。
食器と料理を合わせてテーブルを考える楽しみは食事をエキサイティングにします。それが普段の食事でも。

そして料理の出番です。我が家では決して毎回ゴージャスな料理が並ぶわけではありません。それどころか極普通の庶民的な料理ばかりです。お肉やお魚を焼いたり、野菜を炒めたりサラダにしたり。乾麺ゆでて簡単に済ませたり。だから今回はお料理の紹介はいたしません。そのかわりコンロのお話し。

これまでの家はIHのキッチンでした。東京時代はマンションでしたがまだガスコンロの時代。こちらに越してきてからIH用の鍋やフライパンを買い直してゆきました。ガスコンロに慣れている私にはIHはとても使いにくく、フライパンはすぐ痛んでしまいます。熱を強くしようと思うとコーティングが痛むのです。しかも料理は鍋底の熱源にあたっているところだけが火が入りますのでいつもかき混ぜていないと焦げやすい。料理する時の感覚が鍋全体で感じるのではなく、IHの熱源をイメージしながらという感じなのです。先日ある外国製の調理器具の店で店員さんに話を聞いたら、IHは4ぐらいのメモリで十分だというお話しです。どうりでコーティングなのに焦げ付きやすかったのです。
今回越した家は都市ガスです。今まで納戸にしまいこんでいた鍋とフライパンが使えます。私が一人暮らしの頃から馴染んだガスコンロ。深鍋や手鍋でお湯を沸かすのはIHと変わりありませんが、フライパンは違います。上京して一人ぐらしを始めた時に買った鉄の中華風フライパンは使い勝手が違います。IHと違い、フライパン全体に熱が広がりますので野菜炒めを作ってもとっても作りやすいですし、お肉を焼いても綺麗な焼き色がついて柔らかく焼き上がります。ムニエルのような焦げ目が欲しくない料理はコーティングされた小さなフライパンで弱火で調理します。鉄とコーティングの使い分けがガスコンロなら出来るのです。

今朝はパートナーさんの希望でホットサンドイッチを作りました。これまではストーブのある冬にしか出来なかったのですがガスコンロがあるからいつでも可能です。しかも早い。バウルーのホットサンドメーカーを火にかけて1分もしないうちにパンの焼けるいい匂い。香ばしい匂いがたつ前に裏返して蓋をあけるとしっかり狐色になっています。いつものトーストとは違うわくわくした朝食。

ガスコンロに戻って改めてその良さに気づいています。直火により火事の危険を心配する向きもあり、たしかに燃え移ると危険ですが、安全装置もあります。オール電化の流行やIHの便利さもあるでしょうがガスの魅力もなかなかです。
ガスコンロでは鍋の持ち手が熱くなるというのをIHを使って忘れていたことでしたが、私はガスコンロの魅力にちょっと喜んでいるのです。

みなさんはどんなコンロをお使いですか?
ではまた。
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google