FC2ブログ

プロフィール

杣人・somabito

Author:杣人・somabito
Nuages・・・雲のようにふんわりとしています

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログランキング

FC2ブログランキング

人気のあれこれ!
月別アーカイブ
最近のトラックバック

高田郁と北原亞以子

お元気ですか?

夜になると我が家の周りの木々にいるであろう虫たちが鳴き声を聞かせてくれます。みなさんは虫の声を聞き分けることができますか?私はちょっと苦手です。
NHKのTVを見ていたら駅ピアノという番組がありました。ロンドンやプラハの駅に置かれたピアノに通りすがりの人が座り好きな音楽を弾いて楽しそうです。小さい子供もいればピアノを習いはじめたばかりの大人、プロの音楽家も弾いています。見ているとこちらまで楽しくなってきます。
あぁ、楽しいな私もまた弾きたいなと思ってしまいます。実家にあったピアノは帰省のたびに弾いていましたが今はありません。いつかまたピアノのある家もいいかなと思います。一緒に演奏する家族がいればさらに楽しいでしょう。

高田郁のみおつくし料理帖という本を読みました。
朝、TVの経済番組を見ているのですが、その中で製薬会社の社長さんが紹介する本として登場したのです。食べることの大好きな私、料理をテーマにした時代小説ということだったので好奇心がうずうずしました。早速Bookoffに行って買ってきたのですが、喜んで買って来たのは『天の梯』というシリーズ最後の本でした。でもいいのです。
読んでいるうちにすこし鼻についてきました。江戸時代の設定なので散りばめられた言葉も時代がかっているのですが、私の感覚から言えば、言葉が生きていません。言葉の持つ音、リズム、登場人物たちが演じる情景がどうも江戸時代の町家ではないのです。読み進んでいるうちに、漆塗りの器にマジックか塗料を塗った感じがしてきました。ちょっと残念ですね。

私は食べることが好きですし自分でも料理をします。だから食物に関係する本があるとついつい手にとります。池波正太郎は小説は読みませんがエッセイは読みます。食べ物話が豊富ですから。夏目漱石を食べ物をピックアップしながら読んだりもします。だから高田郁のみおつくしシリーズも1冊目から読みたいとは思いますが、さて無事に読むことが出来るでしょうか。

そんな感想を持ちながら頭によぎったのが北原亞以子の本でした。深川澪通り木戸番小屋のシリーズや慶次郎縁側日記のシリーズでファンも多い女性作家です。NHKのドラマにもなっていますのでそちらでご存知の方もおおいでしょう。
実は私も木戸番小屋のシリーズを神田正輝、池上季実子の主演の金曜時代劇で知った一人でした。北原自身が新橋の生まれというのを差し引いてもしっかりした風景描写と登場人物たちの息遣いが江戸の町家を想起させます。
北原の前に樋口一葉が思い出されたのですが、北原亞以子を読みたいと切実に思いました。口直しと言うか軌道修正というか。(高田郁さんごめんなさい)

そこで、北原亞以子の本を図書館で借りてきました。『こはだの酢』という文庫本です。やはり食べ物のタイトルです。こはだの押し寿司をもらった主人公が誘惑に負けてつまみ食いをしてしまう話です。読みながらこはだの酢じめが食べたくなりましたし、私が愛用している押し寿司用の木型が思い出されてきました。北原亞以子の作品には弱い人間が色々出てきます。読んでいるうちに自分と重ねちょっと恥ずかしくもなりますし、いたたまれない気持ちにもなるのですがそんな情けない人間が織りなすのが人の世界なのでしょう。ちょっと辛いですね。
オー・ヘンリーにも似た弱く情けなくて苦笑いしてしまう人間の姿。

こはだの押し寿司は初春を待ちますが、今夜は美味しいものを作って食べましょう。辛い人の世に幸せを感じさせる一椀一皿を用意しましょう。



スポンサーサイト



テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

杣人のNuages

ブログ内検索
 RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ホテル探しに!
クリックをお願いします!
Google